現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

新3年生必見!就活成功者が春から始めていた自己分析とは

2732 views

私の学年から就活解禁が遅くなりますが、私は早めに就活をはじめたいと思ってます。就活といえばまず自己分析からはじめなければならないようですが、自己分析って一体なにをすればよいのでしょうか?(大学3年生・女性)




今年の4月から3年生になった皆さま。
おそらく就職活動を気にし始めていることでしょう。

「そもそも就職活動では何をすればイイの?」
「就職活動って一体、何から始めれば良いの?」

本日は、そんなモヤモヤしている新大学3年生へアドバイスさせて頂きます。
就職活動で最初におこなうべきことは自己分析です。
そして就職活動で最も重要なのが、この自己分析なのです。

毎年、志望企業から内定をもらっている就活生の多くに共通するのが
この自己分析に早くから取り組んでいるのです。

何事も、準備は早ければ、早いほど良い結果をもたらします。
もちろん就職活動にも、それは当てはまります。

新3年生の春から、就職活動の第一歩である自己分析を始めることで
志望企業の内定が近づきます。

では自己分析とは一体なんなのでしょうか?
そして自己分析は何故、就職活動に必要なのでうしょうか?

自己分析とは?



自己分析とは、いまでの自分の生き方を通じて、好きなこと、嫌いなこと、
得意なこと、辛かったこと、などを振り返り客観的な自分を理解することです。

客観的な自分を整理して、理解することにより「本当の自分」をみつめるのです。
そして、その本当の自分が望んでいる人生、
それを実現できる企業を探し、就職活動を行なっていくのです。

人間の思考は変化する



この自己分析は就職活動中に幾度も、幾度も繰り返すことにより効果があがります。
なぜなら就職活動を行なって行く中で、自分の考えが変化していくものだからです。

「キャリアセンターの就職ガイダンスに参加したら、
卒業と同時に海外で就職するという選択肢もあること知った。」

「ゼミの先輩から聞いて、Webデザイナーという仕事があることを知った。
どんな仕事なのか、調べていくうちに、すごく興味が湧いてきた。」

この様に人間の思考は時間の経過と共に変化するものです。
外的刺激を受けることにより、幾度も変化していくものです。
だから自己分析を幾度も行うことにより、常に現状の自分を整理していくことが効果的なのです。

分析結果は、自己PRに活用できる。



就職活動で肝になる面接試験。
この面接試験では、自己分析はどのような役割を果たすのでしょうか。

自己分析では自分の良い面だけでなく、悪い面もみつめることになります。
自分のネガティブな面と向き合うことは非常に辛いことです。
しかし、この作業を避けてはいけません。

ネガティブな自分も認めることにより、本当の自分がみえてくるのです。
その本当の自分を面接官にアピールすれば良いのです。

十分な自己分析を行なっておらず、
本当の自分がみえていない就活生の自己PRは非常に薄っぺらなものとなるのです。
マニュアル通りの自己PRで、説得力に欠けるのです。

十分に行なった自己分析の結果というのは、そのまま強力な自己PRとなるのです。

最後に



自己分析を行うと、今まで知らなかった自分に気づくことができます。
本当の自分を知ることによって自信が生まれます。
その自信は面接で大きな武器となります。

新3年生の皆さま、
就職活動における自己分析の重要性を理解していただけたと思います。

是非、早めに自己分析に取り組むことによって、
就職活動で「本当の自分」が望む内定を勝ち取る準備を始めてください。

******メーカー・IT業界に強い就活塾「内定一心塾」*********
不安を自信に変える
メーカー・IT業界への就職に強い就活塾
就活しながらビジネス力をアップする

2014年6月12日

written

by yamatetsu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop