現在17274個の困ったを解決できます!

2016月6月4日更新

最速で800点をとる!TOEIC対策本まとめ

8327 views

Q. TOEIC対策本って種類が多過ぎて、何を選んだらいいのかわかりません。現在のスコアは600点程度で、就活に向けて、800点越えを目指して勉強中です。オススメの本があれば、ぜひ教えてください。(大学3年生・男性)

最近、ニュースや学校で「TOEICとった方がいいよ」という声をよく耳にします。 グローバル化が進む中で、世界共通語としての英語の重要性は上がる一方です。その英語力をアピールするための指標として、日本企業で伝統的に採用されているのが、TOEIC。


今回は、「最速」でTOEIC800を奪取出来る教材を紹介します。

*なお、これは現役大学生(既にTOEIC400〜600レベル)数人にインタビューし、実際にスコアアップに役立ったものを掲載しています。

是非、参考にして目標スコアをゲットしましょう!




単語を徹底的に詰め込む!

まず、単語力を800レベルまで底上げしましょう。一般的に800レベルには、3000〜5000語の英単語力が必要と言われています。
まず、オススメするのが『DUO3.0』(アイシーピー)




現代英語の重要単語が560個の英文にまとめられています。
ページ構成はこんな感じです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



TOEICは主に「ビジネスの現場」で使われる英語力を測定するためのテストなので、大学受験の学術英語とは少し種類が違います。

なので、単語帳もTOEIC用のものをチョイスしましょう。
オススメなのは、CDの音声教材を併用すること。
少し価格が高いですが、ここまでCDの内容が充実した単語帳は他にありません。(まさかのCD5枚組)
DUO3.0(基礎編)



この教材の文章を「見ただけで瞬時に理解出来る」「音声を聞いて瞬時に理解出来る」というレベルまでやりこむことが重要です。

基本的にTOEICは英語を書く(ライティング)することが無いので、単語の意味さえわかればOKです。スペルまで完璧にする必要はありません。
もう一つのオススメは、清水かつぞー先生の『英単語ピーナツほどおいしいものはない 銀メダルコース』です。
「形容詞+名詞」や「動詞+名詞」などの2語の連語を777個収録。既に基礎を押さえている中級者にはもってこいの教材です。

また、単語集ではありませんが、ボキャブラリー量を圧倒的に増やすためにオススメなのが、「英語の暗唱」です。

暗唱するものはなんでもいいのですが、オススメは歴代のアメリカ大統領など「偉人たちの演説」です!

こういったパブリックスピーチの英語はよく練られているものが多く、英語の内容もすごくキレイにまとまっています。

特に人気があるのは、キング牧師の演説。「I have a dream.」のフレーズはあまりにも有名ですね。


映像で生の声を聞くと、その言葉の威力に圧倒されます。
演説のスクリプトはこちらからダウンロード出来るので、合わせて見てみて下さい。

もしくは、現役大統領オバマ氏の演説もオススメです。


特に2004年の民主党大会の演説はまさに「伝説の演説」と言われています。

英語力の底上げに、上記の演説を暗記してみるのもとても有効です。


とはいえ、演説を暗記するのは20分〜30分くらいあるのでかなり大変。
最初はスクリプトを見ながらブツブツつぶやいてみましょう。
暗唱が出来ればかなりの単語力+スピーキング力の向上に繋がります!




文法対策で手っ取り早く、スコアアップ!


次に基本的な「TOEICに必要な文法」のみをおさらいしましょう!
注意しなければならないことは、高校の文法書や大学受験用の対策本を使わないこと!なぜなら、これらの本にはTOEICで出題されない種類の文法が説明されていたり、必要以上に詳しく説明されていたりするので、おさらいには非常に非効率なのです。

文法を押さえるのにオススメなのが、


TOEIC TEST文法完全攻略―必須単語も同時に身につく (アスカカルチャー)

TOEICで必要な文法知識が、とてもコンパクトにまとまっています。頑張れば、2〜3日で通読できるボリュームなので、勉強のウォーミングアップとしてさらっと目を通すといいかもしれません。

例文にはすべて厳選した必須の単語が使われています。同時にTOEIC必須単語を覚えることが可能です。
次に、学んだ文法知識を定着させるために、問題演習をしましょう!
オススメは短期集中講座!TOEIC TEST英文法(アスカカルチャー)
TOEICの文法問題part5〜6を集中的に鍛えられます。
問題も難しすぎず、最初の1冊に最適!
もし、もっと練習したい!という方は姉妹版の短期集中講座!TOEIC TEST文法問題集がオススメです!
とはいえ問題集は基本的に1冊を徹底的にやり込む方がベターです。自分のお気に入りの1冊を是非見つけて下さい!




本番形式に慣れる!

さまざまなTOEIC模試が発売されていますが、模試よりも断然にオススメなのが、TOEIC公式問題集!




他の模試でも形式の練習はできますが、単語のチョイスであったり、リスニングの音声など限りなく本番に近いものがコレです。
これをいかにやりこんだかで、スコアが決定する、といっても過言ではありません。
公式問題集は現在vol5まで発売されていますが、出来るだけ新しいバージョンのvol3とvol4くらいまでをやりこめば十分だと思います。
ちなみにTOEICはビジネス向けの英単語もたくさん出題されますが、出題単語はほぼ決まっています。公式問題集をしっかりやれば、本番であせることなく、ほぼ全ての単語に対応できます。

やっぱり独学は難しいという方は


独学はどうも続かない・・・という方は、TOEICのスコアアップ講座や通信教材を活用するのもおすすめです。


単語帳などでも有名な、アルクのTOEICプログラムは目標スコアによって複数の種類があるようです。
新TOEIC(R)テスト600点攻略プログラムを見てみる


TOEIC(R)テスト 800点攻略プログラムを見てみる
挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラムを見てみる



いかがでしたか?
今回は800をとるために必要な最低限の本をまとめてみました。
意外に少ない、これだけでいいの?と思われたのではないでしょうか?
そうです。実は800点は意外にハードルとしては低いです。上記の教材をしっかりやって準備すればほとんどの人が達成できます。
事実、今回インタビューした学生はこの教材を使って実際に800前後を獲得していました。
是非、参考にしてみてくださいね^^ それでは!

2016年6月4日

written

by shogo-tksk


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop