現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月30日更新

原因は肩や目かも?!首の凝りを治したい時のチェックポイント3つ

0 views

首がよく凝って痛いです。解消法を教えてください(大学2年生・女性)


身体はすべてつながっています。


必ずしも痛みを感じている場所に痛みの原因があるとは限りません。


揉んでも、伸ばしても良くならない首の凝り。


もしかすると、原因は肩や目かも!





1首はデリケート



最近、首凝りを訴える人が増えています。


中には首凝りに悩む小さなお子さんもいらっしゃいます。


その原因として大きいのがパソコンやスマホの普及です。


夢中になって悪い姿勢を続けていると、首凝りの原因になります。


首凝りは、首の不調だけでなく他の症状も引き起こします。


頭痛、めまい、だるさ、集中力の低下、イライラ。


色んな不調の原因となります。


交通事故で首を痛めた方が、その後何年も首の不調に悩まされています。


首はとてもデリケートで、体調に影響を与えます。


首の凝りを解消するために、強く首を揉んだり、激しく首を回したりしてはいけません。


強く揉み過ぎると凝り返しの原因となり、凝りがさらにひどくなってしまいます。


ご自分で凝りを悪化させてはいませんか?





2首凝りと肩こりの関係



首から肩、背中にかけてつながっている大きな筋肉「僧帽筋(そうぼうきん)」があります。


長く同じ姿勢でいると僧帽筋が緊張して疲労物質がたまり、凝りの原因となります。


ひどい時は肩甲骨の辺りまで凝ってしまいます。


こうなると、いくら首だけ一所懸命ほぐしても首凝りは治りません。


首凝りがなかなか治らない時は肩や背中の凝りも疑ってみましょう。


長時間同じ体制を取り続けないことが予防になります。


しかし、どうしても無理な時は休憩をこまめに取りましょう。


休憩中に首や肩を回したり、肩甲骨を縮めたり広げたりするといいでしょう。


湯船につかり、首、肩、背中を温めましょう。


血行を良くすることが凝りの解消に効果的です。






3目の疲れと首凝りの関係




長時間パソコン作業やスマホをはじめ、目を使う作業をしていると目が疲れます。


目に痛みが出たり、充血したり、ひどくなると頭痛や吐き気も引き起こします。


目の疲れからさまざまな症状が現れることを眼精疲労と言います。


もし目を酷使している心当たりがあれば、首凝りの原因は眼精疲労かもしれません。


このような場合、目の疲れを解消しないと首凝りからは解放されません。


眼精疲労にならないために、一番の予防策は目を使い過ぎないことです。


しかしながら、仕事やレポートの提出など、根を詰めてしまうこともあります。


休憩中に目をくるくる回したり、近くの物と遠くの物を交互に見たり、目の運動をしましょう。


疲れからくる目のかすみの解消に有効です。


ホットタオルを目の上にのせて温めましょう。


目の周りの血流がよくなり、疲労が回復します。


コンタクトやメガネを使用している方、度数は合っていますか?


度数が合っていないと眼精疲労の原因となります。


定期的に病院で診てもらいましょう。


目に良いとされているブルーベリーのサプリメントを試してみてもいいですね。



以上、「首凝りを治したい時の3つのチェックポイント」でした。


首凝りの後ろに本当の不調が隠れていることがあります。


本当の原因を知らなければ、不調はなくなりません。


あなたの首凝りの原因は本当に首の不調ですか?


なかなか首凝りが治らないという方、肩が凝っていませんか?目が疲れていませんか?

2015年9月30日

written

by cafesera


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop