現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月29日更新

見えないところもしっかり女磨き!この夏試したいおすすめのボディケア方法6選

72 views

プチプラなボディケア用品を紹介してください(大学2年生・女性)



見えないところほど、実は同性からのチェックが厳しいポイントでもありますよね。



今からでも間に合います!!!!


Bodyのケアは自分の為にも。お財布にも優しいボディケア6選をご紹介いたします☆






①ひじ、膝などの黒ずみケア



なかなか見落としがちな部分!


お風呂の中で使えるタイプのものが多く、私が持っているボディ用スムーザー(ハウスオブローゼなど)や


お気に入りでリピートしているひざピーリングジェルがオススメです。


ボディ用スムーザーは即黒ずみナッシンにはなりませんが、ピーリングは2週間も使えば効果が出ます。


こすっているとストレス解消にもなって使いすぎるので気をつけてください☆


フェイス用のピーリングジェルで代用しても良いですね。





②忘れがちな背中のケア



見えない部分だけに、薄着になるとうぶ毛ボーボーだったり、にきびがあってドン引きな事はよくある話。


ご家族と暮らしている方は「産毛剃って~」を頼んでも良いですね。でも一人暮らしだとそうはいかないですね。


背中は腕が届くまでの部分でOK♪ なぜかと言うとそこから下は、あまり産毛は目立ちません。


市販の女性用カミソリの切れにくい細工がしてあるもので優しく剃るだけで十分剃れます。


剃った後は、もちろん保湿ケアをしてください。背中はデリケートなので余分な成分が入っていない馬油などがおすすめ。


背中に手が届く孫の手みたいなケア製品は100均でも売っています☆





③かかとのケア



ここって見落としがち!!可愛いミュールだなぁと思って、ふとかかとを見るとガサガサで残念な人。


かかと用の軽石なんかでさっとこすって、あとのケアが一番大切!!


ベビーオイルなどオイル系が良いです。オイルを塗り込み・・・さっとでなくて滲み込ませるようにがポイントです。


終わったらベトベトがなくなるまで靴下を履いてください。履かないと滑るのでご注意を!!


あとは普通に寝るだけなんですが、このケアがあるのとないのではやっぱり違います。





④手脚やボディラインの保湿や美白ケア



日焼け止めクリームや焼けたくないので暑いのに長袖で、意外に乾燥している初夏のお肌。


手元に乳液があるなら代用できますが、あなどるなかれプチプラボディケア!!


高い商品はあまり沢山使いたくなくて量を減らしがちですが、ニベアなどプチプラだから少しくらいOK。


フェイスでもそうなんですが、高い商品を少量使うのと安い商品を沢山使うならばお肌には沢山使える方が良いんです。


そしてフェイスやボディの保湿やケアは、お風呂からあがって5分以内と言う鉄則をご存知ですか?


5分後以降は急速にお肌から水分が蒸発していくので、あがって即ケアです。


夏場は美白ラインのボディジェルがさっぱりしていて使い心地が良いです。


保湿に関してはインバスのものがお手軽でオススメです。そのあとで美白ケアでバッチリですね。





⑤脚のむくみのケア



今からオススメする方法は、リンパマッサージよりお手軽!!


ガン患者さんで子宮を摘出された方々はむくみが起こりやすく、そんな方々が愛用されているメディキュット!!


ドラッグストアで買える着圧ソックスです。


脚がだるい、疲れた・・・それって「むくみ」なんですよ。夏でも快適に使えるものや着圧がゆるめのも出ています。


寝る時は嫌!そんな方でも帰宅後から寝る前までの着用でも脚がスッキリです。


就活でバイトでお疲れの脚には、ぜひむくみケアを・・・


私は寝る時タイプと夏用タイプ二つ持っていますが、夏用はひんやりしていて良いですよ☆






⑥後姿は大丈夫?ヒップラインのケア



ヒップライン、鏡でみた事ありますか?痩せている人ほどヒップラインって気にしないです。


前からの見た目はバッチリでCuteなのに残念な人を見かけます・・・


ヒップラインの黒ずみは美白ラインでケアするとして。


ヒップラインを上げるには前も重要です。骨盤体操をしてズレを整えてからヒップアップ体操をしてください。


骨盤体操は仰向けに寝て、片足をたてて、あげていない方の脚へ倒すだけ!


これを左右してから両足を抱きかかえるようにして完了。


それから両足を立てて、ヒップをあげる!これだけです。これを10秒、3セット。必ずお尻はあがります。






今回のライターもやっているボディケア6選はいかがでしたか?


この夏からと言わず、ずっと続けていくと25歳以降の差がでてきて30歳になると歴然になってきます。


ボディラインやボディケアでビューティーになって、レジャーに出かけてみてくださいね♪


素敵な夏になりますように・・・☆


2015年9月29日

written

by herimo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop