現在17272個の困ったを解決できます!

2015月9月29日更新

空飛ぶサーフィン?!今年の夏はホバーボードがしたい!

0 views

最近、ホバーボードという言葉をよく耳にします!ホバーボードってなんですか?どこでできますか?教えてください(大学2年生・男性)


最近、「ホバーボード」という言葉をテレビや雑誌で見聞きしませんか?



ホバーボードは“空飛ぶサーフィン"ともいわれる、今、注目度が急上昇中のマリンスポーツです。


一体ホバーボードとはどういうものなのか。体験できるスポットは日本にあるの?


全部まとめてご紹介します!






ホバーボードとは?



ホバーボードはまだ誕生して間もない最先端のマリンスポーツです。


水面からボードごと浮かび、空中で自由自在に動けることから、まるで映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の乗り物のようだと注目が集まっています。


ではどうやって空を飛ぶのでしょうか。


ホバーボードの動力は水圧です。


スケートボードのような形のボードに噴射口が取り付けられており、そこから水を勢いよく噴射して空を飛び回ります。


最初はバランスが取りづらく乗りにくいですが、練習すれば、アクロバティックな動きも楽しめるようになります。


続いて、ホバーボードを楽しめるスポットを4か所ご紹介します。






【愛知県】三河湾



画像出典:asoview!


愛知県の三河湾で、マリンスポーツショップ「LIMIT」がホバーボード体験を行っています。


まずは10分(5,500円)の体験コースから始めましょう。


料金にはライフジャケット、ウェットスーツ、ヘルメット代が含まれています。


対象は15歳以上から。完全予約制で2名から受け付けています。


他にもLIMITでは、ウェイクボードやフライボードの体験、水上バイクの免許スクールなど、幅広いマリンスポーツが体験できますよ!


【公式HP】LIMIT


【住  所】愛知県西尾市東幡豆町小浜11-1


【アクセス】名鉄線「こどもの国駅」より徒歩約7分






【山梨県】山中湖



画像出典:山中湖さんすい公式blog


山梨県にある山中湖で40年以上ウェイクボード、水上スキースクールを主宰してきた「山中湖さんすい」によるホバーボード体験。


インストラクターがその人に合わせて丁寧に教えてくれるので、初心者でも安心です。


体験時間は約20分で7,000円。用具使用料とレッスン料が含まれています。


また、山中湖ならこのような絶景にも出合えます。




画像出典:山中湖さんすい公式blog


富士山です。雄大な山の姿を眺めつつホバーボードで空を飛べば、気分は最高潮に達します。


【公式HP】山中湖さんすい


【住  所】山梨県南都留郡山中湖村平野506


【アクセス】富士急行バス「山中湖旭日丘バスターミナル」より徒歩約2分






【大阪府】ときめきビーチ



画像出典:umimania


大阪府最南端の市町村、岬町にある「ときめきビーチ」は、大阪で水がきれいだと定評がある海水浴場。


ここでマリンスポーツ体験を実施している「umimania」がホバーボードのレクチャーをしています。


体験時間は初回30分で7,500円。


ライフジャケットやウェットスーツ、ヘルメットは現地で貸し出ししているので、当日は水着だけ持っていけばOK。


気軽にホバーボード体験ができるのがうれしいですね。


【公式HP】umimania


【住  所】大阪府泉南郡岬町淡輪6234


【アクセス】南海本線「淡輪駅」より徒歩約13分






【熊本県】パールサンビーチ



画像出典:パールサンビーチ


九州でもホバーボード体験ができます。


場所は熊本県の上天草市にあるパールサンビーチ。


「あまくさ海洋レジャーパーク(パールサンビーチ海の家)」が体験会を実施しています。


体験時間は15分で5,000円。その内、講習が5分、体験は10分となります。


レクチャーを行うのはホバーボード安全技術講習を修了したインストラクターなので、安心して学べますね。


完全予約制ですが、7月1日から8月31日の間なら、空き状況によっては予約なしで体験できる場合も。


海の家には温水シャワー、貸しロッカー、女性専用パウダールームがそろった休憩室もあります。


【公式HP】パールサンビーチ あまくさ海洋レジャーパーク


【住  所】熊本県上天草市松島町合津7584


【アクセス】JR線「熊本駅」より車で約1時間







終わりに



いかがでしたでしょうか?


最新&最先端のマリンスポーツ、ホバーボード。


水圧で空を飛ぶだけあって、ボードの上でバランスを取るのが難しそう…と尻込みしてしまう方も多いかもしれません。


ただ、コツがつかめれば間違いなく非常に気持ちのいいマリンスポーツです。


ためらう前に、今年の夏はぜひ一度チャレンジを!

2015年9月29日

written

by tomomiai-2


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop