現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月13日更新

いまさら聞けない?帰省までに知っておきたいお墓参りの基本的作法5選

62 views

今更聞くのも恥ずかしいのですが、お墓参りの基本マナーなどをわかりやすく教えてください!(大学2年生・男性)
気付けば大学生。
大人と同じ扱いをされることも増えてきますよね。
冠婚葬祭のマナーも「知っていて当然」と思われることも多くなってくるかもしれません。

そこで、今回は「お墓参り」の作法をまとめてみました。大学生になって初めての帰省、という方は是非読んでみてください。
Fotolia_36623032_Subscription_Monthly_M

1. お墓参りの服装

お墓参りについては、特に服装のマナーはありません。
お墓のお掃除をする場合もあるので、あまり高いヒールなどの靴は履かず、動きやすい服装の方がよいでしょう。

2. 到着したら、管理をしてくだっている方にご挨拶

普段故人のお世話をしてくださっている、霊園管理者や住職の方にご挨拶をします。
その際に、手桶とひしゃくを借ります。

3. まずはお墓の掃除から

まずは合掌をしてから、お墓のお掃除をしましょう。
掃除をする場所は、・墓石(たわしでゴシゴシではなく、スポンジや歯ブラシなどで優しく洗いましょう)・花立・香炉等・草取り(区画内に生えた雑草を取り除きます)・植木の整備などです。掃除が終わったら花立てに水を入れ、はさみで花の長さやバランスを整えて飾ります。
お供え用のお菓子や飲み物等は半紙を敷いた上に置きましょう。季節の果物や故人の好物を供えるのもよいでしょう。
お墓に水をかけることを「故人に冷水をあびさせる」と言って、拭き掃除だけにする風習もあるようです。
お墓の手入れの仕方については、その地域の風習に従うのがよいのではないかと思います。
Cemetery-6

4. お参りをするときのマナー


線香に火をつける

まずはローソクに火をつけ、そこから線香に火をつけます。
線香は1本ずつ火をつけるのではなく、束のまま火をつけてから、参列している方に分けるのが一般的です。
線香は手で仰いで火を消すのがマナーです。

決して、バースデーケーキのローソクのように吹き消そうとしてはいけません。

お参りをする

お参りの順番は、故人との縁が深い方から順番になります。
大学生のあなたの場合は、まずは後ろに下がるとよいでしょう。
まずは墓石に水をかけます。

その後、数珠を手にかけ、胸の前で手を合わせ、目を閉じて顔を手に近づけます。
しばらく黙祷をしたら、目を開けて軽く一礼して下がります。
全員の合掌が済んだら、お参りは終了です。


5. 後片付けもマナーのうちです

お墓参りが終了したら、ごみ等を片付けて、帰りの支度をします。
食べ物などは、カラスが食い散らかすもとになるので、お参りが終わった後は持ち帰ります。
借りていた手桶なども、元の場所に返します。

また、バケツに残った水はお墓の周りにまいたりせず、流し台など適切な場所で流しましょう。
お参りの後に持ち帰ったお供え物の食べ物は、食べてOKです。

いかがでしょうか?
色々とマナーについて書きましたが、大事なのは、故人を思う気持ちです。
礼儀正しく、落ち着いた心を持って臨めば、罰当たりになるようなことはありません。

年に1度のお盆シーズン、故郷のご先祖様や親せきに、近況報告と日ごろの感謝の気持ちをしっかり伝えてくださいね。

2015年9月13日

written

by yoshikodokudami


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop