現在17274個の困ったを解決できます!

2015月9月29日更新

度数低めで飲みやすい♡1本ストックしておきたいワイン8選

9200 views

飲みやすい度数の低いワインお教えてください(大学2年生・女性)

自宅でもワインを楽しみたい!



でもあまりお酒に強くないという人や、強いのを飲むと翌日に残らないか心配・・ ・という人もいますよね。


ワインのアルコール度数は平均13%~15%と、5%程度のビールに比べてもかなり 高め。


そこで今回は、度数10%以下で気軽に飲めるワインをご紹介します。





1.ドゥエ!! サンテロ NV



ドゥエ!! サンテロ NV


画像出典:Amazon


「ドゥエ」は数字の2を意味するイタリア語。


アルコール度数をそのままストレートに名前にしてあって分かりやすいですね。


手摘みで丁寧に収穫され大切に作られた、甘口のスパークリングワインです。


ぶどうの甘みを存分に味わえる1本ですが、アルコール度数が低いため、ついついジュース感覚で飲みがち。


あくまでもお酒だということを忘れずに♪





2.サントリー ララン・ヴィーノ



サントリー ララン・ヴィーノ


画像出典:Amazon


2012年にサントリーから発売された新シリーズです。


アルコール度数は3%と、こちらもビールを下回る低度数になっています。


赤・白・高ポリフェノール赤の3種類。


500ml入りで500円を切るお値段もオススメしたい理由の一つです。


度数は低いながらもしっかりとぶどうを味わえる1本です。





3.チェレット モスカート ダスティ



チェレット モスカート ダスティ


画像出典:Amazon


イタリアのスパークリングワインで、アルコール度数は5.5%。


爽やかなモスカート(マスカット)の香りが魅力の1本です。


甘みつよくデザートワインとしてオススメ。


ワイン自体が甘いので、食べ物と合わせる時は塩気のあるものが合います。


1930年代に創立し「最上の畑で、最上の酒しかつくらない」というモットーを掲げるチェレット社渾身の低度数スパークリング白ワインです。





4.マルティーニ アスティ スプマンテ



マルティーニ アスティ スプマンテ
画像出典:Amazon


モスカート・ビアンコ100%の爽やかな甘さを持つイタリアのスパークリングワインです。


デザートワインとして飲まれることが多く、焼菓子やクリーム菓子、フルーツなど、どんなデザートにもぴったり寄り添ってくれる1本です。


世界で広く愛され、欧米諸国でNo.1のシェアを誇る大人気のワインです。


淡いピンクが可愛らしく女性の心をわしづかみにする「マルティーニ ロゼ」は、アルコール度数9%と、アスティ スプマンテよりは高くなるものの、10%を切る飲みやすいワインです。





5.サンテロ 天使のアスティ



サンテロ 天使のアスティ
画像出典:Amazon


アルコール度数は7.5%ほど。天使のラベルが可愛らしい1本です。


この天使は有名なサン・ピエトロ大聖堂にある礼拝堂のフレスコ画を元にしてデザインされたものです。


ワインと一緒に幸せを運んでくれる、まさに天の使いなんですね。


質の良いぶどうが採れるワイナリーで作られた「天使のアスティ」は、数々のコンクールで金賞を受賞、アスティ部門で1位の評価を受けた実績のあるスパークリングワインです。


柔らかい味わいで、特に女性に人気です。





6.レ グロッテ レッジャーノ ランブルスコ ドルチェ



レ グロッテ レッジャーノ ランブルスコ ドルチェ


画像出典:Amazon


パルミジャーノ・レッジャーノやボロネーゼ、パルマの生ハムなど、日本にもなじみ深い食品に代表されるエミリア・ロマーニャ州を主な産地とするワインが「ランブルスコ」です。


2000年以上も前から栽培されているという伝統ある品種「ランブルスコ」はファンも多く、専門に扱う業者もいるほど。


「レ グロッテ レッジャーノ ランブルスコ ドルチェ」はアルコール度数8.5%で、珍しいスパークリング赤ワインです。


渋くて重い印象のある赤も、スパークリングになることでとても飲みやすくなっています。





7.モーゼルランド アクツェンテ ドルンフェルダー モーゼル Q.b.A



モーゼルランド アクツェンテ ドルンフェルダー モーゼル Q.b.A
画像出典:Amazon


ドイツ最大のぶどう栽培生産者協同組合モーゼルランドの逸品です。


ぶどうを栽培する環境の整備から、適した栽培方法、収穫の日まで、エキスパートたちが話し合い、知識を共有し合ってつくりあげています。


赤ワインですが、アルコール度数は9.5%ほどで、白ワインと同じ10度くらいが飲みごろです。


暖かい季節にはよく冷やして飲むのがオススメ。


とくに赤の渋みや重さが苦手・・・という人には冷やすことで飲みやすくなるので、ぜひ冷たい赤ワインにチャレンジしてみてくださいね。






8.朝日町ワイン アイスエッセンス 氷の妖精



朝日町ワイン アイスエッセンス 氷の妖精
画像出典:Amazon


山形県の中央部、町の8割が国立公園などの山林という自然あふれる血に、朝日町はあります。


四季がはっきりと分かれたこの土地で、高品質なぶどうが栽培されています。


「アイスエッセンス」の名前の通り、熟したぶどうを凍らせて、浸み出るエッセンスを醸造して造ります。


トロピカルフルーツの香りを持つ、極甘口ワインです。


アルコール度数は10.0%です。




いかがでしたか。


以外と低度数のワインというのも種類が豊富ですね。


ワインはコルクを抜いた瞬間から酸化が始まります。


飲みきれないときはワインキャップやシャンパンキャップ(スパークリング用)を使って、おいしさを保つようにするのがオススメです。


ワイン気分な日のために、とっておきの1本を見つけてくださいね。

2015年9月29日

written

by jemima-jones


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop