現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月19日更新

え、これって地域限定だったの!?地元民に愛される煎餅10選

4043 views

日本各地の美味しい煎餅を探して食べるのが好きです!おすすめはありますか?(大学1年生・男性)
おせんべいと一口に言っても、甘いものからしょっぱいもの、お米を使ったものから小麦を使ったもの、いろいろな種類がありますよね。
ところで、今あなたが食べているそのおせんべい、もしかしたらあなたの地域でしか売られていないものかもしれませんよ!?
北は北海道から南は九州まで、実は地域限定品だった!
いろいろなおせんべいを紹介します。

1.でんぷんせんべい(北海道・古川製菓)

画像出典:メーカー公式HP
北海道ならでは、じゃがいもの澱粉を使用して作ったおせんべいです。
消化が良く、ソフトな食感ということで、小さなお子様でも食べられそうですね。
白色のものは塩味、赤色のものは甘い味がするそうです。



2.バターせんべい(青森・渋川製菓)

画像出典:メーカー公式HP

東北地方の代表的なお土産のひとつでもある、南部せんべい。
地元ではスーパーでも気軽に買えるほど、生活に密着したものだそうです。
ちなみに、売っている地方によっては津軽せんべいというそうで、今回ご紹介した渋川製菓さんは「津軽せんべい」として、販売されています。
いろいろ種類があって迷いどころですが、このバターせんべいは、老若男女問わず皆さんに楽しんでいただけそうな商品です。


3.オランダせんべい(山形県・酒田米菓)

画像出典:メーカー公式HP

山形県の酒田米菓から、東北地方限定で販売しているおせんべいです。
薄さ約2ミリの極薄せんべいで、さっぱりとしたサラダ味です。
軽い味わいで、いくらでも食べられそうです。


4.サラダホープ(新潟県・亀田製菓)

画像出典:メーカー公式HP

米どころ新潟のおせんべいです。
長円形をした、さくさくっとしたおせんべいに、まろやかな塩味がついています。
2013年には海老しお味という新作も出ているようです。


5.ソースせんべい(東京都・五十鈴製菓)

画像出典:メーカー公式HP

おせんべいというよりは、駄菓子として数えられることも多い、昔懐かしい雰囲気を醸し出したおせんべいです。
お祭りの屋台で、このおせんべいにソースを塗って売っていることも多いとか。
スーパーなんかで購入すると、小袋のソースが一緒についてきます。


6.歌舞伎揚げ(東京都・天乃屋)

画像出典:メーカー公式HP

東京をはじめ、広く東日本で発売されている揚げせんべいです。
歌舞伎の定式幕をイメージしたお馴染の三色の模様でお馴染のパッケージですよね。
お馴染の甘辛醤油味の他にも、ブラックペッパー味・わさび味などのバリエーションがあるようです。
こちらも是非試してみたいですね。


7.ぼんち揚げ(大阪府・ぼんち)

画像出典:メーカー公式HP

関東ではお馴染の歌舞伎揚げですが、実は西日本の定番はこの、「ぼんち揚」なんだそうです。
公式サイトの紹介によると、「ほんのり甘い淡口醤油で味付け」とあります。
歌舞伎揚げよりもさっぱりとした味わいなのでしょうか・・・?
実は筆者も食べ比べをしたことがありません。
とても興味があります。


8.おにぎりせんべい(三重県・マスヤ)

画像出典:メーカー公式HP

お煎餅といえば、丸型や角型のものをイメージされる方が多いと思いますが、こちらのお煎餅は、名前の通り、三角の形をしています。
定番は、ソフトな食感のお煎餅にだし醤油を塗り、刻みのりをかけた「しょうゆ味」。
その他、ソース味・銀シャリ味、なんていうものもあるようです。


9.九十九島せんぺい(長崎県・九十九島せんぺい本舗)

画像出典:メーカー公式HP

「せんべい」ではなく、「せんぺい」。
佐世保バーガーなどでも有名な、長崎県佐世保市のお菓子メーカーの商品です。
せんべい(せんぺい)と言っても、お米を原料としたものでなく、小麦粉と砂糖を使った甘いおせんべいです。
(東北の方は、南部煎餅なんかをイメージしていただけるとわかりやすいかもしれません。)
中に散りばめられたピーナッツの食感と香りが非常に良いお菓子です。



10.臼杵煎餅(大分県・後藤製菓)

画像出典:メーカー公式HP
臼杵の臼の形になぞらえて作られたという、歴史のあるおせんべいです。
小麦粉を主体として、ほんのり生姜の香りがする生地が特徴的です。
県内スーパーなどでも売っているそうですが、公式HPによると、臼杵町内の直売所に現役95歳で現役の売り子さんだという、名物おばあちゃんがいらっしゃるそうです。
是非、お会いしてみたいですね。


いかがでしたか?
おせんべいって、昔から地元に根付いて発展してきたものが多いだけに、意外と「全国区だと思っていたら地元だけの商品だった」「こんなおせんべい知らない!」というものが多いのではないでしょうか?
地域ならではの材料を使ったものも多いですし、旅行や帰省のお土産にすると話のタネにもなって、喜ばれるかもしれませんね。

2015年9月19日

written

by liliaapril


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop