現在17272個の困ったを解決できます!

2015月6月24日更新

リンパだけじゃない☆顔・カラダのむくみを解消するツボ6つ

74 views

最近疲れか顔や体がむくみます。解消するツボw教えてください。(大学4年生・女性)


 

楽しい女子会、彼とのデート、日頃のストレス解消に!とついつい食べ過ぎたり飲み過ぎたりしていませんか?

仕事や勉強で知らず知らず、同じ姿勢をとり続けたりしていませんか?

その代償は翌朝、早ければその日のうちに「むくみ」としてやってきては私たちを悩ませます。

今回はそんな嫌なむくみを撃退すべく!自分で押せるツボを紹介します。

むくみを解消する女性

 

三陰交(サンインコウ)



内くるぶしよりも指4本分ほど上方にあるツボ

「女性の三里」とよばれているほど女性とは密接なツボです。

男性に比べ筋力の少ない女性はどうしても血液の循環が鈍くなりがち。

そこで起こる冷え、生理痛にも効果的とされているので、むくみが気にならない人でも覚えておくと役立つかもしれません。

 

足三里(アシサンリ)



膝の皿の下に2つのくぼみがあります。そのうち外側のくぼみから下に6cmほど降りたところにあるツボ

かの松尾芭蕉も旅の途中、ここへお灸をして臨んだと書かれているほど大事なツボです。

何が大事なのかというと、まずは押してみてください。筆者、痛いです。

疲れているほど痛いところで、足三里を押しているのに足先まで響くのがわかるでしょうか?

専門的な事はわかりませんが、ここを押すと脚の疲れをとれるという事だけしっかりを覚えて押してみましょう。

 

通里(ツウリ)



小指と薬指の中間から手首側に辿って行き、手首より下方3~4cm

手にあるにも関わらず、心臓に通ずるツボとされているのがこの「通里」というツボです。

このツボを押す事で心臓病は勿論、めまいや前腕痛にも効くのだとか。

むくみというと顔や脚がまず思い浮かぶかもしれませんが、意外と腕もむくんでいるので試してみる価値ありです!

 

中脘(チュウカン)



つぼを確認する

鳩尾とへその間を結んだ中間点にあるツボ

この位置で大体の効能は想像がつくかと思いますが、胃の不調(食欲不振や消化不良など)をやわらげるツボです。

むくみは水分の摂りすぎや、筋肉の硬直からと思われがちなのですが、内臓の不調からも起こります。

それと、食欲不振を治すと太るんじゃ…なんて心配は無用です。

胃が正常に動くことで無駄な食欲はわかなくなりますし、きちんと消化してくれるので摂った食べ物を効率よくエネルギーに換えてくれますよ。

詳細はこちらへ・・・救心

 

関元(カンゲン)



おへその真下、指4本ほど下方のツボ

このツボは生理痛に効くといわれているツボです。

他にも、生理不順や婦人科疾患などにも効くそうです。

生理前後は腰回りがむくみますし、むくんでいなくても重い、だるいと感じる人も少なくないと思います。

ここを押す時の注意点として、ゆっくり!優しく!押してくださいね。

 

承中(ショウチュウ)、承筋(ショウキン)、承間(ショウカン)、承山(ショウザン)



このツボは4つで1くくりにされているツボで、膝裏の真ん中と足首までのライン上にあります。

膝裏、真ん中の「委中」、委中と足首のほぼ真ん中にある「承山」。

「承山」と「委中」の間、ふくらはぎの1番と高い位置が「承筋」。

そして「承筋」と「承山」のほぼ中間が「承間」です。

これを承中から順に下へ押してください。

出来ればお風呂上り、もしくは入浴中温まっている時が効果的で、むくみの相談をするとほぼこのツボを押して貰うほど大事なむくみ撃退ポイント!

 

いかがでしたか?

体には幾つものツボがあるのですが、中でもむくみにより効果的であろうツボを紹介しました。

その全てのツボに言える事ですが、強く押せばそのぶん効果が得られる!というわけではないので、自分が気持ちいいと感じる程度に、リラックスして押してみましょう。

大事なデートや楽しみな予定のある日、むくんだ自分だとどうしても自信を持てませんからね。

ぜひ覚えておいてほしいものばかりです。

むくみにさようなら。

2015年6月24日

written

by rimiepori37


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop