現在17271個の困ったを解決できます!

2016月6月15日更新

片思い中の男性へ。意中の女性をデートに誘う5つのフレーズ

20894 views

気になる女の子をデートに誘いたいです!なにか良い口説き文句を紹介してください(大学2年生・男性)


狙っている子をデートに誘いたいけど、まだ片思いの段階。

どうやって声をかけたらいいのかって難しい問題ですよね。

特に初デートだったりすると、そこで良い印象をつけられないと以降の関係が気まずくなってしまったりも…。

そんなことにならないために、好印象をもたれるデートの誘い文句をいくつかご紹介します。

是非参考にしてみてくださいね。



james-stewart-675177_640








興味があることについて誘う

これは鉄板なのではないでしょうか。

例えば、「話題のスイーツのお店に行ってみたいんだけど、男じゃなかなか入りづらくて…」など、自分ひとりでは行きづらいところ、または自分は初心者だけど相手が詳しい趣味があったりしたら、「教えてほしい」を口実に誘うこともできますね。

特にきっかけを必要とはしないので、かなりハードルが低い誘い文句とも言えます。



反対に、彼女の好みをリサーチしておいて、「○○好きって言ってたよね? 良いお見せ見つけたんだけど一緒にどうかな?」と誘ってみましょう。
自分の興味のあるところに行きたがらない女性は稀ですから、OKが出る確率が上がります。
さらに、リサーチする段階で彼女のことをもっとよく知ることができますね。







なにかのお礼として誘う

どんなささやかなことでもいいので、何かお礼ができそうなことが最近あったのであればチャンスです。

「この前のお礼として…」と切り出せばOKです。

その際、ふたりの今の関係に応じてちょっとしたお茶やご飯、お酒に誘うなど応用が利くフレーズでもあります。

なかなかデートに誘う勇気が出ない方も、これならハードルも高くないので誘いやすいのではないでしょうか。









友達も交えてのお誘いとする

二人きりはちょっと…という方はこれ。

デートと言えるかは少し微妙にはなってしまいますが、お友達も交えてだったら気兼ねなく誘えますし、女の子も来やすいのではないでしょうか。

焦ることはまったくありません。そこから関係を深めて、二人きりでお出かけできるようになればいいのです。

ただ、一緒にさそうお友達は慎重に選んでくださいね。









デートとして構えず、ちょっとしたものとしてさりげなく誘う

いきなり遠出が必要なデートとなってしまったり、または思いっきりカップル専用のデートスポット!というところに誘ってしまうのはなかなかレベルが高いですよね。

そうなってしまうと女の子もどこか構えてしまうところがあるので、まずは近くのカフェやショッピングなどから初めてみましょう。

その際、「ちょっとお茶しない?」や「ご飯いかない?」とさりげなく誘うのがコツです。

誘う側が緊張してしいるのがばれてしまうと、女の子もどこか固くなってしまいます。

そうなってしまっては楽しい時間を過ごすどころか、せっかくのあなたの印象も覆ってしまう可能性もあるのであくまでナチュラルに、デートを意識しすぎないようにスマートに誘えるといいですね。









急に誘わずに、前々から「○○に行きたいね」と話を振っておく

これは事前準備が必要ではありますが、前々から行きたいところや興味のあることを伝えておき、一緒に盛り上がっておくと格段に誘いやすくなります。

「前に話してた○○なんだけど、今度どう?」と誘うことが簡単にでき、いわゆる「フラグ」を立てておくことができるわけです。

さっそく次の飲み会などで行きたいところを話してみましょう。



上で紹介したポイントを応用すると、「いま話題のスイーツのお店が気になるんだよね」と事前に話を振っておくとします。

お店や食事の画像などを見せながら話をして、女の子が少しでも話に食いついてきたらチャンスです。

後日「やっぱり男だと行きづらいから、一緒にどう?」と声をかけてみましょう。

これも事前に下準備をしている状態ですから、唐突にデートに誘うよりも格段にハードルが下がるはずです。

そしてデートが成功したあと、また後日に

「この前付き合ってくれたお礼として…」と誘うことだって出来てしまいますね。



309551337_effe9b2176_z
いかがでしたでしょうか?

まだ関係が進んでない女の子を誘うのはなかなか勇気のいることではあります。

ですが、一度デートが成功してしまえば二回目以降は女の子も構えてしまうことなく誘いに応じてくれるはずです。

まずはその第一歩、女の子をお誘いするところからが勝負ですよ!

難しく考えすぎず、気さくに誘ってみてください。
相手もきっと応じてくれると思います。
楽しいデートになるよう、祈っております。

2016年6月15日

written

by fuku


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop