現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月9日更新

映画から学ぶ恋のルール!観るだけで恋愛経験値が上がる映画10選

1703 views

 観るだけで恋したくなる映画があれば教えてください。(大学3年生・女性)


恋がしたくなる映画を観ているカップル


© berc - Fotolia.com



 

恋がしたい!ときめきがほしい!


そんなあなたにおくる、観るだけで恋愛経験値が上がる10の映画。




洋画



タイタニック(1997/イギリス)



豪華客船タイタニック号に乗り合わせた上流階級の娘ローズ(ケイト・ウィンスレット)と画家志望の青年ジャック(レオナルド・ディカプリオ)の激しい恋を描いたラブストーリー。身分違いの恋、つかの間の幸せ。沈みゆくタイタニック号のなかで逃げまどい生き延びようとする人たち。華やかな客船が沈みゆくさまは迫力満点で、二人の悲しい運命に心が動かされる作品。




ブリジット・ジョーンズの日記(2001/イギリス)



ブリジット・ジョーンズ(レニー・ゼルウィガー)、32歳、独身。新年の目標、禁煙、禁酒、ダイエット、そして恋人をみつけること。セクシーなプレイボーイ上司にヒュー・グラント、バツイチの弁護士役にコリン・ファース、痛々しいほど赤裸々に、日記形式で語られるブリジットの恋模様。恋するってこういうことか。いつの間にか頑張れブリジット!と応援してしまう、痛快ラブコメディ。




ラブ・アクチュアリー(2003/アメリカ)



愛は、実際のところ、どこにでもあふれている。街はクリスマス、登場する愛の物語はどれをとってもリアルで心が引き寄せられる。大昔のヒット作の焼き直しで返り咲きをねらう老いぼれロックシンガー、妻に先立たれた中年男と義理の息子11歳、モテたいだけのためにアメリカに飛ぶ青年など、総勢19人9組がつむぎだす、愛の余韻が心に残るアンサンブル・ラブストーリー。




マンマ・ミーア(2008/イギリス)



ABBAのヒット曲満載でおくるミュージカル映画。エーゲ海に浮かぶ小島で20歳のソフィ(アマンダ・サイフリッド)は結婚式を控えていた。母子家庭に育った彼女の願いは父親とバージンロードを歩くこと。しかし父親候補は3人いて、その全員に招待状が送られていた。ソフィの母(メリル・ストリープ)の友人をはじめ、おばちゃんもおじちゃんも踊りだす元気の出る作品。




セックス・アンド・ザ・シティ(2010/アメリカ)



ニューヨークに暮らす4人の女性たち、彼女たちの生き方は女子力アップの秘訣をすべて体現しているといってもいい。ファッション、そして恋愛こそが女を磨く!作中に登場するファッションはビッグネームが多く華やか。自己実現や夫の浮気、不妊治療など現実的な悩みを抱えながらも、恋すること、ときめくことを追及するガールズトークは、多くの女性の共感を得ている。





邦画



耳をすませば(1995)



スタジオジブリ製作、中学生の甘酸っぱい恋愛を描いた青春映画。小説家を志す中学三年生の月島雫とヴァイオリン職人を目指す天沢聖司。最初は聖司の傍若無人な発言に苛立ちを覚える雫も、ヴァイオリン職人になるための彼の惜しみない努力に影響され小説を書きはじめる。思春期ならではの繊細な心の動きが見どころ。キャッチコピーは、好きなひとが、できました。




タイヨウのうた(2006)



夢を持つことで命が輝いていく様を描いた純愛物語。太陽の光に当ると命に危険が及ぶ病を持ちながら、歌を歌うために生まれてきたかのように澄んだ歌声で毎夜ストリートライブを行う少女、雨音薫(YUI)。そしてサーフィンが得意な高校生(塚本高史)。このふたりが急速に仲良くなっていく様はまるで薫の命の儚さの象徴のよう。




人のセックスを笑うな(2007)



山崎ナオコーラの同名小説が原作。美術学校に通う学生、みるめ(松山ケンイチ)は20歳年上の非常勤講師、ユリ(永作博美)と関係を持つようになる。しかしユリが既婚者であることがわかり、みるめはユリとの関係を断とうとする・・・。電話が来ると出たくなる、声をきくと会いたくなる、恋ってそうだよねとほっこりできる作品。




ノルウェイの森(2010)



村上春樹の同名小説が原作。ワタナベ(松山ケンイチ)は親友を自殺で失い、東京の私立大学で空虚な日々を過ごすなか、親友の恋人だった直子(菊地凜子)に出合う。しかし直子はとても死に近い存在だった。一方、生の象徴とも言えるような緑(水原希子)が登場し・・・。ワタナベの視線を通して描かれる愛と性、生と死。小説のキャッチコピーは100パーセントの恋愛小説。




婚前特急(2011)



チエ(吉高由里子)、24歳、独身。5人の彼氏持ち。モットーは今を楽しく。チエは時間を有効活用するために5人の男性と付き合っていたが、親友の結婚を機に5人の男の長所と短所をノートにつづって査定を始める。しかし査定をすればするほど見えてくるのは自分のダメなところばかりで・・・。たった一人の相手を探すチエの奮闘を描いた痛快ラブコメディ。



 

 

いかがでしょう、気になる映画はありましたか?


恋したい、ときめきたい、そんな時は映画を観て甘い気分に浸ってみませんか?

2015年3月9日

written

by 橘ゆづる


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop