現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

お父さんお母さん世代に人気!懐かしのおすすめレトロ文房具

3060 views

レトロなものが好きで集めているのですが、今度は文房具を集めようと思ってます。何かおすすめがあれば教えてください。(大学3年生・女性)




文房具も沢山ありますが、最近は昭和世代…お父さんやお母さんが使っていた文房具に焦点をあてて販売している店も増えてきました。

そこで、今回はレトロな文房具とそれを取り扱っている通販ページを紹介しますね!




どうぶつのり




のりと言えばコレ!といった動物の顔が付いた可愛らしい黄色のケース。付属品のへらで紙の後ろにぺたぺた~とのりを塗って…紙に貼りつけ!ちょっとはみ出して指についてしまう所も御愛嬌でした。ちなみにでんぷん100%で安心安全だとか…確かに小学生や幼稚園の頃ってなんでも口に入れてしまう時期がありましたよね!


こちらのサイトから購入することが出来ます。


ASKUL(商品画像もこちらのサイトより)




ロケット鉛筆




透明のプラスチックのケースの中には、同じプラスチックで支えがついた鉛筆の芯が何本か入っています。芯が丸くなったらそれを抜いて、ロケット鉛筆の天頂部に差し込むと…あら不思議!とがった芯が出てきた!という押し出し式のペン先を交換するようなシステムになっているコレ。色々な柄やキャラクターがプリントされ、鉛筆からシャーペンに移行するまでの過渡期に使用されました。


学校で先生に「シャーペンは駄目!」と言われたら「ロケット鉛筆だもん!シャーペンじゃないもん!」と言って先生を困らせた人も居るのでは…?


こちらのサイトから購入できます。


100円雑貨&日用品卸-BABABA (商品画像もこちらのサイトより)




バトル鉛筆




バトル鉛筆、略してバトエンです。鉛筆にはドラゴンクエストのモンスターや登場人物の絵が書いており、転がして「こうげき」や「ぼうぎょ」・「まほう」といったコマンドを決定。学校の机で互いに熱いバトルを繰り広げるのです。付属品のキャップもあり、キャップを装備すると防御力や攻撃力がアップするという特殊装備!これでどこでもドラクエ!といったバトル鉛筆が大流行りしたものです。今でも何となく写真を見ていると当時の記憶がよみがえってくる…というお父さんも居るのでは?


こちらのサイトから購入できます。


おもちゃのジャンボ(商品画像もこちらのサイトより)




ミッキーナイフ




これ、何だと思いますか?これはミッキーナイフです。昔はこういったナイフで鉛筆を削っていました。鉛筆削りはもちろん、電動のものもなくて昔は皆学校でカッターや小刀で鉛筆を削ったんですね。筆箱を圧迫しないサイズのこのナイフは当時とってもお役立ち品でした。


こちらのサイトから購入できます。


山田文具店(商品画像もこちらのサイトより)




ラッションペン




こんなペンを使った記憶はありませんか?懐かしいセットですよね。こちらも大変お世話になった方が多いはず。水性ではありますが、軽くて書きやすいこのペン。カラーも豊富で、絵を描いたりポスターに使用したりした方も居るかと思います。


こちらのサイトから購入できます。


カウモール(商品画像もこちらのサイトより)




BOXY鉛筆削り




30年前に一世を風靡したのがこの鉛筆削りです。洗練されたデザインと、使いやすさ。サイズも掌にピッタリで驚くほどでした。色もブルーやブラック・イエローという三色展開。もちろん、筆箱にランドセルにポケットに…とどこにいれても負担にならないサイズでした。ぜひこの機会にお父さんにプレゼントしてみては?


こちらのサイトから購入できます


昭和レトロ倶楽部(商品画像もこちらのサイトより)




おどうぐばこ




ありましたね…小学校時代はこれを机にいれて、引き出し代わりに使っていたものです。プリントや教科書・ノートを入れたり。給食のパンを中に突っ込んでカビを生やした強者もクラスに一人は居ました…。あの頃の思い出がよみがえってくる懐かしい一品です。


こちらのサイトから購入できます


山田文具店(商品画像もこちらのサイトより)




ロング補助軸




こちらも懐かしい一品ですね!どんどん短くなる鉛筆を助けてくれる、筆箱にあると凄く便利なアイテムでした。メッキの部分が高級感を感じて、何となく子供心を擽る一品だった事を記憶しています。最近はあまり鉛筆を使う機会も無いかもしれませんが、このチャンスに鉛筆デビューするのも素敵かもしれませんよ!


こちらのサイトから購入できます


山田文具店(商品画像もこちらのサイトより)





最後に



いかがでしたか?きっと皆さんのお父さんやお母さんは「懐かしい!」と思ってくれると思います。今使っても色褪せない魅力があるものも…ぜひチェックしてみて下さい。



 

 

2014年6月16日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop