現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月13日更新

ベタだけど嬉しい♡「なんでもない日の花束プレゼント」で彼女の心をつかんで!

5288 views

何か特別な日というわけでないのですが、日頃の感謝をこめて彼女に花束をプレゼントしたいなと思います。
どんな花があってどういう花が女性は喜ぶのか分からないので教えてください。(大学4年生・男性)
なんでもない日に花束をもらった乙女たちのコメント。
ライターも読んでいてニヤついてしまいました^^
なんにもない日にあげる事が、サプライズで実は嬉しかったりするんですよね。
忙しくてなかなか逢えない時にも!!花瓶に困るのでアレンジメントフラワーや、花瓶とセットが良いですね。花束をもらった彼女

チューリップ

チューリップはかわいらしい花なので喜ばれる事、間違いなし。
ただし、気をつけてほしいのは色によってわかれる花言葉。
嬉しい彼女が花言葉を調べてみてガーーーンなんて事にならないように、ここでちゃんと書きますね。
黄色、白はNG!「別れ」「かなわぬ恋」と言う意味です。
お間違えのないように・・・!!ピンクは「誠実な愛」、赤は「愛の告白」です。



ガーベラ


画像出典:World Flower Service

いろんな色があり、丸くて可愛いです。
ライターがむか~し、ある人から「私にピッタリだと思って・・・」と渡されて、とっても嬉しかった記憶が^^。
淡い淡い思い出なんですけどね(どうでも良いですよね)
ちなみに花言葉は、赤は「いつも前へ進め」「戦いに挑め」と言う前向きな花言葉です。
ピンクは「熱愛」「崇高美」で結婚式にもよく使われる花。オレンジは「神秘」です。



ひまわり

いわずと知れた、元気になる花ですね。
これからの季節はお花屋さんでもよく見かけるはずです。
黄色のお花を飾ると精神安定や穏やかになるというカラーの持つ意味を踏まえての・・・花言葉は?
ジャジャーン!!!
「あなただけを見つめる」です。愛する彼女にピッタリの花言葉ですよね☆

かすみ草

こんなにカラフルなかすみ草だと、花束にしても可愛いですよね。
普段は縁の下の力持ちな役割ですけどメインで!
花言葉は「人の魅力を引き出す」「清らかな心」「幸福」などです・・・☆
カラフルなものだと元気になりますね。



百合


画像出典:花キューピット

百合・・・花言葉は「純粋」「無垢」「威厳」です。
匂いもとても芳しくて、女性に大変喜ばれるとか・・・気をつけてほしいポイントが!
花粉が服に付くととれません。
お花屋さんでは取ってくれますが、つぼみが咲いたらプチッと花粉の部分だけティッシュで取るように一言添えてください。

芍薬(しゃくやく)、ピオニー


画像出典:Rosarium

みんな知らないでしょう・・・。美人の代名詞なんですね。
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と美しい女性の事を例えられているんです。
はじまりは江戸時代から。歴女の彼女なら知っているはず。^^
芍薬は世界三大美女の一人「小野小町」にもっとも愛されたお花なんですね。
英語ではピオニーと言い香水にも使われています。
つぼみはコロンと丸く、開けばバラよりも大きい。
夜になると閉じてしまう事から「謙遜」や「はにかみ」の花言葉が。
ライターの家には、まさしくタイムリーに自分で買ってきた芍薬が飾ってあります。




バラ


画像出典:斉藤ばら園

知らない人はいないでしょう!!
バラですね。バラはその匂いに、女性をとても美しくさせる効能があり、様々な化粧品やアロマに香水まで幅広く使われています。
真っ赤なバラは照れくさくても、ピンクだったら可愛らしくて素敵ですよね。
でも黄色のバラの花言葉は良い意味、悪い意味を両方持ってるので避けておく方がベターです。
そして青のバラ、少しピンク紫なんですけど花言葉は「奇跡」。
オススメです。とてもロマンチックですよね。
又、本数によって意味が変わるのでお花に詳しい彼女には下記を参考に。
・1本・・・・・一目ぼれ
・2本・・・・・この世界は二人だけ
・3本・・・・・愛しています、告白
・6本・・・・・あなたに夢中
・7本・・・・・ひそかな愛
・11本・・・・最愛
・15本・・・・永遠の友情
・99本・・・・永遠の愛、ずっと好きだった
・108本・・・結婚して下さい
・999本・・・何度生まれ変わってもあなたを愛する
なかなか999本用意できないと思いますけどね^^

以上、ベタだけど嬉しい♡は少しは参考になりましたでしょうか?
必ず、花瓶と一緒にか、アレンジメントフラワーだと飾ったりの手間が省けて喜ばれる事間違いなしです。
お花は疲れていたりする時に飾るとパワーアップしてくれるそうです
なんにもない時より、忙しくてあまり会えない時や落ち込んでいる時なども効果的ですね。

2015年10月13日

written

by herimo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop