現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月26日更新

美味しく健康に!ココアの秘める4つの効能

294 views

 

ココアって健康にいいのですか?それとも甘くて体に悪いのですか?教えてください!(大学2年・女性)


ココア

© wnphoto - Fotolia.com

あまーいカカオの香り。


ほっこり幸せな気分になれる飲み物ですよね。


実はココアはただ美味しいだけではなく、美容・健康にも優れた効果を発揮するんです。


ここでは、その主な効能を4つご紹介します。




1. 美肌効果



ポリフェノールを豊富に含むココア。


「カカオポリフェノール」が持つ高い抗酸化作用には、老化の原因である活性酸素を抑える働きがあるそうです。


また、紫外線で傷ついた肌を修復する効果もあるとされています。


ニキビやニキビ跡、シミ、シワの予防も期待できるようですよ。



 

そして、女性に多い便秘。


便が居座っていると、有害物質やガスが発生します。


それがそのまま吸収され、水分や血液に混ざってしまうのです。


また、自律神経が乱れている状態なので、新陳代謝が正常に機能していません。


ターンオーバーもうまくできず、古い角質が残ります。


便秘が続くと肌荒れが気になってくるのは、こうした原因からなのです。



 

ココアにはリグニンという不溶性の食物繊維が豊富に含まれているため、便秘にも効果があるとされています。


朝の時間帯にココアを飲むと、活動し始めようとする腸に刺激を与えるため、特に排便を促してくれます。



 

2. 冷え性改善



ココアに含まれる「テオブロミン」には、末梢血管の拡張作用があるそうです。


そのため血流が促進され、体が温まります。


そしてその温度が上昇してからの時間が長く継続することも特徴的です。


なんと、体を温める食材として有名な生姜と比較しても、ココアの方が持続効果が高いそうですよ(即効性は生姜の方が高いです)。



 

夏でも手足だけは冷たい…という女性も多いですよね。


冷え性改善には運動や入浴も効果的ですが、ココアも上手に取り入れると良いかもしれませんね。



 

3.病気の予防



ココアには抗菌作用も期待されているそうです。


胃潰瘍などに関連が深いとされるピロリ菌や、病原性大腸菌O-157の増殖を抑えるなど、細菌の感染に効果があります。


また、森永製菓が、インフルエンザ感染に対する予防効果が期待できるとの発表をしています。


「カカオポリフェノール」が自然免疫力を高め、ウイルスの感染から守ってくれます。



 

他にも、虫歯予防の効果があったり、鉄分の含有量が多いので貧血にも良いとか。


何をするにも体が資本。


病気とは無縁の丈夫な身体を手に入れたいですね。



 

4.安眠作用



ココアを飲むと、なんだかホッとしますよね。


「カカオポリフェノール」には、ストレスを和らげ、同時にストレスへの抵抗力を高める働きがあるそうなんです。


ほろ苦さの元となる「デオブロミン」には、自律神経を整え、リラックスできる作用があります。


ココアにはカフェインが入っていないので寝る前でも大丈夫。


疲れが溜まっている、なかなか眠れない…という人は、眠る前に飲んでみてはいかがですか?



 

まさに万能薬といっても良いくらい、様々な効果があるのですね。


書いていたら久しぶりにココアが飲みたくなってしまいました(笑)。


とはいえ、市販されているココアには糖分やミルクを加えて飲みやすくしているものが多いので、カロリーは高めです。


飲みすぎには注意して下さいね。


普段の生活の中に適度にココアを取り入れ、健康美人を目指しましょう!



 

2014年6月26日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop