現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月13日更新

諸説あるっぽい!「元祖・いちご大福」を掲げる老舗店まとめ

1076 views

元祖いちご大福と言っているお店をいくつか見かけたのですが、どこが本当の元祖なんですか?(大学2年生・男性)
ねっとりとしたお餅、甘いあんこと、甘酸っぱいイチゴのハーモニー。
いちご大福って、本当に美味しいですよね。
実はいちご大福って、今から約30年前、昭和後期に出てきたお菓子で、和菓子の中では比較的歴史が新しいものなのです。
その発祥の地はどこなのか?
実はこれは諸説あるんです。
今回は、「元祖・いちご大福」を掲げる和菓子店をまとめてみました。

大角玉屋(東京都新宿区住吉町)

画像出典:公式HP

創業は大正元年(1912年)、新宿の中でも少し落ち着いたエリアにあります。
いちご大福の製造法の特許を保有しているのはこのお店で、諸説ある「元祖・いちご大福」の中での最有力候補と言われています。
材料に一切保存料等が入っていない為、賞味期限は当日限り。

最近は外国の方も購入しているそうです。

住所:東京都新宿区住吉町8-25
アクセス:都営地下鉄新宿線「曙橋」駅より徒歩4分

一不二(東京都板橋区)

画像出典:板橋区の紹介ページ

こちらは、イチゴを丸ごと粒あんとともに羽二重餅でくるみ、ウグイス豆を添えた「羽二重いちご大福」があるお店です。
板橋の一品にも選出されています。 住所:東京都板橋区蓮根3-8-13
アクセス:都営三田線「西台」駅より徒歩3分

金内屋(群馬県前橋市)

画像出典:グッドぐんま

群馬にも、元祖いちご大福を掲げるお店があります。
群馬県庁近くにたたずむ、「金内屋」。
11月中旬から6月までの限定商品だそうです。
住所:前橋市大手町2-11-26
アクセス:JR「前橋」駅より徒歩20分(群馬県庁近く)

とらや本家(三重県津市)

画像出典:大門どっとこむ

津市の大門商店街の一角にある老舗和菓子店。
こちらのいちご大福は他店とは違って白あんです。
甘さが控えめで、いちごとのハーモニーは格別、とのことです。
住所:三重県津市大門
アクセス:近鉄名古屋線「津新町」駅より徒歩20分

欣榮堂(三重県伊賀市)

画像出典:伊賀ポータル創業は、明治34年。
伊賀の郷土菓子や伝統和菓子のほかに、季節のお菓子など、様々なアイデアを取り入れた商品を生み出しています。
白あんの「いちご大福」はもちろん名物ですが、生クリームがたっぷりはいった「オーレ大福」(イチゴ・抹茶・カフェ・生クリーム)や、「ぶっせ」なども人気のお店です。

住所:三重県伊賀市西明寺251
アクセス:伊賀鉄道「広小路」駅より徒歩22分


松田常盤堂(滋賀県大津市)

画像出典:食べログ

滋賀県大津市、琵琶湖を望むスポットの近く、膳所城跡公園の近くにたたずむお店です。
いちご大福餅のほかに、抹茶みるく大福、くるみ大福、夏季限定のマンゴー大福などのバラエティ豊かな大福があるようです。

住所:滋賀県大津市本丸町5−56
アクセス:京阪電気鉄道石山坂本線「膳所本町」駅より徒歩3分
いかがでしょうか?
「どこが元祖か」「どこが発祥の地か」は各店が様々な主張をしていますが、正直なところ、あまりはっきりとはしないようです。
自分の地元を応援するもよし、一番好みのものを応援するもよし。

機会があれば、全てのお店を回って、味を食べ比べてみるのも楽しいかもしれませんね。

2015年9月13日

written

by yoshikodokudami


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop