現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月3日更新

絶対に泣ける!家族で観たい感動映画10選

1751 views

夏休みなので家族で映画を見ようということになりました。感動するようなおすすめの映画を教えてください。(大学1年生・男性)
夏休みも近づき、ご家族で過ごす時間が増える人も多いと思います。
久しぶりに、家族そろって映画でも観てみませんか?
気が付いたら泣けてくる、家族を描いた感動映画を集めてみました。



ライフ・イズ・ビューティフル


ライフ・イズ・ビューティフル画像出典:Amazon


ムッソリーニによるファシズム政権下のイタリアが舞台。
収容所に送られたユダヤ系イタリア人家族の物語です。
幼い息子が素直で可愛く、とても切ないです。



ニュー・シネマ・パラダイス


ニュー・シネマ・パラダイス画像出典:Amazon


イタリア・シチリアの小さな村の映画館をめぐる物語。
映画好きの少年と映写技師の友情、少年の成長が描かれています。
映画ファンに愛されている名作です。



みんな元気


みんな元気画像出典:Amazon


日本未公開のロバート・デ・ニーロ主演の映画。
実は、ニュー・シネマ・パラダイスの監督が作ったイタリア映画のリメイクです。
妻を亡くした主人公と大人になり疎遠になった子供たちが、家族の絆を取り戻すまでが描かれています。



クレアモントホテル


クレアモントホテル画像出典:Amazon


イギリスの女性作家エリザベス・テイラーの小説を映画化。
ロンドンの小さなホテルを舞台に、老婦人と青年の心温まる交流の日々を綴っています。
高齢化社会の寂しさも描きながら、主人公の老婦人の気高さが素敵です。



西の魔女が死んだ


西の魔女が死んだ画像出典:Amazon


梨本花歩のベストセラー小説を映画化。
おばあちゃんと孫娘の愛と驚きに満ちた「魔女修行」と、突然の別れを描いた作品。
とてもステキなおばあちゃんです。



手紙


手紙画像出典:Amazon


東野圭吾の社会派小説を映画化。
誤って殺人を犯してしまった兄とそのために差別を受け、苦しんできた弟。
罪を犯した人間の家族がどんなに苦しむのか、観ていてつらくなります。でもぜひ最後まで見てください。



鉄道員 ぽっぽや


ぽっぽや画像出典:Amazon


浅田次郎の同名小説を映画化。
北海道の幌舞線の終着駅を舞台に、鉄道員として生き抜いた男の映画です。



幸福の黄色いハンカチ


幸福の黄色いハンカチ画像出典:Amazon


ピート・ハミルの原作を寅さんの山田洋次監督が映画化。
模範囚として六年の刑期を終えた男が、行きずりの若者二人と共に、妻のもとへ向う姿を描いています。
昭和の懐かしい北海道の景色が楽しめるロードムービーです。



愛と哀しみのボレロ


愛と哀しみのボレロ画像出典:Amazon


ヘルベルト・フォン・カラヤン、グレン・ミラー、ルドルフ・ヌレエフ、エディット・ピアフ。
国籍の違う四人の音楽家たちをモデルに、1930年代から1960年代にわたる波瀾に満ちた人生を描く長編映画。


四家族二世代にわたる物語なので、少しわかりにくい部分もありますが、最後で全てがつながります。
音楽とバレエが素晴らしい作品です。




愛と宿命の泉


愛と宿命の泉1 愛と宿命の泉2画像出典:Amazon

マルセル・パニョルの原作をもとに映画化。1
920年代のフランスのプロヴァンス地方の農村を舞台に、泉をめぐり二代にわたって展開する愛憎劇です。
第一部〈フロレット家のジャン〉、第二部〈泉のマノン〉の二部構成からなる長編映画。
フランスの名優たちが出演している、とても見ごたえのある作品です。




古い作品が多くなってしまいましたが、いかがでしたか?
まだ観ていない作品がありましたら、ぜひ、ご家族でご覧になってみてくださいね。

2015年9月3日

written

by yoochin


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop