現在17271個の困ったを解決できます!

2016月8月15日更新

難しいテクニックは不要!女性が返したくなるLINE・メールを書くコツ

60539 views

好きな女の子とLINEをしていますが、あまり会話がはずみません。コツがありましたら教えてください!(大学一年生・男性)


彼氏のラインに返信する彼女© Syda Productions - Fotolia.com



恋のきっかけはメールやメッセージのやりとりから、という方も少なくないでしょう。
意中の女子を見つけたら、まずはメールやメッセージでアプローチしよう、と思うかもしれません。


自分では一生懸命考えてから送信したのに、女性から全然リアクションがなかったり、やりとりが盛り上がらなかった、という経験をしたことのある男性も多いのではないでしょうか。
でも、思い悩まないでください。
LINEやメールで楽しくやりとりをするのは、難しいテクニックや話術がなくても意外といけるものなのです。


ここでは、女性が自然に「返信したい!」と思えるメールやメッセージのコツをまとめてみました。恋を始めたい男性必見です。







あえて質問をしない

「相手のことを知りたい!」と思うあまり、ついつい質問を連発してしまう、という傾向はないでしょうか?もちろん、質問すれば答えが返ってくる、というのは自然な考え方です。

でも、ちょっと待ってください。
顔を合わせて会話しているときも質問攻めにされたら戸惑いますよね?
会話の中での質問の割合というのはバランスがとても大事です。
知り合ったばかりの男性から、立て続けに自分のプライベートについて質問するメールやメッセージが来たとしたら、女性はどう感じるでしょうか?


相手の男性に好意を持っているならまだしも、「この人誰だったっけ?」という印象しか持っていない場合、「もう返信しないでおこう」と思われてしまいかねません。


質問したい気持ちをぐっとこらえて、自分が経験したことや感じた何気ないことを送信してみましょう。
そこで相手のリアクションを見て、どんなことに興味や関心があるのかを知るようにしてください。「急がば回れ」です。



気遣いの表れたフレーズを入れる

女性は自分に対する気遣いの表れたメールやメッセージをとても嬉しく思うものです。女性がちょっと疲れているように見えたり、表情がいつもより暗かったりしたときには、「大丈夫?」と送信してみましょう

もしかすると、あなたの気遣いが嬉しくて、自分の心の内にある悩み事や心配事などを打ち明けてくれるかもしれません。そうすると、相手の女性との距離をぐっと縮めることができるでしょう。


ただ、相手の気を引こうとして、うわべだけの気遣いや心配を装うのはNGです。どんなに取り繕っていたとしても、女性は男性の本心を意外と簡単に見抜いてしまうものなので、十分気をつけてください。






しつこくなり過ぎない

一度楽しいやりとりができると、「相手も自分に気があるのかもしれない!」と考えて、メールやメッセージを送る頻度を上げる、ということがあるかもしれません

本当に相手の女性があなたに好意を持っている場合は問題ないかもしれませんが、気を遣って合わせていただけの場合は、かえって避けられてしまう危険要素になってしまいます。
やめたくなったらいつでも止められるような隙を残しつつ会話を楽しむのもコツのひとつです。
たまには新しい話題を入れず、あえて端的に「相槌+感想」などにとどめて威圧感を抜きましょう。


また、メールやメッセージの返信がなかなか来ないときに、「何してるの?」「どうしたの?」といった質問メールを連発することも避けましょう。
焦りは禁物です。相手の気持ちに配慮して、しつこくなり過ぎないように気を配りましょう。









絵文字の傾向を合わせる

相手の女性のメールやメッセージを見て、絵文字の傾向を合わせるのも効果的な方法です。
これは心理学的にも証明されていることで、「ミラーリング効果」と呼ばれています。
鏡のように、相手と同じ行動を取ることで親近感を持ってもらえる場合があるのです

相手が絵文字を多用しているのであれば、それに合わせて絵文字を多めに使ってみましょう。
また、顔文字を主に使っているのであれば、同じように顔文字をメールやメッセージに含めてみてください。
ただし、相手が使っているスタンプを買い揃えたり、文章の特徴を完コピしてしまうのは厳禁です。


ジェスチャーに置き換えると合わせるタイミングがわかりやすいかもしれません。






いかがでしょうか。文字だけで自分の気持ちを伝えるのは難しいことですが、


言葉にするよりも素直なやりとりができる場合も多々あります。




ぜひ女性が返信したくなるメールやメッセージを送ってみてくださいね。

2016年8月15日

written

by johncom


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop