現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月24日更新

男運のない自分にサヨナラ!良縁にめぐり合うための5つのヒント❤

1790 views

私は男運がありません…。良運をつかむ方法を紹介してください(大学2年生・女性)
幸せな恋がしたい!素敵な彼氏が欲しい!だけどなかなかそんな恋に巡り合えない女子はいませんか?


良縁に恵まれるには、まずは悪運を断つことからです。


どんなことに気をつけて、どんなことを頑張ればいいのか、そんな悩みを解消するための5つのヒントをご紹介します。



カメラを真っ直ぐ見つめる女性
画像出典: flicker








過去の恋愛の思い出を封印



過去の恋愛にまつわる思い出を封印しましょう。


元彼との思い出の写真やもらったプレゼントなどは処分する方がいいでしょう。


過去の強い思いが入ったものが身近にあると、それが邪魔をして新しい良縁が入ってきづらくなってしまいます。


最低の場合でも、普段目に付かないところへ封印して、過去との決着をつけることが大切です。



女性と蝶々のシルエット
画像出典: flicker








腐れ縁を断つ



ズルズル微妙な関係が続いてる男性がいる人は、今すぐに縁を切りましょう。


「ズルズル微妙な関係」というのは、例えば元彼とズルズル連絡を取り続けていたり、曖昧な態度でハッキリしてくれない人とズルズル会っていたり、他にいい人が現れるまで今の彼をキープしておこうとすることです。


人や縁を大事にできずに、自分の都合で粗末に扱う人は、良縁には恵まれません。


もし自分が感じる幸せとは程遠い男性と関わっている人がいたら、思い切って身辺の整理をお勧めします。


すると不思議なことに、色々なことが上手く回り始めるようになりますよ。



はさみとラッピングペーパー
画像出典: flicker









好きの感覚を磨く



良縁に恵まれるためには、良縁に気付く鋭い感覚が必要です。


自分が嬉しい、楽しい、幸せというポジティブな感情を常に感じ取りやすくなっていることが大切です。


そのために、映画や小説、絵画、音楽など、五感を刺激する芸術作品に多く触れるようにしましょう。


よく「心を動かされる」という言い方をしますが、恋愛も心を動かされ感情を揺さぶれ、そして相手を愛おしく思っていくものです。


良縁に巡りあったとき、自分の心を動かす何かを見逃さないようにしましょう。



波打ち際の女性
画像出典: flicker









恋愛対象を決め付けない



『自分の理想のタイプ』と『実際自分に合うタイプ』は、必ずしも一致するとは限りません。


例えば肉食系の男らしい人がタイプと自分で信じ込んでいても、いざそういう人と付き合ったときに「いつも自分勝手に何でも決めて、偉そうで嫌」と矛盾した理由で破局してしまうという女性がたくさんいます。


まずは自分の性格を客観的に見つめて分析すること、そしてそんな性格の自分にはどんなタイプが合うのかを冷静に考えてみて下さい。


もしあなたが「男性に偉そうにされたくない」と思う芯の強い性格だとしたら、肉食系の男らしい人よりも、穏やかで気遣いのできる中世的な男性の方が「合っている」と言えるのかもしれません。


自分の理想のタイプばかりを追い求め、恋愛対象を狭めないようにしましょう。



右斜め上を見つめる女性
画像出典: flicker









恋愛以外のことを頑張る



良縁に恵まれたいときこそ、恋愛以外の何かを一生懸命頑張りましょう。


なぜなら恋愛は、それにばかり気を取られる過ぎると焦っているように見えて、逆に良縁を逃してしまいやすくなるからです。


仕事や勉強は頑張れば頑張るほど結果が残せたり達成感を感じることができますが、恋愛においては頑張れば頑張るほど空回りしてしまうことが多いのです。


そこで、恋をしたいときこそ他のことに集中してみて下さい。


趣味や新しい挑戦をしてもいいですし、もし何も思い浮かばなければ、まずは部屋の掃除を徹底的にやってみてもいいでしょう。


何かを一生懸命やりきることをしてみて下さい。



木漏れ日の中で微笑む女性
画像出典: flicker










まとめ



「良縁に恵まれたい!」「恋がしたい!」と思ったときこそ、あなたの恋するタイミングがやってきたということです。


悪縁を断って良縁を結べるように、自分ができることから無理なく始めていきましょう。


是非参考にしてみて下さいね。

2015年9月24日

written

by ellie


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop