現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月8日更新

モテる方法は面白くなること!?会話で笑いを生む5つの技術

10878 views

女の子に全くと言ってほどモテません。モテる秘訣なんてあるんでしょうか。彼女がほしいです…。(大学2年生・男性)


コミュニケーションをする大学生


© Paylessimages - Fotolia.com



 

「楽しい会話だった!」と感じるときは、大抵笑いの要素が含まれているでしょう。これは男性、女性を問わず、誰もが共通に感じることではないでしょうか。


異性からモテたい、恋人が欲しいと思っている方は、ぜひ自分の会話の中に上手に笑いを取り入れてみましょう。そのためにできることや注意したいことを、5つのポイントに絞ってまとめてみましたので、参考になさってください。




良いタイミングでツッコミを入れて話を盛り上げる



 

お笑い芸人のコントを思い浮かべてください。どうしてコントは面白いのでしょうか?それは良いタイミングで「ツッコミ」が入るからです。ただひたすらボケているだけでは面白くありません。



 

これはそのまま普通の会話にも応用できます。相手の話をしっかり聞いて、タイミングを見計らって「ツッコミ」を入れることで、話はとても盛り上がるでしょう。



 

注意点として、相手の話の腰を折ったり、相手がバカにされていると感じてしまったりしないように、軽い笑いを取ることを目的として「ツッコミ」を入れるように心がけてください。



 

相手が笑ったら自分も笑う



 

自分が楽しい、面白いと感じたことを話しているのに、相手が全然笑ってくれなかったり、無表情だったりすると、がっかりしてしまって続きを話す気が失せてしまうかもしれません。



 

会話を盛り上げて相手に「楽しい!」と感じてもらうためには、相手が笑ったら自分も笑うことが重要なポイントとなります。



 

大げさになったりわざとらしくなったりしないように気をつけながら、声を上げて笑うのもおすすめです。相手は「自分の話を聞いてくれている。一緒になって楽しんでくれている」と感じて、もっと会話を続けようという気持ちになるはずです。



 

人の悪口で笑いを取らない



 

他人の悪口や、その場にいない人の陰口などをネタにして笑いを取らないように気をつけましょう。もちろん、人の話というのはそれなりに盛り上がることは事実です。



 

でも、会話している相手は「自分がいないところでは、同じように自分のことをネタにして笑いを取るかもしれない」と不安になってしまうはずです。これではモテるどころか避けられてしまいかねません。



 

モノマネのレパートリーを作る



 

宴会の一発芸などでも盛り上がって笑いを取れるのが、モノマネです。あまりに細かすぎたりマニアックだったりすると、かえって場がしらけてしまうかもしれませんが、大抵の人が知っている芸能人やタレントのモノマネは、笑いを取るのに最適と言えるでしょう。



 

俳優、女優、お笑いタレントなど、幅広い年齢や性別のモノマネを何通りかマスターしておくと、守備範囲が広くなって笑いを取りやすくなるかもしれません。なかなか度胸はいりますが、ぜひ試してみてください。



 

時事ネタに通じておく



 

社会、芸能、スポーツなどの時事ネタに通じておくことも重要です。「これはないだろう」と思わずツッコミを入れてしまったような話題を覚えておいて、会話の中に織り込んでみてください。



 

また、最近はまとめサイトもたくさんあります。「Twitterで話題になっている写真」などは、思わず吹き出してしまうようなネタの宝庫です。こまめにチェックしてみるのもよいでしょう。



 

 

 

いかがでしょうか。笑いの絶えない会話は本当に楽しくて、時間を忘れてしまうものです。ぜひ会話の中に上手に笑いを取り入れて、誰からも好かれる「会話術」を身につけましょう。



 

 

2015年3月8日

written

by johncom


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop