現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月13日更新

恋愛相談する人、ちゃんと選んでる?ベストな相手のタイプ6パターン

2760 views

最近彼との関係でずっと悩んでいることがあります…
誰かに相談したいけど、誰に相談すれば良いのかわかりません。(大学3年生・女性)
恋愛で悩んでいる人はいませんか?そんなとき恋愛相談相手はとても重要です。
そこで今回は、失敗しないベストな相談相手のタイプ6パターンをご紹介します。



1.じっくりと話を聞いてくれる聞き上手


聞き上手まずはどのような状況なのか、相手に知ってもらう必要があります。
話の腰を折らずに最後まで聞いてくれる人は、まずあなたのことを理解しようとしてくれている証拠です。
その反対に、やたらと自分のことを話したがる人は、あなたの話を聞き流している可能生があります。



2.具体的な経験や言葉をふまえて話す人

相談相手によっては恋愛経験の豊富な人や、そうでない人がいるでしょう。
そこで一番重要なのは、相手の恋愛経験の数ではありません。
いかに自らの経験をふまえて言葉を選んでアドバイスをくれるかです。
例えば、「私のときもそんな感じだったよー」とかなり大まかに話されても、結局どのような感じだったのかわかりませんよね?
それよりも、「私のときは◯◯だったから、◯◯の話をしてみたよ!」と具体的に話してくると説得力や信憑性があります。



3.なんでもかんでも応援しない人


会話をする女性相談相手は、おそらくあなたが信頼をおいている人でしょう。
ですので、決してあなたを傷つけるような言葉はかけません。でもあなたが話すまますべてを肯定する人は要注意です。
「◯◯なら大丈夫だよ!」となんの根拠もなく言われても、少し自信はつくかもしれませんが、結局はなんのアドバイスにもなりません。
「焦らない方がいい」、「こうした方がいい」など冷静な判断と助言ができる人の方がベストです。



4.ある程度の恋愛経験がある人

恋愛経験の数は必ずしも一番重要ではありませんが、相談相手はある程度の恋愛経験がある人が良いです。
恋愛経験がある人であれば、アドバイスにも根拠がうまれます。
恋愛経験のない人の想像や概念、価値観で話をされても、現実は中々上手くいかないことが多いです。
同じように悩み、相談をする側だった人だと、よりあなたの気持ちに共感してくれるでしょう。



5.あえて近すぎない第3者の立場から話してくれる人


話を聞く女性仲の良い友人に恋愛相談する人が多いでしょう。
相手も自分のことをよく知っていて、自分も相手のことを知っているので、とても話しやすい雰囲気があります。
でも客観的な意見をもらいにくいことがあります。そこであえて違うタイプの人にアドバイスを貰うと良いでしょう。
それは異性の人であったり、年上の人であったり、様々です。それまでになかった新しい考えがうまれるかもしれません。
いつも1人の人が正しいとは限りません。
少し違った角度から見てみることで、あなた自身が決断するときに役立っていくでしょう。




6.兄弟、姉妹、両親など家族

恥ずかしくて家族に恋愛相談なんてできない!という人が多いかもしれません。
そんな人ほど1度家族の誰かに相談してみることをおすすめします。
意外に親身になって相談にのってくれるかもしれませんよ?
もし好きな相手と上手く行けば、その後あなたの良い味方でいてくれるはずです。
家族からのサポートほど得難いものはありません。

いかがでしたでしょうか?
あなたのその後を左右する重要な恋愛相談です。
相談相手は慎重に選んで、あなたのベストな相手を見つけて下さいね!

2015年10月13日

written

by saho


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop