現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月22日更新

父親のありがたさを実感する…!親子で観たい家族物の映画5選

119 views

父親のありがたさを感じれるおすすめの感動映画を紹介してください(大学2年生・女性)

ここでは親子で見たい家族物の映画を5作品ご紹介します。



沢山ある家族物の映画のなかで、父親の威厳が光るというよりも日頃忘れがちな父親の深い愛情に感動する作品達です。










ライフ・イズ・ビューティフル






画像出典:amazon



カンヌ映画祭で審査員グランプリを受賞し、世界各国ですでに47部門の賞に輝いた感動作。


人生は美しいというタイトルの深さは観終わると一層心に沁み入ります。


これは戦争下の明日をも知れない極限状態に置かれながらも、決して人生の価値を見失わず、豊かな空想力を駆使して愛する家族を守り抜いた、勇敢な男であり父親の物語です。


1939年。始まりはトスカーナのある街。


ユダヤ系イタリア人のグイドは、小学校教師のドーラに恋をしました。


彼の純粋さとロマンチックな人 柄は、確実に彼女の心をとらえ、困難の末ふたりはめでたく結ばれ、息子を交えた親子3人の幸福な家庭を築きます。


だが、戦争の色が濃くなり、幸せだった家族には強制収容所行きの過酷な運命が……。


絶望と死の恐怖に支配された世界を目の前にして、グイドは家族を守るため“世界でいちばん、あったかい嘘"を貫く事にしたのです。


参考サイト:Asmik Ace Entertainment











ビッグ・フィッシュ









画像出典:amazon



エドワードは彼が語るおとぎ話で有名になった人物。


未来を予見する魔女のこと、一緒に旅をした巨人のこと、そして湖に住む「ビッグ・フィッシュ」のこと・・・・。


彼が語る「おとぎ話」は誰もが楽しく幸せな気分で聞いていますが、一人息子のウィルはそんな浮足だっているような「嘘つき」の父の話が嫌いでした。


長い間すれ違う父と子。


そんなある日患っていたエドワードの容態が悪化し、実家に戻ったウィルに、残された時間があとわずかだと告げられます。


タイトルである『ビッグ・フィッシュ』は、誰も信じないホラ話という意味合いの言葉でもあるが、クライマックスでそれが明らかになり、観ていると涙がこみ上げてきます。


愛情の表現方法はいろいろあり、自分の父親の愛情を「ありがたい」と感じられているのかと感受性のアンテナを再確認してみてはいかがでしょう?


参考サイト:Sony Pictures











アイ・アム・サム






参考画像:amazon



ユーモラスで心温まるストーリー。


ショーン・ペンとミシェル・ファイファーによる演技に魅了されます。


知的障害をハンディと判断されたために娘と引き離されてしまった父親がやり手女弁護士の力を借りて、娘の養育権、娘との幸せな生活を自分の手に取り戻そうと奮闘する姿にグッと気持ちが入る映画です。


それは愛情は頭脳ではなく、心から生まれるのだと感じるからではないでしょうか?


豪華なサントラが場面を一層盛り立てる、人生と愛、そして笑いに溢れた、心にしみる感動の物語です。


参考サイト:ワーナー・ブラザース オフィシャルサイト











幸せのちから







参考画像:amazon



父と子の愛と希望に満ちた真実の物語。


ホームレスから億万長者へ ─そんな夢のような人生を本当に実現させた男が主人公。


その名はクリス・ガードナー。


アメリカン・ドリームを地でいくような彼の人生は、全米メディアで も取り上げられ、大きな関心を集めています。


この映画は、彼が人生の最も困難な時代を幼い息子と共に切り抜けていく姿を描いた、実話に基づく物語。


父親は家族のために働いてくれているが、その働く姿を実際に見る事は稀。


そんな自分の父親が日頃背負っているものを映画を通して感じる事ができる大切な映画です。


参考サイト:CINEMA TOPICS ONLINE












異人たちとの夏








画像出典:amazon



第一回山本周五郎賞を受賞した山田太一の小説を、市川森一の脚色で大林宣彦が演出した異色作。


この映画は、父親さえもまだ生まれていない時代背景ながらやはりなぜか懐かしさを覚え、映画の中には、海外の作品の父親とは違う「日本の父親」が静かに座っています。


強くメッセージを伝えるばかりが父親ではなくて、後になって気がつく「父親のありがたさ」があるのだと思わされます。


異人である父母とのひと時のふれあいと、奇妙な出会いをした恋人との不思議な愛が表現されています。


参考サイト:松竹DVD倶楽部



見た目がカッコいい父親じゃなくても、本当に愛情を注いでくれる父親がカッコいい。


父親のありがたさを実感する映画5選。


是非親子で今回ご紹介した映画をお楽しみください。

2015年9月22日

written

by haruhi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop