現在17271個の困ったを解決できます!

2015月6月2日更新

【中国旅行】古い国だからこその楽しみ方。歴史を学べるスポット5つ

416 views

歴史の中でも特に中国史が好きで、学ぶうちに現地を見に行きたいと思うようになりました。歴史好きがたまらない!と思うような観光スポットを教えてください。(大学1年生・女性)


日本史、世界史、歴史好きの人にはいろんなタイプの人がいます。

今回紹介するのは、古い歴史をもつ中国です。

世界遺産にも多数登録された場所があり歴史好きにはたまらないスポット5つ

 

1. 西安 シルクロード



紀元前11世紀の西周にはじまり、中国統一した秦から唐まで都をおいた西安。

今もなお歴史を象徴する遺跡が点在する。

 

敦煌





画像出典:VELTRA

かつてシルクロードの分岐点として栄えました。

 

月牙泉





画像出典:VELTRA

約2000年以上も前から湧き出ている砂漠の中の湖、オアシスです。

その湖は名前の通り三日月の形をしておりそのまわりだけ木々が生い茂っています。

その中には漢時代の建築物「楼閣」が復元されています。

 

白馬塔





画像出典:VELTRA

敦煌が沙州と呼ばれた時代に建立されました。

六朝時代の高僧、鳩摩羅什(くらまじゅう)の白馬が病死した時に弔いの為に建てた塔で12mの高さがあります。

 

兵馬俑





画像出典:VELTRA

古代中国に、兵や馬などをかたどったものを死者を埋葬する時に副葬したと思われる遺跡です。

世界文化遺産にも登録されています。

 

鐘楼





画像出典:VELTRA

鐘楼とはかつて、鐘を鳴らして時を告げていた所です。

西安にある鐘楼は明朝初期に建てらました。

現在は西安のシンボルとなっています。

 

シルクロードの由来は中国と西アジア、地中海沿岸を結んだ歴史的な東西交易路の事を言います。

中国はこの交易路を使いシルクをドイツやローマにもたらした事から「シルクロード」と呼ぶようになりました。

シルクロードの始まりは紀元前にさかのぼります。

漢は建国当初より脅威となっていた北方の遊牧民に対抗する為、

西方と同盟を組むため西方に交渉に出向むきました。

10年以上もの旅を続けたものの交渉は失敗に終わりましたが、

西方の文明の発展に感銘した漢は、国家をあげての通交を行う事となったのです。

 

2. ハルピン





画像出典:アラチャイナ

ロシア帝国により、満洲を横断する東清鉄道が建築され、多くのロシア人をはじめとする人口が増えました。

それに伴いかつては小さな漁村にすぎなかった街は大きな発展をすることとなります。

今もヨーロッパ建築が数多くのこされています。

 

3. 八達嶺万里の長城







画像出典:VELTRA

世界遺産にも登録されている万里の長城ですが、かつては外敵から国を守るために作られました。

国境の意味もあったようです。

全長6000キロとも言われていますが、いろんな説が飛び交っていてどれが本当なのかは定かではありません。

 

4. 故宮博物院







画像出典:VELTRA

元、明、清の三代王朝の皇居跡です。

この皇帝たちが集めたと言われている、高級な代物が展示されています。

 

5. 成都



四川省にある成都。道教建築物が数多く存在することが知られています。

 

楽山





画像出典:ふれあい中国

凌雲山の西壁を削り90年以上の歳月をかけて完成した大仏です。

 

武候祠





画像提供:ふれあい中国

三国志でゆかりのあるところです。

劉備、孔明、主君が祀られている場所。

 

ロウ中





画像出典:ふれあい中国

三国志の張飛が7年間ものあいだ駐屯していた場所。

彼が部下に命を奪われた場所でも有名です。

 

どうでしたか?まだまだ中国には紹介しきれない遺跡や世界遺産がたくさんあります。

その中でもぜひ1度は訪れてほしい場所です。

歴史にひたり、この雄大な景色を堪能してみてはいかがでしょうか?

2015年6月2日

written

by shima-2


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop