現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月20日更新

お店によって全然違う!新名物・「どら焼き」の名店8選【東京】

776 views

東京には美味しい「どら焼き」のお店がたくさんあると聞いたのですが、どんなお店ですか?(大学2年生・女性)
ふわふわの皮と、甘~いあんこのコンビネーションが魅力的な「どら焼き」。
老若男女に愛される味わいのため、手土産としても大変喜ばれます。
ここでは、言わずと知れた名店の味からちょっとした変わり種まで、厳選した8店のどらやきをご紹介します。

1.うさぎや(上野)

画像出典:店舗公式HP

どら焼きと言えば、まずこのお店。
聞いたことのある方も多いでしょう。
見た目は非常にシンプルな「ザ・どら焼き」といった風格。
1日に何度も焼かれるため、お店で手に取るどら焼きは常にほんわりとした温かさがあります。
この美味しさを逃さない一番の食べ方はもちろん、「買ったその場で食べること」です。




2.すずめや(池袋)

店舗詳細情報:店舗公式HP
画像出典:食べログ

上野のうさぎやと来れば、池袋のすずめや。
こちらもどら焼きの超有名店です。
うさぎやのどら焼きよりも少し小ぶりですが、その美味しさで1個160円というのは、やはり安い!と思ってしまいます。


3.亀十(台東区)

店舗詳細・画像出典:浅草のれん会HP

浅草の名店、「亀十」のどら焼き。
こちらはまず、その見た目に驚かされます。
また、その大きさに「ちょっと食べきれないかも・・」と思ってしまうかもしれませんが、ご心配なく!
ふわふわで非常に口当たりの良い名物の生地で作られたどら焼きは、ひとつ、またひとつと食べたくなってしまうこと、間違いなし!


4.草月(北区)

画像出典:店舗公式HP

東十条にあるこちらのお店の名物どら焼き「黒松」はその名の通り、松の幹に見立てた皮模様が特徴的です。
皮に黒糖を使用しているため、ひとくち頬張ると口の中にその優しい風味が広がります。
東京どら焼き御三家にも数えられることの多い名店の味が、1個100円と、お手頃な値段で買えるところも魅力的です。


5.亀乃子本舗(調布市)

画像出典:店舗公式HP

こちらのオススメは、生クリームと餡子のコラボレーションが絶妙な「生ダ!どら焼き」。
某TV番組、「食わず嫌い王決定戦」の手土産としても紹介されたことのある商品です。
生クリームと餡子って、甘い物好きとしては最高の組み合わせですよね。
都心からは少し離れますが、足を運んでみる価値のある一店です。


6.黒船(世田谷区)

画像出典:店舗公式HP

和菓子屋さんにはちょっと似合わなそうな街・自由が丘にある、オシャレな作りの和菓子屋さん。
定番の黒糖どら焼きはモチモチとした皮が特徴の、半月状のどら焼き。
他にも抹茶味やクリーム入りのどら焼き、季節限定品が多数出ているので、いろいろ楽しめそうです。


7.玉川屋(目黒区)

画像出典:店舗公式HP

こちらのオススメは、「バターどら焼」。
「生ダ!どら焼き」でも書きましたが、やっぱり餡子と乳製品の組み合わせは最高です。
バターと聞いてちょっと躊躇する方もいらっしゃるかもしれませんが、ホイップした軽い口当たりのバターはとても食べやすく、オススメです。



8.一炉庵(文京区)

店舗詳細情報:enjoy Tokyo HP
画像出典:食べログ
由緒ある老舗和菓子屋さんです。
こちらでご紹介したいのは「蒸しどら焼き」。
蒸して仕上げた生地のため、淡く優しい色合いなのが特徴的です。
見た目のふわふわとした印象とは対照的に、ややどっしりとした食べ応えです。
もちろん普通のどら焼きもありますが、ちょっと変わった「蒸しどら焼き」も是非お試しください!


いかがでしたか?
ひとくちに「どら焼き」と言っても生地の種類や食感・中の餡まで実にバリエーションが豊かな奥の深いお菓子ですよね。
是非、足を運んでみてください!

2015年9月20日

written

by liliaapril


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop