現在17272個の困ったを解決できます!

2015月10月7日更新

グループディスカッションで必要な7つの役割

4230 views

夏のインターンの選考にGD(グループディスカッション)があります。どんなことをすればよいのでしょうか?(大学3年生・女性)


Vive La Palestina




就活の選考フローの中に「グループワーク」「グループディスカッション」が含まれる企業が増えてきました。


グループディスカッションでは、「良い人を探す」のではなく、「会社に会わなさそうな人を探す」ネガティブな部分を確かめるチェックとして行われる場合が多いです。


また、面接で緊張してしまう人などにとって、グループディスカッションでの選考は大きなチャンス!


自分が中心となって場を回せる人でなくても、流れや空気を乱さず、円滑な流れを生み出せる人はとても有利です。


ここでは、グループでディスカッションで必要な役割とその内容についてご紹介します。






絶対に必要!グループディスカッションでの3つの役割


ファシリテーター・司会


司会の役割は、議論を整理し、活性化させることです。


仕切るというよりも的確なパス回しをするといったほうがよいでしょう。

グループメンバーの発言を促し、「現在○○と△△という意見がありますが、他に意見は無いですか?」など、ある程度の方向性を示してあげます。

特にディスカッションは「全員の合意」により意見を一つにまとめていきます。


発言していない置き去りのメンバーが出ないようにすることも大きな役割です。


全員参加で初めて、グループディスカッションは成立となります。




書記


発表者が発表しやすいように、出た意見を書き残す役割です。


また、皆の意見を「まとめる」ことも重要となります。


議論の流れや内容を一番理解しているのは書記です。


議論の内容がテーマからそれていないか、議論の中でのキーワード等を探し、まとめていくことが重要です。


もし、テーマから内容がそれているようであれば、軌道修正を提案します。




タイムキーパー


文字通り「時間を管理する」役割です。


ただ、時間をメンバーに伝えるだけでなく、「残り○分しかないので、そろそろ皆さんの意見をまとめていった方が良いのではないでしょうか」など、残り時間を確認し他た上での進行の提案をする必要もあります。


一点、タイムキーパーをする方への注意です。


ディスカッション時間のカウントは、面接官が「それでは議論を始めて下さい」との合図から既に始まっています。


多くの場合、ディスカッションが始まった後にそれぞれのグループで役割を決めていくので、タイムキーパーを決めた時にはある程度の時間が進んでいます。


その時間も加味して、残り時間が無くなってしまわないように注意しましょう。







縁の下の力持ち!おすすめの役割4つ


監視係(サポート係)


司会者が少し頼りない時などに必要な役割です。


ただし、この役割は最初に名乗り出るものではなく、必要に応じて議論の中で発言できればOKです。


議論の進行にズレが無いか、また時間を無視して議論が盛り上がっていないかなどをチェックします。


議論の内容がずれてしまっていたら、「少し内容がずれてしまっているので話を元に戻しましょう」などうまく流れを戻すことができればOK。


どんな状況でも冷静に周りをみることが出来る人におすすめの役割です。




アイディアマン(意見係)


ひたすらアイディアを出す役割です。


難しい内容であれば、いつか意見が途切れたり、最初のアイディアが出なかったりする場合があります。


そんな時に誰かが発表することで、新しい視点が生まれたり、議論の方向が決まる場合があります。


グループの雰囲気を作り出すことも可能です。


ただし、目立ちたいからといって、人の意見は絶対に否定しないようにしましょう。




あら探し係


人の意見の矛盾点、不十分な点を指摘する役割です。
0から意見を考え出すのではなく、人の意見について考えればよいので比較的考えやすいと思います。
意見を否定するのではなく、議論をゴールにうまく導く為の意見出しと考えた方が良いでしょう。
相手に不快感を与えないように注意しなければいけません。
言い方を気をつけるのはもちろん、論理立てた指摘をし、どうしたらより良くなるかを付け加えるようにしましょう。




発表係


司会や書記の方がやる場合も多いですが、場合によっては必要となります。


書記役がまとめた内容をうまく皆に伝えられるように発表する役割です。


ただ読み上げるのではなく、話す順序や伝わりやすさなどを意識して発表することが大切です。


うまくプレゼンテーションできると、グループ全体の評価も上がります。






グループディスカッションはいわば、「チーム戦」。


一人の能力が秀でていても、皆が一つのゴールに到達できなければ意味がありません。


自分が無理なくできる役割を見つけて下さい。







2015年10月7日

written

by mooog


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop