現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月9日更新

TOEICで時間が足りなくなる人のための8の対策

827 views



いつもTOEICの時間が足りないです。もう・・・。どうすればいいでしょう。


(大学3年・女子)






TOEIC受けたはいいけど


時間が足りなくて最後まで解けなかった。


もう一度受けよう!次は最後まで解くぞ!


そう思った人は少なくないはず。


それほどTOEICテストは時間との闘いなのです。


TOEICで時間が足りなくなり悩む外国人女性




TOEICテストの内容は?



TOEICテストは


リスニング(45分間・100問)リーディング(75分間・100問)


合計2時間で200問に答えるマークシート方式のテストです。


その結果は合否ではなく10点から990点までのスコアで評価されます。



 

短い時間の中で大量の問題を解かなければならないTOEICテストで


時間が足りなくなる人のための8の対策を紹介します。




時間配分を決めておく



リスニングは音声が流れてくるままに解答するほかないので


時間配分を決めておくことは出来ませんが


リーディングでは75分をどのように使っても良いので


あらかじめ各設問ごとに費やす時間を割り振っておくとよいでしょう。


時間管理ができるように必ず時計を持っていきましょう。




得意な問題から解く



まず確実に点が取れそうな設問から解きましょう。


つまり得意な問題から解くということです。


リーディングは解答する順番を特に指定されないので


スコアアップにつながる設問を優先して解きましょう。




悩まない



え、悩まないってどういうこと?


問題を解く場合、良く考えて


つまり悩んだ結果出した答えの方が正答率が高いのでは?


確かにその一問は正解かもしれません。


しかしその一問に正解するために費やした時間で、他の問題にも解答できたかも。


TOEICの場合、悩んで一問正解するよりも


悩まないで直感的に三問に解答するほうが


スコアアップが狙えるのです。




わからないと感じたらすぐにとばす



これは、悩まない、と似ていますが少し違います。


悩まないというのは、あくまで問題を解いた段階での注意点で


設問を見て「これは解こうとしてもきっとわからない、時間を浪費してしまう」


と感じたらすぐにとばして次の設問に進みましょう。


その設問を解かなかった時間で別の問題を解き


時間節約、そしてスコアアップを狙うのです。




見直さない



これまで学校や予備校で、試験を受ける際には必ず見直しをしなさい


と教えられた方が多いかと思います。


しかしTOEICでは見直しのための時間を時間配分に入れない方が良いです。


また、長文問題を解き終わった後に、もう一度長文を読み直して


正解かどうか確かめる等の見直しも控えましょう。


できるだけ時間のロスを減らしてより多くの問題を解くのです。




選択肢を先に見る



見直しの代わりといってはなんですが


先に選択肢を見てから長文を読むと


何に注意して読めばよいのかわかるので


見直しが不要になります。


また、選択肢が長い場合は冒頭部分を読んでおくだけでも


長文問題を読む際に読解のヒントが得られ


スムーズに長文を読めるようになります。




気持ちを切り替える



これはリスニングについての注意点です。


リスニングはノンストップで45分間英語音声が流れてきます。


そして解かなければならない問題は100問あるのです。


そのため、わからない問題があってもすぐに気持ちを切り替えて


次の問題を聞きのがさないようにしましょう。


また、一つの問題に時間をかけすぎると


すぐに次の問題の音声が流れてきてパニックになることもあるので


わからなかったらその問題はさっぱり諦めて次の問題に気持ちを切り替えれば


時間節約とスコアアップにつながります。





迷った時に選択する番号を決めておく



運も実力のうち、とはよく言ったものですが


TOEICはマークシート方式のテストなので


わからない場合、迷った場合、悩みそうな場合に選択する番号を予め決めておきましょう。


三分の一、もしくは四分の一の確率で正解します。


わからない問題は運を天にまかせて


解ける問題に全力を注ぎましょう。



 

以上がTOEICで時間が足りなくなる人のための8の対策です。


スピードを意識して取り組むことが大事なので


自分で模擬テストを解く際にも時間配分を決めて練習しましょう。


そうすればきっと今よりたくさん問題が解けるようになりますよ。

2015年3月9日

written

by 橘ゆづる


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop