現在17271個の困ったを解決できます!

2015月6月22日更新

暑い日に思い切り泳ぎたい!広さが売りの関東のおすすめプール7選

821 views

夏に友達と大きなプールではしゃぎたいです!(大学2年生・男性)


もうすぐ、暑い夏がやってきます。

友達・家族・恋人と行って盛り上がりたいのが、やっぱりプール!

海よりも安全で、様々な遊びが楽しめる、関東の広さが売りのおすすめプールを7つ紹介します!

 

 としま園





画像出典 としまえん

1つ目は断トツの交通利便性と広さを誇る「としま園」です。

関東圏内で第2位の広さのプールは、種類も豊富です。

流れるプールはもちろん、波のプール、ナイアガラプールなど、スリリングなプールが盛りだくさんです。

また、うきわ(800円)、折り畳みデッキチェア(1000円)など、プールの小物はレンタルできますので、水着とタオルだけを持って気軽に楽しめること間違いなしです!

一般入園料4,000円

西武有楽町線・西武池袋線。都営新宿線各線「豊島園駅」から徒歩10分圏内です。

 

よみうりランド「プールWAI」





画像出典:よみうりランド

2つ目は、東京と神奈川の境目稲城市の「よみうりランド」です。

関東3位の広さで、グループで遊んで泳ぐには絶好のプールです。

よみうりランドの「プールWAI」は、5つのプールと3つのスライダーが特徴です。

5つのプールの中には、波のプール、流れるプール、水深5Mのダイビングプールなどがあります。

3つのスライダーでは、ジャイアントスカイリバーが要注目です。

一人600円の別途料金が必要ですが、4人乗りゴムボートで400M近い距離を24M急降下するスリル満点のスライダーです!

ぜひ友達同士で乗ってみてはどうでしょう。

一般入園料2,900円

京王線よみうりランド駅から、小田急バスで読売ランド前(5-10分)

小田急線読売ランド前駅から小田急バスで読売ランド前(10分)

 

 東京サマーランド「アドベンチャーラグーン」





画像出典:アドベンチャーラグーン

都心から少し離れた静かな場所に、突如巨大なプールが出現します。

それが、アドベンチャーラグーン。関東で断トツの広さで「遊べるプール」として毎年大人気です。

天候対応の屋内プールがあり、どんな天気でも、日焼けを気にする人も、思う存分楽しめますよ。

何種類ものプールやウォータースライダーがありますが、その中でも楽しいのが、その名も「dobon」。スライダーで滑ったあと、なんと4Mの高さからそのまま、名前の通りドボンと落ちます。

そこまで高くないですが、何度もやりたくなってしまうこと間違いないです。

友達同士お互いに、落ちるところを見るのも面白いかもしれません。

一般入園料:3,500円(15時以降入場2,600円)

京王線・JR線それぞれ八王子駅からバスで30分

JR秋川駅からバスで10分 タクシーで5分

 

 昭和記念公園「レインボープール」





画像出典:昭和記念公園

東京ドーム1.4個分の9つのプールという国内最大級の規模の本格的なプールです。

昭和記念公園内にあるので、プールと公園の行き来が自由です。

午前中はプールで遊んで、午後からはイベントやバーベキューをするなど行くだけで楽しみ方は多種多様です。

プールでは、100Mのウォータースライダーが大人気で、スリルを味わえること間違いなしです。

JR立川駅から徒歩10-15分

モノレールの立川北。南駅からはそれぞれ10分ほどです。

公園が広いので、入り口もたくさんありますが。プールに近いのは。「昭島口」なので、Jr青梅線東中神駅がおすすめです。

料金は、大人2300円 浮き輪等のレンタルは700円~です。

 

東武動物公園「東武スーパープール」





画像出典:東武動物公園

東部動物公園の広大な敷地に、プールがあるのを、ご存知でしたか?

動物園・遊園地のほかに、実はプールもあるのです。

全長300Mという関東最長規模の流れるプールや、本当に海にいるような1.6Mのリアルな波が感じられるウェーブプール、専用ボートで傾斜18度を滑り降りる急流すべりなど、広い海をほうふつとさせるプールで、夏を感じてみませんか。

東武動物公園駅からまっすぐ徒歩10分ほど

1日1,000円で駐車できる3,000台収容の駐車場が完備されていますので、友達同士、ダブルデートなど、人数が多ければ、ドライブも楽しめそうですよ。

プール利用料金は、入園料込みで大人一人2,400円です。

 

 さいたまの水上公園





画像出典:さいたまの水上公園

高さ10Mという最大規模の高さを誇るスライダープールがあります。

7haの敷地に7種類のプールという広大なプールで、オープンした当時は東洋一の規模を誇りました。

大型の変形プールは、本当に海の浅瀬にいるようで、水深も1.4Mあるので、本格的に、安全に泳げます。

一般入園料510円

 

稲毛海浜公園プール





画像出典:稲毛海浜公園

10,000平米のプール敷地面積、14種類のプールがそろっているプールです。

このプールの特徴は、実は、海水浴場に出ることが自由だということです。

ウォーターバルーンやビッグローラーなど遊び道具は、5分単位で借りられるので、思う存分遊べること間違いなしです。

一般入園料1,100

JR稲毛海岸駅西口からバス10分程度

 

 

いかがでしたか。

屋内・屋外・泳げる、遊べる・・いろいろなプールが解放の時期になりましたね!

今年の夏は、友達同士、恋人と、サークルで・・暑い夏に、東京近郊の広くて遊べるプールで、夏の思い出を作ってみませんか。

2015年6月22日

written

by ayaka1005


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop