現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月20日更新

8月の海は要注意!簡単にできるクラゲ対策5パターン

3051 views

夏休みには海に遊びにいこうと思うのですが、クラゲが怖いです・・何か対策方法とかありますか?(大学2年生・男性)
暑い夏には海水浴を楽しみたいですよね。
しかし、日本ではお盆過ぎ辺りからクラゲが急増すると言われています。
水温が高くなる頃に大人のクラゲに成長するため、お盆過ぎからクラゲに刺される被害が多くなるのだとか。
海水浴って遊び道具の準備は万全でも、クラゲの存在は忘れがちな人も多いのでは。
せっかくの海水浴を楽しむためにも、クラゲ対策をして出掛けましょう! Fotolia_54332118_Subscription_Monthly_M

対策1.水着の上にラッシュガードやTシャツを着る。

ウェットスーツを着るのがもっともダメージが少ないのですが、暑いし目立つし持っていないし。。。という場合、直接肌を刺されないように水着の上にラッシュガードやTシャツを着ましょう。
これで刺されても多少はダメージが軽減されます。
サーフィンやシュノーケルをする場合にはウェットスーツを着たほうがよいでしょう。
水着の上に着るものは、肌の露出を出来るだけ減らすように長袖を着るとより防護になります。

対策2.クラゲ予防ローションを塗る。

クラゲ避け・予防効果のあるSAFESEA(セーフシー) という商品がおすすめ。SAFE SEA画像出典:Amazon世界初クラゲの刺胞に対応した日焼け止めローションで、イスラエルで開発されたそうです。
"クラゲ避け"と言われていますが実際はクラゲを寄せ付けないのではなく、仲間だと思わせる特殊な成分によりクラゲに仲間だと認識させ、「触れても刺されない。」というメカニズムなんだとか。
子ども用から大人用、SPF値もさまざまな種類のものが発売されています。
なかには日焼け用の商品もありますよ。
ただし、効果を得るためには海に入る前にまんべんなく隙間なく塗って、乾かす必要があります。
使い方を誤るとせっかくの効果が出ませんのでご注意を。
なるべく露出を控えて、出ている部分にこの予防ローションを塗ればより安全ですね。

対策3.日焼け止めやワセリンを塗る。

クラゲ避けローションほどではありませんが、日焼け止めやワセリンを厚めに塗ることで、クラゲの針から肌をある程度は保護することが出来るそうです。
これなら家にあるもので手軽に防げますね。

対策4.クラゲの少ない海水浴場を選ぶ。

南伊豆、特に白浜海岸、弓ヶ浜はクラゲが少ないと言われています。
クラゲが浮遊する場所は潮の流れと関係があるようです。


対策5.大潮・満潮時を避ける。

大潮の満潮時には大量のクラゲが潮に押し流され海岸にやってきます。
海水浴に行かれる前に潮汐表をチェックして月の満ち欠けや満潮・干潮の時間帯を調べ、満潮時を避けるようにしましょう。特に満月の満潮時は要注意です。
対策をしても絶対クラゲに刺されない、とは言えません。

~もしも刺されてしまったときにやってはいけないこと~

・患部を擦らないこと
・真水で洗い流さないこと
これを頭にいれておきましょう。
患部を擦らず、海水でよく洗い流しましょう。
真水で洗うと海水との浸透圧の差の影響で刺胞から毒針を出すかもしれないからです。
上記以外はクラゲの種類によって対処法が異なるため、素人判断で処置するのは控えたほうがよいでしょう。


以上、参考になりましたでしょうか?海水浴へ行かれる際はクラゲ対策をお忘れなく!

2015年9月20日

written

by madame-pomme


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop