現在17271個の困ったを解決できます!

2015月6月22日更新

あざとい…けど可愛い!縁日・夏祭り限定のモテ仕草5パターン

11576 views

気になっている人と夏祭りに行く約束をしました。あざといけど可愛い仕草を教えてください。(大学2年生・女性)


女性からすると「このしぐさ、あざといなぁ」と感じて、どうしても出来ないしぐさってありますよね。

けれど、デートの相手は同じ女性ではなく男性。

夏は気温も高く、露出や野外イベントも増え、みんな開放的になります。

そんな中で唯一「肌を隠す」のがおしゃれとされる夏祭りや縁日!

そこでいつもと違う自分をアピールすべく、あざとい…けど可愛い!と言わせるしぐさをご紹介します。

 

1、荷物は少なく!





出典:ゆんフリー素材写真集

・リップ

・お粉

・つけまつげ愛用者はのり

・テカリをおさえるにはティッシュ

お財布はコンパクトなものが理想で、バッグもいつものものよりは巾着やかごバッグなどとにかく軽量で小さ目なものをチョイスしましょう。

これくらいの荷物にすることで、男性も「持ってあげようか?」とエスコートしやすくなります。

大きなものをたくましく持つより、小さなものをちょこんの方が可愛らしさも倍増です。

 

2、髪型はわざとゆるく





出典:HMS池袋FUN

男性は少し隙のある女性は大好物!

少量の後れ毛、ふんわりとした巻き髪をつくってからアップにするとより女性らしさもアピールできます。

絶対に避けたいのは懲りすぎたヘアアレンジ。

出来るだけ少ないプロセスでつくれる簡単なヘアにする。これが鉄則です。

この日の為にもトリートメントは怠らないようにしましょうね。

 

3、絶妙な距離感を保つ





出典:HatenaPotolife

夜店や縁日となると外は暗い、人も多い。

BGMの音量など会話も聞き取りづらい。

そこでいつもより半歩でも近づいて行動しましょう。

いきなり密着すると男性はその日1日、その距離感で慣れてしまいます。

ベストなのは会って帰るまで徐々に縮める。

 

離れないように手を繋ぐ



そんな場面で周りの雑踏を武器にして、彼の耳元へ近づき「人が多いし離れたくないから、手つないでくれる?」と聞きましょう。

恥ずかしそうな表情がつくれたらパーフェクト!自信がなければ彼からあまり顔が見えないよう俯き加減がおすすめ。

こうする事で彼はあなたに"してあげている"という認識となり、あなたを守りたいという気持ちを芽生えさせるきっかけにもなるのです。

 

4、食べ物、飲み物は落ち着いて





出典:無料写真素材

人の多さに座るところが確保できなかったり、歩きながら食べたり…なんて光景も儘見かけます。

それを前提に売っているものが多数ですものね。

浴衣を着たり、いつもよりお洒落している時に食べ物をこぼしたら…なんて考えると身震いしてしまいます。

ですが、男性の多くはそこまで気を回せませんし、中にはかわいこぶるよりもがっつり食べる女の子が好き!なんて人も多いです。

そこで必ず用意しておきたいのがウェットティッシュ、ハンカチ。

食べる前に腿の上へハンカチを敷きましょう。

食前、両手を合わせて「いただきます」とすると可愛いなぁと感じる場面でもあります。

ここは好みや育ちの違いが明確に出てしまうポイントですので、彼がノーリアクションだったとしても落ち込まず、まずやってみる!これが大事です。

食べる速度はいつもより少しゆっくり、少量ずつ。

折角の彼との会話も滞りますし、咄嗟に口から食べかけのものが…なんて悲劇も招かず済みます。

自分史上最高の笑顔で「美味しい」とにっこりしましょう。

彼が見ている見ていないを意識してはいけません。

幸せそうな彼女をこっそり見て嬉しい男性もいますからね。

食前後、食中のどこでもいいので、「○○くんと食べると本当に美味しいなぁ」とはにかみ笑い。

よくある台詞、嘘っぽいと感じるかもしれないけれど、実際に口にした人が可愛いを手にする者ですよ。

 

5、扇子、うちわは常備





出典:pro.poto

絶対に持っていてほしいアイテムです。

家を出る前、自分の愛用の香水を扇子にふりかけてみてください。

仰ぐたびあなたの香りがふんわり、彼の脳にその香りを刷り込む事が可能です。

荷物になりますから浴衣なら帯に挿しましょう。

洋服の場合は手に持つのがいいのですが、アップした髪の毛に挿してしまいましょう。かんざしの要領です。

大事なポイントは、笑う時や恥ずかしい時、必ず手ではなく扇子で。

手に自信がある人なら手でも構いませんが、道具で隠すという事が今回のキーポイントでもあります。

彼との間に小さな“壁”をつくるのです。

ただし、顔の全てを隠してはいけません。隠すのは口元。

男性はついその扇子をどかしたくなりますし、そこに隠れたあなたを見たい!という欲求も芽生えます。

それを何処で叶えるのかはあなた次第ですが、あざとい女性はその欲求には気づかないふりを貫く!これが鉄則ですよ。

 

いかがでしたか。

今回“あざとい”をテーマに紹介しましたが、もう少しライトに、さり気なく出来るようになればまた別のアピールも可能かなと思います。

大切な事は、恥ずかしがらない、少々オーバーに!です。

相手は同性ではない、異性なのですからものさしや感じ方も違えば、鈍感な人も多いですよ。

夏を目いっぱい楽しみましょう★

2015年6月22日

written

by rimiepori37


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop