現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月6日更新

“彼のお母さんみたいだね”って言われてない?もっとカップルらしく二人で過ごす5つのメゾット

345 views

2年付き合っている彼氏がいますが、最近世話を焼き過ぎて母親のようになってきました。どうすればカップルらしくなれるでしょうか?(大学3年生・女性)

付き合った頃はラブラブでも、年月を重ねることにお互い緊張感もなくマンネリ気味に…



今では彼の身の回りの世話を焼くだけの、まるで彼氏の母親に?なんてカップルに見て欲しい話題です。


街を走るカップル




目先の変化


ドライブ
人の脳は変化や刺激を与えないとマンネリ化してしまいます。


彼にとって、あなたが隣にいる事は自然になり過ぎているのかもしれません。


そこで、いつものデートに少しだけ変化を付けてみましょう。


例えば、家デートばかりのカップルでしたらデート場所を決めて外で待ち合わせをしてみたり、ドライブデートばかりでしたら電車で出かけてみるなどです。


脳に刺激を与える事で新鮮な気持ちが蘇り彼に「デートは楽しい」事を再認識をさせてみましょう。




2人での共同作業



彼の母親のようになってしまいがちなあなたは、彼の身の回りを当たり前に様にやってはいませんか?


そんなあなたの優しさに甘え、彼はやって貰う事が当たり前に感じているのかもしれませんね。


そこで、「2人での共同作業」をオススメします。


彼の部屋が汚い…じゃあ私が片付けよう!


というのではなく、役割分担をして片付けるなどあくまでも「手伝うからね」というスタンスに持っていった方が特に初めは良いかもしれません。


2人で終わらせて、美味しものを食べよう!など、目標を持つとより楽しく取り組めますね。


料理もいつも作ってだけではなく、たまには一緒に作ってみたり、買い物は2人で行くなど、彼女は家事を行うことが当たり前という認識は捨ててもらいましょう。



スキンシップは大切に


手を繋いで歩くカップル
よほどのマザコンでもない限り、母親と手をつなぐ…などはしませんよね。


自分との関係は男女の関係なのだと意識するには、スキンシップは大切です。


お出かけの時には手をつなぐ、家でTVを観る時も少し距離を近づけてみるなど、相手の領域に入り、女性としての自分を見てもらう努力をしてみましょう。


その為には、ここぞというお出かけの時は可愛い格好を心がけるなど、意識してもらうための努力も必要ですね。


記念日を大切にする

とは言っても、長年付き合うカップルはどうしても付き合い始めのまま…という関係はやはり難しいものです。


お互い慣れやドキドキは失ってしまいがちです。


だからこそ、記念日は大切にしたいものです。


誕生日やお付き合いした日、クリスマス…一年に1日だけでも構いません。


「この日はカップルらしく過ごす」という日を大切にしましょう。


いつもは恥ずかしくて言えない気持ちを伝えてみたり、高いディナーを予約したりなど、ぜひ2人で計画して素敵な一日を作る習慣を作ってみて下さい。




口で想いを伝える


拡声器で話す女性


そもそも、あなたが日頃不満を抱えている事を、彼氏は知っているのでしょうか。


彼は単に、居心地が良い今の関係に満足しているだけなのかもしれませんし、あなたもきっと満足しているだろうと考えているのかもしれません。


また、伝えているのだとしても、愚痴程度で本気には捉えていないのかもしれません。


長く付き合っているからといって、全てが分かり合えるとは限りませんよね。


「もっと女性としてみてほしい」そんな事は恥ずかしくて伝えられないかもしれませんが、たまには少し甘えてみたり、「こうしてみたい」という事を少し伝えてはみませんか?



彼と付き合っているのに、まるで彼の母親の様に思える事は寂しいかもしれませんが、


それは彼があなたに心を許せている表れでもあるのではないでしょうか。


ですが時には可愛く、時には包容力のある、そんな女性を目指していきたいものですね。

2015年10月6日

written

by liliaapril


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop