現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月7日更新

出会って30分…話題に詰まった!その時使える会話術とは

791 views

初対面の人と最初の方は話が弾むのですが途中から何を話したらいいのか分らなくなってしまって、会話が詰まってしまいます。その解決方法を教えてください。(大学2年生・男性)


詰まることなく会話が続く男女

話題豊富な人、違いが出るのは30分から!



 

初対面の人と会話を弾ませたい。自分の住む世界が広がってくると、そんな場面も増えてきますね。


出会った直後は、定番の話題があると思います。


天気の話や自分の出身地の話などです。


さて、問題は定番の話題が一巡してしまった後。


ここからが「話し上手な人」「話題豊富な人」が違いを見せてくる場面です。


でも難しい話術や心理学なんか必要ないんですよ。


今回は話題につまった時に始めると便利な話題を基本3つと応用編3つ。ご紹介します。



 

NGな話題



便利な話題をご紹介する前に、これだけは避けておきたいというNGな話題を挙げておきます。


かなりの話上手、また会話のプロの営業職でも、余程の場面でないと敢えて振らない話題です。


「政治と宗教」の話題。


これは気心しれた間柄になってからする話題で初対面の人にするのは避けましょう。


理由はとても現実的です。


「勧誘と間違われて警戒されるから」「相手がガチの人で勧誘モードに入ってきたら逃げられないから」


一昔前はこれに「野球の話題」というのもNG扱いされていましたが最近ではいきなり喧嘩腰になる程の熱狂的なファンは少数派になりました。


ただ逆に無関心な人も増えているので、お奨めの話題にはなりません。




盛り上がりやすい話題3つ



自分はちょっと話下手かな。


と思っている方にお奨め。


予備知識もほとんど必要なく、話を変えても唐突に思われない話題です。




夜中眠る前に急に空腹を覚えた。どうしのぐ?という話



自分が本当に作れる範囲の料理の話でも、近場で深夜までやっているお店の話でも、オススメのコンビニ弁当の話でも構いません。


夜中、誰にも頼めない時に腹がすいたらどうする?というのは、実は互いの私生活を少しだけ披露しあえる、親近感の湧く話題です。1人暮らし同士なら節約術の話にも転がりやすいですね。


見栄を張ってはダメですよ。


自分ならどうする?という実際の話に限定するのがコツです。



 

自分が、今いる街を初めて訪れた時の感想



大きな意味では、今住んでいる都道府県に来た時の感想でもいいですし、通学先のある街、今日たまたま待ち合わせた街でもいいです。


お互いの目の前に現物がある「街」を話題にしながら、今日までの自分を語る素材になります。




お店、に関する自分の失敗談



コーヒーショップでも、居酒屋でも、あるいは会場が用意されたパーティの場でも構いません。


今いる場所と同じシチュエーションで「以前、自分はこういう失敗をしたことがある」という話題。


コツは自分を卑下したり、だからダメなんだ。


というオチをつけないコト。


相手の人はあなたに対して「自分の失敗を話してくれた」という事で少しだけ親近感を持ってくれます。


だから明るく「こういう失敗をして焦ったけれども、今はいい思い出、いい経験」という風につなげましょう。


相手の人もきっと、自分の事を話し始めてくれます。



 

ちょっと事前に勉強が必要な3つの話題



話題をつなげたい、その相手の人がもしもあなたにとって、もっと親密になりたいと思う人ならば、もう少し踏み込んであなた自身の事を相手に知ってもらう必要があります。


その時会話の架け橋になるのが「知識」と「嗜好」です。


ちょっと事前に勉強が必要になりますが、相手が「あ、そういう方面に興味を持ってる人なんだ」と思ってくれたら話はぐんと弾みますよ。



 

相手の出身地の話題



自分の出身地を語る事はカンタンですが、相手の出身地について幾つか話題を持っておくと話は弾みます。


中心都市の駅名、名物、ご当地ならではのローカルルール、TV局、あなた自身が興味を持てる方面と範囲で構わないので、予め予備知識を持っておきましょう。(相手の出身地が分からなくても10大都市を一通り押さえておけば会話は進みますよ)



 

相手の服装



少し難易度が高いです。


ただ正直な感想を言えば必ず盛り上がるというものでもありません。


相手の人が特にこだわっているアイテムについて興味がある事を伝えましょう。


ちょっと目を引くアクセサリーやジャケット、靴、小物などを話題に、「なぜ、そこにこだわりを持つの?」という事を聞きましょう。


ただし、容姿についてと明らかにちぐはぐな取り合わせを相手がしているポイントについては、話題に出すことはNGです。


また「知ったかぶり」も会話を終了させてしまうので避けましょう。


分からなければ訊いた方が会話も弾みます。



 

最近のスパムメールの話



相手の人が、普段の情報収集にどんなツールを活用しているのか、どれくらい依存しているのかが分かります。


また仮に相手の人が「メールもしないしネットも全くみない」という人であっても、あなたが最近見知ったスパムメールの話というのは、面白おかしく話せる話題だと思います。


へんなメールが多いですから。


本当に。



 

 

初対面から30分後は共通体験がポイント



大雑把に6つの話題をご紹介しましたが共通しているポイントがあった事に気付きましたか?


自分自身の普段を語れる話題であることと、目の前に話題の対象が実際にあって(出身地の場合、その人が現物そのものです)、その情報を共有できることです。


会話は、話題の対象が目の前にあるとないとでは盛り上がり方が全く違います。


あなた自身の話題、今いる街の話題、お店の話題、相手の出身地や服装、あなたの手元にある携帯に届くスパムメール。


全部、相手の人とあなた自身とが実際に目にしながら会話の幅を広げられる話題です。


他のどんな話題であっても、実は「現物の情報を共有できる」という条件さえクリアすれば、弾ませるのは難しくありません。


大切な事は、自分にとっても相手にとっても楽しく話せる話題であること。


どうか小さいコツを忘れずに、楽しい一時を過ごしてください。

2015年3月7日

written

by kitto_k


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop