現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月17日更新

どうしてる?同棲の生活費用を上手に分担する5つのコツ

578 views

 彼女と同棲生活をはじめようと思ってるのですが、みなさん金銭面はどうされているのでしょうか?(大学3年生・男性)


同棲のお金

© mnimage - Fotolia.com

同棲という言葉を聞いて、皆さんは何を感じますか?



憧れる!と思う方も多いかもしれません。そうですよね、好きな人と一緒に暮らせるなんて夢のようです。一緒にご飯を食べ、一緒にお風呂に入って、一緒に寝て…そう、いつも一緒にいられるのです。
そんな夢あふれる同棲生活ですが、現実は夢のように上手くいくことばかりではありません。育ってきた環境が違う二人が一つ屋根の下で暮らす…これはとっても労力のいる作業なんです。

中でも問題になりがちなのが費用のこと。どちらがどれだけ払うのか決めておかないと絶対に揉め事が。そうならない為に、同棲費用を上手に分担する5つのコツをご紹介します。




はじめにしっかり決める



一人暮らしの相手の部屋で暮らすようになるパターンなどが多いと思います。そんな場合って、元々相手の口座から家賃などが引き落としになっているはずです。


じゃあ費用はどうするんだろう…そう思いますよね。相手に一方的に頼ってしまっては不満が出てきがちです。


どんなに好き同士でも必ず揉めますので、最初によく話し合いましょう。


費用分担を途中で変更するのは大変です。なんとなくスタートしてしまわないように。


お金のことは言いにくいですよね…でも、はじめが肝心!




収入を教え合う



今どれだけの収入があるのか、給与明細などを見せ合って相手に伝えましょう。


収入を言えないという人は同棲には向いていないかも…?


一緒に暮らすということは二人で協力するということです。どちらか一方にばかり負担があるようではなかなか上手くいかないですよね…。


自分のことを相手にきちんと伝えるのが、楽しく過ごせるポイントです。




共通財布をひとつ作る



是非おすすめしたいのが、お互いの収入の中から話し合って決めた金額を共通財布の中に入れるやり方。その財布から全ての同棲費用を払います。

ここで言う話し合って決めた金額というのは、必ずしも同額である必要はありません。


上手くバランスが取れていて、お互い納得する金額を決めることが重要です。


勿論、納得していれば同額を出し合っても構いません。



 

家事分担も一緒に考える



費用とは直接関係ないように思うかもしれませんが、家事も重要な仕事です。


同棲費用を考える時は必ず家事分担も一緒に考えて下さい。


出来ればどちらか一方が全ての家事をするというのはやめた方がいいです。


ごみ捨てでもお風呂掃除でもいいので何かしましょうね。


そして常に感謝の心を持つ!





資金を完全にひとつにしない



ある程度貯蓄があったり収入があれば、いずれ結婚してひとつの財布になるのだからと全ての資金を一緒にまとめてしまう場合がありますが、これはよくありません。


あまり考えたくないですが、万が一のことって男女にはありますからね。


それぞれ自分の口座をきちんと持ったままでいましょう。



 

いかがでしたか?


憧れていた同棲生活とは全然違う!と思われるかもしれません。


何か堅苦しいなぁとか、自由がないと思ってしまう時があっても、相手を思いやる心と感謝の気持ち、そして何より相手のことが好きだという強い思いがあれば、きっと幸せな日々になるはずです。


一緒に暮らすと相手のいろんな面が面が見えてきます。


もっともっと、好きになれるはず!


楽しい同棲生活を送って下さい!

2015年3月17日

written

by acchanman


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop