現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月13日更新

これでストレスフリーに!寝る前に心を落ち着けるための5つの方法

1743 views

最近夜寝る前に目がぱっちりしていて寝られません。
どうしたらリラックスできるのか教えてください。(大学3年生・男性)
終わりよければすべてよし、といわれるように、
疲れた日でも楽しかった日でも、一日の終わりをどう過ごすかはとても大事なことです。
寝る前にリラックスして過ごすことが、その夜の眠りを大きく左右することはもちろん、翌日の目覚めにも影響します。

今回は、そんな寝る前に心を落ち着けるための方法を5つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。心を落ち着かせて睡眠する女性

お風呂と肌触りのいい衣服

一日の疲れを洗い流す入浴は欠かせません。
夜は体温に近いぬるめのシャワーでの入浴が刺激も少なく、おススメです。
清潔にすることや、肌触りのいい衣服を身に着けることで、緊張していた身体が緩みます。
身体の緊張がほぐれると、心もより落ち着きますよね。


間接照明で過ごす

夜は眠る態勢に入る準備として、間接照明などに変えてみましょう。
どんなライトでも構いませんので、光が直接目に入らないように、モノの陰に置くだけでもOK。
植物などの足元に照明を設置すると、天井や壁に葉っぱや花が映し出され、より幻想的で癒されます。
眠る1~2時間前には、携帯の強い光や、蛍光灯の灯りなどは避けて過ごしてみてはいかがでしょうか。


好きな音楽を聴く

テレビなどは光も音も刺激が強いことがあるので、寝る前は、好きな音楽を聴くことも、心を落ち着かせる方法のひとつです。
おススメはクラシックですが、クラシックには人間の脳にとてもいい効果があるといわれています。
私たちの脳は普段、言語脳である左脳をよく使うといわれていますが、
クラシックは非言語脳である右脳に働きかけ、左脳を休ませてくれるという効果が期待できます。
特に、考えごとや悩みごとが沢山ある方は、まさにフル回転で疲れた左脳を休ませることができるのです。
現代はスマートフォンの普及で、様々なジャンルの音楽を手軽に聴くことができるようになっていますよね。
それらを上手に活用して、お気に入りのリラックス曲集を自分で作ってみましょう。


ホットミルクを飲む


ホットミルクを飲む女性ひと肌ほどに温めたホットミルクを、眠る1時間前などに飲むと、入眠がスムーズになります。
牛乳に含まれるトリプトファンという必須アミノ酸が働き、睡眠を促すセロトニン、
さらには形を変えて睡眠ホルモンであるメラトニンへと変わり、深い眠りへと誘導してくれます。
また、ビタミンB12が自律神経のバランスを整えてくれるため、リラックス効果も高まります。
ホットミルクが、夏は冷たい食べ物や飲み物で疲れた胃腸を癒し、冬は冷えたカラダを温めてくれます。



布団に入って、深呼吸

もっとも簡単にできるリラックス方法が、深呼吸です。
寝ている間に、酸素が十分に行きわたらないと、翌朝疲れが取れていなかったり、寝覚めが悪くなったりしてしまいます。
布団にあおむけに眠ったら、優しくお腹の上に両手を置いて、ゆっくりと深呼吸。
身体に空気が入っていることを、お腹や胸のふくらみでチェックしてみましょう。
また、呼吸は息を吐くとき、副交感神経というリラックススイッチに働きかけてくれます。
コツは、細く、長く、ゆっくりと吐く息を意識して、深呼吸を行うこと。
また、胸部分である大胸筋や、腕の疲れは呼吸に大きく影響しているので、
深呼吸の前に軽くほぐしてマッサージやストレッチをすると効果がアップします。
何かを我慢したり、ストレスを抱えている人は、こぶしでグーを握ると力の入る「腕の内側」に力が入っているため、
肩が内向きになっていたり、猫背気味になっています。
それらが呼吸を浅くする原因となっているので、深呼吸がしづらいという方は、まずはストレッチなどから入ることをおススメします。

いかがでしたでしょうか?
どんどん溜まってしまったストレスは大きくなるほど、解消することに、さらなるエネルギーを必要としてしまいます。
毎日の夜の過ごし方をちょっと工夫するだけで、その日の疲れやストレスはその日で流され、同時に豊かな睡眠へと繋がります。
以上を参考に、ぜひ少しでも、ストレスにとらわれない心地よい生活を手に入れてくださいね。

2015年10月13日

written

by maime


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop