現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月23日更新

そっとしておくのも良いけど…疲れた彼をそっと癒す彼女の振る舞い6つ

1439 views



最近、彼氏が忙しそうでとても疲れています。何とかして疲れをいやしてあげたいのですが、どうすればいいのでしょうか?(大学2年生 女性)

「疲労」と「疲労感」は全く違うものです。



例えば、単調で退屈な作業はすぐに飽きて疲れてしまいますが、楽しい作業なら疲労感は少ないですよね。



「疲労感」は意欲や達成感に大きく左右されるのです。


しかし、疲労を感じていなくても体力は削がれてゆくので、肉体は疲労しているハズです。


本人の知らない間にどんどん疲労が溜まり、取り返しの付かない事態に陥ってしまうことも……。


達成感の高い仕事をしている人に過労死が多いのも事実です。



疲れている男性画像出典:Fotolia









彼の「疲労」も「疲労感」も癒やそう



彼に「疲労感」があるのなら、モチベーションアップや気分転換が有効ですね。


しかし、彼が「疲労」しているのなら、休息が必要です。


しっかりと見極めて、彼の癒やしをサポートしましょう!









1.疲労に効く食事を用意しよう



和食





画像出典:Fotolia



疲労の種類によって、体が欲している栄養素は違います。


疲れている彼が「◯◯を食べたい」と言う場合、必要な栄養素を無意識に補おうとしている可能性が高いです。


彼の欲求に耳を傾けましょう。


疲れの元である乳酸を取り除くために、ミネラルやクエン酸の摂れる食事を提案してみても良いですね。









一緒に食事をしよう!



「疲労感」を払拭するために、彼と一緒にお食事をするだけでも有効です。


向き合って美味しく食事をいただきながら、ワイワイと楽しく時間を過ごしましょう。


彼の家族団らんにお邪魔しちゃうのもいいかも!?









2.質の良い休息



一緒にデートしたい気持はグッと我慢して、彼の休養を優先させましょう。


彼が「疲労感」を感じていなくても、肉体は疲労しています。


「最近よく頑張ってるなぁ」と「仕事忙しそうだなぁ」と感じたら、彼に休むようアドバイスしましょう。


彼がランナーズ・ハイ状態になっていないか要注意です。









深夜の長話はNG!早寝早起きを気にかけよう



疲労回復には睡眠と、早起きが大切です。


朝日を浴びることで、狂っていた体内時計がリセットされ、回復しやすい体になります。


毎晩、彼と長時間通話やLINEをしたいですが、彼にはしっかりと休んでもらいましょう。









3.部屋の片付けや掃除のお手伝い



掃除

画像出典:Fotolia



身の回りをキレイにすると気分もスッキリします。


が、疲れていると片付けや掃除が億劫になってしまうもの……。


彼がなんとなく「疲労感」を感じているのであれば、お掃除のお手伝いをしてみては?


お手伝いさんではないので何から何まで完璧には出来ませんが、少しだけなら一緒に楽しくお掃除しましょう。


もちろん、彼が「疲労」しているなら掃除はそこそこに、休養を優先させましょうね!









4.時には大胆に!スキンシップも大切に



ストレスが溜まってイライラするとき、スキンシップを取ると落ち着きます。


愛情のこもったスキンシップならなおのこと効果は絶大です。


「大好き!」って気持ちを込めて手をつないだり、ハグやキスをしましょう。


また、マッサージもスキンシップの一種です。


簡単なハンドマッサージや肩もみでも、愛情たっぷりなら効果てきめん!









5.時には話を聞き出す



誰しも、精神的に疲れきってしまうこともあります。


外部の人の介入や、医師への相談が必要な場合もあるでしょう。


一人では悩みの袋小路にハマってしまい、抜け出せなくなることもありますね。


少しお節介ですが、時には強引にでも話を聞き出す必要もあります。









6.最後は神頼み!?神社やお寺でリフレッシュ



げん担ぎや、ご利益を得ようと、神社や仏閣へ足を伸ばしてみましょう。


自分の気持ちにケジメをつけたり、心機一転するキッカケ作りに良いでしょう。


願掛けも侮れない!?










さいごに



「疲労」と「疲労感」の見極めがとても大切ですね。


気分転換をするのか、とことん休息を取るのか。


本人では判断がつかないこともあるので、彼女が指摘することも必要でしょう。


疲労の程度によれば、医師や専門家への相談も視野に入れましょう。


2015年9月23日

written

by banban


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop