現在17272個の困ったを解決できます!

2016月10月26日更新

ちょっと大人な”ショット飲み”チャレンジにおすすめなお酒10選

129767 views

結構飲みの激しいサークルに入ってしまいました。
自衛のために、アルコールが高いと知っておいた方がいいお酒を教えてください。(大学1年生・男性)



アルコール度数の強いお酒をそのままショットグラスに入れて飲むことを「ショットで飲む」と言います。
お酒に自身のある皆さんは、一体、どのくらいの度数のお酒をショットで飲んでいるのでしょうか?
こちらの記事では、レベル別に、アルコール度数の高いお酒をいくつか紹介していきます。



人によってはお水!?定番のお酒


テキーラ
アルコール度数30~40。
ストレートでショットで飲むというと、このくらいの度数のものを指すことが多いのではないでしょうか。
「テキーラなんか水だ!」なんて言葉もあるくらいですからね。
とはいえ、飲用の際は十分ご注意くださいね。

1.テキーラ(メキシコ 度数40前後)

まず、すぐ頭に浮かぶのがテキーラ・ウォッカあたりのお酒ですよね。
銘柄によっても様々ですが、度数は40%ほどのものが多いそうです。

2.ウォッカ(ロシア 度数50前後)

こちらも銘柄によっては度数は様々。
50度くらいのものが多いようです。
世界一度数が高いアルコールと言われる「スピリタス」(後述)も、実はウォッカのひとつです。


3.ドライ・ジン(イギリス 度数40前後)

ジントニックやジンライムなど、カクテルの基酒として使われることの方が多いジンですが、ストレートで飲む方も勿論いらっしゃいます。
クセがなく、飲みやすいお酒です。


4.イエーガーマイスター(ドイツ 度数35)

様々な薬草を使用して作られるリキュールで、薬用酒として飲むところもあるそうです。
クセが結構強いかも!?

冷やしてお飲みください。



参考サイト:サントリー バーテンダーズクラブ



そのまま飲むには危険!レベル




アルコール度数50~80。
上の4品も飲む人によっては、相当喉が焼けるような感じがある十分強いお酒です。
このくらいの度数になると、ストレートはもちろん、割って飲む際も注意が必要かもしれませんね。


5.アブサン(フランス 度数70前後)

ニガヨモギやウイキョウなどを使ったリキュールのことで、比較的高いアルコール度数で知られています。
ただこちらのお酒、ショットで飲むというよりも違う飲み方があるらしく、グラスの上に渡した専用のスプーンに角砂糖を置いた形で供されるようです。
そこに蒸留水を1滴ずつ垂らして、好みの濃度になったものを楽しむようですよ。


6.ストロー80(オーストラリア 度数80)

ラムの一種。
通常のラム酒は熟成後の高アルコール度数(80%前後)のものを水で薄めた状態で出荷することが多いのですが、
こちらのお酒は水で薄めることなくそのまま出荷されるため、このような高い度数の状態で出回っているようです。


参考サイト:ストロー80


7.ケーゲンヘッド・エンモア(フランス 度数65)

こちらも水で薄めることなく出荷されているラム酒です。
実は、こちらの製造蒸留所は現在閉鎖されているため、非常に希少価値が高いお酒となっているようです。
手に入れるのはちょっと難しいかもしれません。


参考サイト:ultimate rum guide




度数、世界一レベル!


乾杯
それでは、世界一アルコール度数が高いお酒って、どのくらいのことを言うのでしょうか・・?
世界で一番度数の高いお酒として知られているTOP3は、こちらの3品です。
いずれも、度数は90を超えています。
ストレートで一気飲みなんて、もちろん厳禁ですよ!


8.スピリタス(ポーランド 度数96)

ウォッカの一種で、世界一度数の高いお酒として有名です。
その高い度数のため、火気厳禁。
取り扱いを間違えて火事を起こしてしまったバーもあるとか・・・いろいろな意味で、危険なお酒です。


参考サイト:神戸市消防局


9.エバークリア(アメリカ 度数95)

アメリカの田舎の学生が、手っ取り早く酔っ払うために飲まれているお酒とか。
そのため味は二の次なのか、独特のゴム臭がして、あまり美味しいものではないそうです。


参考サイト:酒の辞書


10.ノッキーン・ポチーン(アイルランド 度数90)

アイルランドでは「○○・ポチーン」という銘柄のお酒が他にもあるようなのですが、この「ポチーン」、アイルランド語で「密造酒」を意味する言葉なんだそうです。
晴れて公に製造が許可された現在、アイルランドの名物酒となっているようです。
その中でも圧倒的な度数を誇るのが、このノッキーン・ポチーンです。


参考サイト:酒の辞書


いかがでしたでしょうか?



飲んでみたいお酒は見つかりましたでしょうか?



普段缶チューハイやビールに慣れている人は、こんな高い度数のお酒なんて、想像もつかないかもしれませんね・・・。



もしショットに挑戦する場合は、酔いすぎないよう十分に注意してくださいね。




また、他者にお酒を強要することもくれぐれもしないでくださいね。




お酒は楽しく飲んでなんぼですから。。。

2016年10月26日

written

by liliaapril


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop