現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月27日更新

「第3のビール」って何?色々ややこしいビールの種類リスト

72 views

ビールの種類がいまいちわかりません。どのような違いがあるのでしょうか?(大学2年生・女性)

ビール、発泡酒、第三のビール・・・



いろいろ種類が出ているアルコール飲料ですが、何が違うかご存知ですか?


自分が家で飲んでいるのは発泡酒?第三のビール?


そんなややこしい線引きを、わかりやすくリストにしてみました。







ビール



そもそも「ビール」については日本では以下の定義があります。


・麦芽、ホップ、水、デンプン(スターチ)などを原料にしたアルコール度数20%未満の飲料。


・麦芽が67%以上使用されている。


以下が各社の代表的なビールです。


キリン 一番搾り



キリン一番搾り


画像出典:amazon.co.jp


アサヒ スーパードライ



アサヒスーパードライ


画像出典:amazon.co.jp


サッポロ エビス



サッポロエビス


画像出典:amazon.co.jp


サントリー モルツ



サントリーモルツ


画像出典:amazon.co.jp







発泡酒



これに対し、ビールと製造方法は同じだけど、麦芽の使用率が66%未満のものが “ 発泡酒 " です。


キリン 淡麗グリーンラベル



キリン 淡麗グリーンラベル


画像出典:amazon.co.jp


アサヒ 本生ドラフト



アサヒ本生ドラフト


画像出典:amazon.co.jp


サッポロ 北海道生搾り



サッポロ北海道生搾り


画像出典:amazon.co.jp


サントリー おいしいZERO



サントリーおいしいZERO


画像出典:amazon.co.jp


発泡酒はビールのような酒税がかからずに済み、安価なことが魅力でした。


しかし、麦芽使用率が50%以上の発泡酒はビールと同じ酒税がかかるようになりました。


そこで誕生したのが “ 第三のビール " です。








第三のビール



“ 第三のビール " とは、ビールや発泡酒とは違った原料・製法を用いて作られた、ビール風味の発泡アルコール飲料のことです。


新ジャンルとして出すことで、一番安価に提供できるビール風味のアルコール飲料として、人気が上がりました。


二種類のタイプがあり、一つはビールの原料に指定されているもの以外の原料を発酵して作られたタイプのものです。


各社が選び抜いたそれぞれの原料を使っています。







エンドウたんぱくを原料にしたもの



サッポロ ドラフトワン



サッポロ ドラフトワン


画像出典:amazon.co.jp







大豆たんぱくを原料にしたもの



キリン のどごし〈生〉



キリン のどごし生


画像出典:amazon.co.jp







とうもろこしを原料にしたもの



サントリー ジョッキ生



サントリージョッキ生


画像出典:amazon.co.jp



もう一つは、発泡酒に別のアルコール飲料を混ぜたもので、第四のビールと呼ばれることもあるタイプのものです。


麦芽の使用率が高くても大丈夫なため、ビールに一番近い味を出すことができます。







大麦スピリッツを加えたもの



キリン 濃い味〈デラックス〉



キリン 濃い味デラックス


画像出典:amazon.co.jp



キリン 澄みきり



キリン澄みきり


画像出典:amazon.co.jp



サッポロ 麦とホップ



サッポロ麦とホップ


画像出典:amazon.co.jp



サッポロ ホワイトベルグ



サッポロホワイトベルグ


画像出典:amazon.co.jp



アサヒ クリアアサヒ



アサヒクリアアサヒ


画像出典:amazon.co.jp



アサヒ アサヒオフ



アサヒアサヒオフ


画像出典:amazon.co.jp







小麦スピリッツを加えたもの



サントリー 金麦



サントリー金麦


画像出典:amazon.co.jp



このように、「酒税がかからずに安く提供できるアルコール飲料を」と、各社がしのぎを削って生まれたのが、発泡酒や第三・第四のビールだったんですね。


味の好みや値段で、選択肢が大きく広がったビールテイスト飲料。


ビールが苦手と思っていた人も、「おいしい」と思えるビールテイストのアルコール飲料が見つかるかもしれません。


各社が頭を悩ませながら生み出した新しい味。


お家で是非試してみてはいかがですか?




2015年9月27日

written

by meire


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop