現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月26日更新

付き合いも長いけれど…遠距離恋愛の倦怠期を乗り越える5つの方法

1580 views

遠距離恋愛をしてそろそろ半年になる彼がいるのですが、最近なんとなく倦怠期っぽくなっています。どうしたら乗り越えられるでしょうか?(大学2年生・女性)

遠距離恋愛の倦怠期交際期間も遠距離恋愛の期間も長いというカップル多いと思います。
この長期間の遠距離恋愛の怖いところは倦怠期の過ごし方です。
ましてや交際期間が長いと、この倦怠期が破局原因になってしまうのです。
この倦怠期を乗り越えてこそ、二人の関係が深くなるのです。
では遠距離恋愛の倦怠期を乗り越える5つの方法をご紹介します。

直接相手へ会いに行く

遠距離恋愛の倦怠期を乗り越える方法として、直接相手の元へ会いに行くことをお勧めします。
最近は電話やLINE、メッセージなど連絡の手段が沢山あります。なので直接合わなくても、簡単に声が聞けたり連絡が取れるようになりました。
ただその便利さに頼ってばかりだと、倦怠期から抜けることができず、破局に繋がっていまいます。
彼や彼女に長い間会っていないのであれば、時間を設け会いに行くことをお勧めします。
いつも顔も見えないような連絡の取り方だと、コミュニケーションが粗末になりがち。
人は目を見てコミュニケーションを取ります。
1時間の電話より、1分会う事では恋愛は燃え上がるのです。
遠距離恋愛の倦怠期を乗り越える方法は、まずお互い会える環境を作ることです。

突然相手にプレゼントを贈ってみる


サプライズプレゼント遠距離恋愛の倦怠期を乗り越える方法は、相手にサプライズをしかけることです。
なんの記念日でもない時に「プレゼント」を贈ってみましょう。
遠距離恋愛の倦怠期は、会いに行けず「会わないのが当たり前」という感覚になってきます。
電話でもなんか素っ気なくなり、刺激もなくなってきます。そういう時は突然相手にプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか?
そして必ずメッセージカードや手紙を添えて下さい。
メールやLINEに慣れてしまっていると、手紙が新鮮に感じます。
文字には人の想いが宿ります。高級なものではなくていいのです。
小さなものでも十分。相手に「あなたのことを想っているんだよ。」という気持ちを伝えるのが目的ですから。

付き合った当初を思い出してみる

遠距離恋愛の倦怠期を乗り越える方法として、付き合いたての頃を思い出してみましょう。
倦怠期の頃は「付き合っていること」が当たり前になってしまいます。
なので、倦怠期かな?と思ったら昔の写真や日記を読んでみましょう。
「あの頃若かったな。」「やっと付き合えたんだな。」など付き合った当初の頃を思い出しますよね。
初心に戻ることで自分自身の当時の想いが蘇ることがあります。
全てが当たり前に感じる時期だからこそ、「出会えた奇跡」を感じた頃を思い出して下さい。

倦怠期に敏感になりすぎないこと


倦怠期のカップル遠距離恋愛の倦怠期を乗り越える方法として、倦怠期に敏感になりすぎないことです。実はこの倦怠期、付き合っていると必ずと言っていい程あります。
いつまでもラブラブで熱い時期が続くとは限りません。
恋愛スタイルに拘りが強いと倦怠期に爆発してしまう可能性があります。
常にラブラブなことで「強い絆で結ばれている」という気持ちを確信できるのでしょう。
しかし、あえて言葉に出さなくても信頼関係が結ばれている関係もあります。
まずは倦怠期が来たからと言って相手を責めるのはいけません。
倦怠期は、お互いの関係に慣れたという考え方もあります。大きく構える事が大切です。


同棲や結婚の時期や目標を決める

遠距離恋愛の倦怠期を乗り越える方法として、同棲や結婚の時期や目標を決めることです。
倦怠期で不安になるのは「いつまで遠距離恋愛が続くか」ということではないでしょうか。
人間先の見えない未来に不安を感じて当然です。
なので長い期間、遠距離が続いているカップルであれば、そろそろ同棲などの時期を決めることをお勧めします。
きちんと話し合うことが重要なのです。


いかがでしたか?
遠距離恋愛の倦怠期を乗り越える5つの方法でした。お付き合いをしていると倦怠期は訪れます。まずは敏感にならないことが重要です。
この倦怠期を乗り越えたカップルこそが、本当の絆が結ばれるのです。


2015年9月26日

written

by uzuranotamako


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop