現在17272個の困ったを解決できます!

2015月6月2日更新

私服面接はメイクで印象UP!オフでも使えるお役立ちコスメ7選

731 views

就活の時のメイクは普段と変えるべきという話をききました。面接でのメイクの仕方って大事だし、特に私服面接などは気をつけないとと思います。就活に役立つコスメを教えてほしいです。(大学4年生・女性)


「私服で面接に来てください」

企業様からこのように指定されるケースも最近では増えてきましたね。

そんな時まず気にするのは服装やカバンや靴だと思いますが、人の印象はファッションだけではありません。

髪型、メイクでも、人の印象は大きく変わってしまいます。

面接での印象を自然と第一印象からアップさせるためにも「健康的な印象」のナチュラルメイクを実践してみましょう!

ナチュラル=ノーメイクは違います。

普段メイクをしない方も、社会人となれば自然とメイクをする習慣が必要になります。

今から女性としての身だしなみの一つとしてナチュラルでかつ健康的に見えるメイクを心がけましょう!

面接官の方に出会った瞬間からが面接スタートではありません。

履歴書を送ったところから面接は始まっています!

 

1、忙しい就活生にぴったりなアイテムBBクリーム



「美容液」「乳液」「保湿クリーム」「日焼け止め」「化粧下地」「ファンデーション」

の6つの機能を一つにまとめたお役立ちコスメです。

カバー力も高く、時短に繋がり、仕上げはパウダーで軽く抑えるだけで完了!

全ての化粧品を揃えるより遥かにコスト的にも安価で抑えられるのでオススメです。

カラーを選ぶ時は自分の肌にもっとも近いものを選ぶようにしましょう!

首と顔で色が違う!なんて恥ずかしいですよね。

BBクリームを使う女性

 

2、健康的で自然な血色の頬に見せるチーク



チークってなかなかうまく使いこなせないことってありませんか?

でも、チークをうまく活用すると顔色を明るく見せてくれて、より健康的な印象を得ることができるんです。

カラーのオススメは「オレンジ系」か「ピンク系」です。

もしも、色がのりすぎてしまったら…

大丈夫!フェイスパウダーで軽く抑える事で解消できます。

 

3、自然なカラーでシンプルなアイシャドウ



普段カラーのアイシャドウでクールなメイクや可愛いメイクを楽しんでいる方もたくさんいると思いますが、そのメイク法は普段使いにおいて置きましょう。

就活でも普段でも両方で活躍できるカラーは「ベージュやブラウン系」のパレットがオススメです。

まぶたの色は明るめに、まつ毛の生え際は濃い色で自然なグラデーションに仕上げましょう!

この時各色の境目がハッキリと残ってしまわないようにぼかしましょう。

(うまくブラシでぼかすことができなくても指先で軽くなぞるだけでもなじませることができます)

まつ毛の生え際部分の濃い色の塗り幅は太くならないように注意してください。

目元の印象を優しく柔らかな印象に仕上げることができます。

アイシャドウをする女性

 

4、アイライナー・マスカラで盛りすぎない



だんだんとまつエクや付けまつ毛などにプラスしてマスカラやアイライナーで囲む「デカ目メイク」流行っています。

でも、そのメイク法は普段のプライベートの時のみにしませんか?

みなさんも就職したら一人の社会人。

様々な場面に合わせられるメイク法も身につけて置きましょう!

アイライナーもしくはアイラインは細めのタイプで、カラーは「ブラウン」がオススメです。

インサイドのみにさりげなく入れるように心がけましょう。

囲んだり、目尻を跳ね上げたりするアイメイクは普段使いのみにしましょう!

「ブラック」のアイラインや、アイライナーなどは一般的にいうと相手にきつい印象を与えてしまいがちです。

少しの色の変化で女性らしく柔らかな印象に仕上げましょう。

マスカラは基本的に「ウォータープルーフタイプ」のものを選びましょう。

たくさん塗らずに、まつ毛それぞれに薄くなぞる程度で構いません。

(ダマができてしまったらコームで取り除きましょう)

 

5、疲れた印象を与えてしまう「クマ」にはコンシーラー



BBクリームでもカバー力は十分あるのですが、気になってしまう時ってありますよね。

そんな時に役立つベストアイテムは「イエロー系のコンシーラー」です。

目の下に「クマ」があるだけでとても不健康なイメージや、疲れたイメージを相手に与えてしまったらとても残念です。

バッグの中にいつでも持ち歩いていても便利なベストアイテムだと思います。

 

6、派手すぎず、可愛すぎないベストカラーリップ



実は、しっかりと見られているってご存知でしたか?

口紅の色一つで、相手に与える印象は変わってきます。

各色別におおまかな色の持つイメージをご紹介します。

 

赤…華やかで明るい印象。

(色の対比効果により肌色は明るく見え、顔全体が華やかな印象になります)

ローズ…肌なじみがよく、大人っぽい印象。

(ローズは血色に近い健康色の一つで、ピンク系の中でもローズは大人っぽい印象になります)

ピンク…女性らしいフォーマルな印象。

(女性らしさを自然と演出できる色で、オフィスでもきちんとしたファッションでもベストマッチするカラーです



ピンクベージュ…初々しい印象。

(柔らかでかわいらしい印象で、フレッシュな印象を与えられる万能カラーです)

ベージュ…ナチュラルで知的な印象。

(気軽に試しやすいカラーの一つだと思いますが、知的さのアップするカラーです)

リップを塗る女性

 

以上の中でもおおまかな色の持つイメージは捉えていただけたかと思います。

面接でもプライベートでも使える血色良く健康的に見えるカラーは

「ピンクベージュ系」「ローズピンク系」の二つがオススメです。

そして、グロスを使ってキラキラと輝かせるのはプライベートでは問題ありませんが、

面接の時には不必要なアイテムです。

普段から使い分けておきましょう。

 

7、髪色に近いカラーのアイブロウ



眉の太さ、形、色によって大きく印象を変わります。

最近では雑誌やテレビで活躍するタレントさんやモデルさんの中でも「太目の眉」が流行っています。

実はその流行…ちゃんと意味が存在するんです。

太目の眉…頼りがいのある印象。

(角度はあまりつけずに平行に描く)

細めの眉…きつい印象を自然と与えてしまう。

(丸みをつけたり、長めに描くことで解消することができます)

 

終わりに



こうして7つのコスメアイテムのそれぞれの持つ印象やベストカラーなど

ご紹介してきましたが、

自然で健康的に魅せることの大切さご理解いただけましたでしょうか?

私自身、目の下の「クマ」には悩みを持っていましたが、企業様への面接のときはもちろん友人に会うときなど気になってしまい自然と厚塗りをしてしまいがちでした。

最初にご紹介したBBクリームはとてもカバー力が高くて私も長く愛用している一つです。

時には隠し切れない時もありますので、コンシーラーもたくさんのカラーを試してみましたが、一番自然にカバーできたのがイエロー系のコンシーラーでした。

毎日暑くなってきて、体調管理が追いつかなかったり、体調が優れなくても面接の日や約束をした日は待ってくれません。

そんな時にどうしたら健康的でかつ自然な印象のメイクをし、面接に自信を持って挑めるのか?

実際に就職し、社会人となってからでも大事な会議や集まりなどの日にとても不健康そうな顔色で出席するわけにはいきません。

体調管理をするのも大事な仕事の一つですが、TPOにあわせたメイクができることも重要です。

口紅一つでも色を変えるだけで印象が変わってきます。

今ご紹介しましたようにナチュラル(自然)な印象のメイクはどのような場合でも対応できるものだと思います。

ぜひ活用してみてください!

2015年6月2日

written

by sumikko


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop