現在17271個の困ったを解決できます!

2015月6月15日更新

【長野】実は2つ存在する?あの“風立ちぬ”のモデルになった憧れのホテルの〇つの魅力

8786 views

長野に「風立ちぬ」のモデルとなったホテルがあると聞いたのですが、本当ですか?本当なら行ってみたいです!(大学3年生・男性)


日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞に輝いた宮崎駿の『風立ちぬ』、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

劇中、二郎と菜穂子が再会する場所は、高原に建つ「草軽ホテル」。

実はモデルとなったホテルは2つ存在するのではないかと言われています。

そこで、2つのホテルに焦点をあててご紹介します。

 

『風立ちぬ』とは





画像出典:アマゾン

幼い頃、飛行機に憧れた少年・二郎は飛行機の設計士を目指します。

大学生の時関東大震災が発生し、そのさなか二人の女性を助けます。

その一人が運命の人となる菜穂子でした。

時は流れ軽井沢で菜穂子と再会、しかし菜穂子は重い結核と闘っていました。

二人の行く末はいかにー。

観ていない方のためにお話の方はここまでにしておきましょう。

 

二郎と菜穂子の再会は「草軽ホテル」



 

映画『風立ちぬ』には「草軽ホテル」という名前のホテルが登場します。

丸太作りの門壁と、赤い三角屋根が印象的な高原に建つホテルです。

二郎と菜穂子が再会する重要なシーンとあって、紙飛行機を菜穂子が飛ばすベランダや、レストラン、階段などは丁寧に描かれています。

それでは早速モデルとなった2つのホテルを見てみましょう。

 

上高地帝国ホテル





画像出典:上高地帝国ホテル

昭和8年創業、山岳ホテルとしては日本で初めて開業したといわれている「上高地帝国ホテル」です。

山に囲まれた木立ちの中に、くっきりと映える赤い三角屋根。

「草軽ホテル」の外観に一番近いのがこのホテルではないでしょうか。



画像出典:上高地帝国ホテル

ベランダ側から見たところです。

突き出た広いベランダ部分やテラス席など、映画のシーンを彷彿とさせます。



画像出典:上高地帝国ホテル

メインのダイニングルームがこちらです。

真紅のカーテンにアンティークな照明とインテリアが素敵ですね。



画像出典:上高地帝国ホテル

炎を揺らすマントルピースが鎮座するバーラウンジ「グリンデルワルト」。

山小屋のような雰囲気の中、ゆったりとした時を過ごすことができます。

 

万平ホテル





 

画像出典:軽井沢万平ホテル

もう一つが軽井沢の「万平ホテル」。創業120年の老舗ホテルです。

昭和51年から数年間、夏になると本館アルプス館を利用し、こよなく愛したのはビートルズのジョン・レノンです。

映画とは違い外壁の色は白、屋根も赤ではありませんが、三角屋根を含む全体の印象が実によく似ています。



画像出典:軽井沢万平ホテル

このカフェテラスも夏になればオープンカフェになるようです。



画像出典:軽井沢万平ホテル

メインダイニングルームは昭和11年に建った本館の中にあります。

絵画のようなステンドグラスが、重厚な雰囲気を一層引き立てます。

本格フレンチを楽しめます。

真紅の椅子が映画のホテル内レストランの椅子と似ていますね。

 

 

ジブリの世界のモデルとなった2つのホテルはいかがでしたか?

どちらのホテルも格調高い歴史のあるホテルです。

それぞれの良い所を取り入れ、あの『風立ちぬ』のワンシーンが出来上がったのかもしれませんね。

機会があれば一度直接確かめてみてくださいね。

2015年6月15日

written

by anan-17


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop