現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月10日更新

初めての人におすすめしたい!育てやすい観葉植物ランキングBEST7

530 views

一人暮らしも慣れてきたし観葉植物を育ててみたいなと思っています。
初めての人でも育てられるものを教えてください。(大学2年生・男性)
「一人暮らしや自分の部屋の狭い空間でも、自然を楽しみたい。」
「部屋にグリーンを置いて、リフレッシュ効果と、リラックス効果が得たい。」
「折角、お部屋に飾るなら、お部屋に合うものがいい」
「お洒落な観葉植物ってどんなものがあるだろう。」

そんな声にお応えして、お洒落で、しかも初心者でも育てやすい、枯れにくい観葉植物をご紹介していきます。

BEST1 アイビー

画像出典:インテリアハート

長いツタと白いまだら模様の葉が特徴のアイビーは、育てやすさと、ワンポイント風水やガーデニングに人気の観葉植物です。
乾燥や湿気に強く、日当たりがあまり良くなくても、よく育つので、室内で育てるのに、ぴったりです。
ツタがクルクルと長く伸びるので、ハッキングにして上から吊るしたり、ハンガーを使ってトピアリーを作ったり、他の植物と一緒にしても相性が良いので、DIY好きな方にも、人気があります。

挿し木で、どんどん増えるので、お友達に分けてあげてもいいですね。

BEST2 テーブルヤシ

画像出典:IEMO
育てやすさと手軽さで人気があるのが、テーブルヤシです。
ヤシ特有の南国なイメージと風に揺れる涼しげな雰囲気で、1本置けば、お部屋全体がリラックスした雰囲気になりますし、複数置けば、部屋全体が、贅沢空間へと早変わりしてくれます。
もともとメキシコなど中南米が原産の小型のヤシなので、明るい場所を好みますが、暗さにも強く、室内でも元気に育ちます。

冬に暖房などで乾燥した室内に置くとハダニが発生し易くなるため、加湿器や霧吹きで、葉の表面に水分を与えることで予防してください。

BEST3 サンセヴィエリア・ローレンチー

画像出典:青山フラワーマーケット ONLINE SHOP

マイナスイオンを多く出し、空気清浄効果が高いと言われている有名なサンセヴィエリア。
乾燥気味を好む植物なので、水やりは夏でも月1~2回程度でOK。
めんどくさがり屋さんにぴったりの観葉植物です。
冬は室温が低い場合、ほぼ水を与えず冬越ししますので、手間がかかりません。
シャープな姿で空間をスタイリッシュに演出してくれる人気のグリーンです。

BEST4 マッサンゲアナ(幸福の木)

画像出典:楽天市場 Fleur Bazar

演技の良いネーミングと、明るい緑の爽やかなストライプ模様で、お祝い品の定番にもなっているマッサンゲアナ。
「幸福の木」という名称の方が親しみがあると思います。
ハワイでは、この木を家の前に置くと幸せが訪れると言われていることから、幸福の木と呼ばれるようになったそうです。
寒さにさえ、注意すれば、丈夫で育てやすい、家庭に幸せをもたらす木です。

BEST5 シュガーバイン

画像出典:A Tropical Garden

ちょこんとお部屋に飾るインテリアグリーンとしておすすめのシュガーバイン。
葉っぱから香るほのかに甘い匂いが、名前の由来です。
小さな手のひらのように5枚の葉っぱを広げたとても愛らしい姿と、とても育てやすいのがおすすめの理由です。直射日光の下ではなく、ある程度、日が当たる明るいところに置いてあげると、葉の密度も濃く、よく育ちます。
きちんと育ててあげると、花も咲くので、試してみてはいかがでしょうか。

BEST6 ガジュマル

画像出典:青山フラワーマーケット ONLINE SHOP
幸福をもたらす精霊が宿っているといわれるガジュマル。
原産地でもある沖縄では「木の精(キジムナー)」と呼ばれている精霊がすむといわれています。
「妖精の住む樹」や「幸せを見守る樹」ともよばれるとてもロマンチックな観葉植物です。インテリアとしても、とてもお部屋と相性が良く、1本飾るだけで、お洒落空間へと早変わりします。
日陰に強く、水やりもこまめでなくて良い丈夫な植物なので、おすすめです。


BSET7 ポトス

画像出典:青山フラワーマーケット ONLINE SHOP
初心者でも育てやすい観葉植物といえば、ポトスは外せません。
成長が早く、明るい緑色の葉っぱがどんどん出来るのが、徴です。
暑さに強い反面、寒さには弱いので、水のあげすぎと寒さには注意してあげましょう。
品種も多く、コロンと可愛らしいサイズのものが多いので、自分好みのポトスを探してみてはいかがでしょうか?
いかがでしたか?
インテリアとしても、風水としても、私たちの住む場所にかかせなくなってきている観葉植物。
植物が、ひとつお部屋にあるだけで、リラックス出来ますし、お洒落空間も簡単にできちゃいます。
この夏は、観葉植物とともに過ごしてみては?
緑を側に置くだけで、仕事や勉強もはかどるかもしれませんよ。

2015年9月10日

written

by komoyuyu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop