現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月14日更新

画面見過ぎてない?疲れ目にならないための心掛け6つ

251 views

最近パソコンを使うことが多くて、目が疲れてしまいます…(大学1年生・男性)

疲れ目私たちの生活には、パソコン、スマホはかかせません。勉強で調べ物をしたり、レポートを書いたり、ラインやメールにゲームや動画サイトと一日何時間も画面を見ていませんか?疲れ目が原因の肩こり、頭痛つらいですよね。ちょっとした心がけで、疲れ目を防ぐことができます。参考にしてみて下さい。



1 パソコンなどの画面を見るときは、1時間に1度は休憩を。

長時間画面を見ていると、目がかすんだり、見えにくさを感じたりしませんか。それは、疲れ目の症状のひとつです。1時間に1度は、少しだけ目を休めましょう。例えば・窓の外をぼんやり眺める。(緑を見ることができれば最高です。)・まばたきをしたり、少しの間目を閉じる。(涙の分泌を促したり、目の筋肉がリラックスする。)1時間を意識して、目を休める習慣をつけるといいですよ。





2 目を温めたほうがいいとき、冷やしたほうがいいとき。

目を温めると、血流が目の筋肉よくなりますし、筋肉もやわらかくなります。疲れ目にはいいです。蒸しタオルや、温めるアイピローを使うと便利です。熱すぎないように気を付けて下さいね。しかし、充血がひどいときは炎症をおこしているかもしれません。このような時は、温めると悪化することもあるので冷やしてください。あまりにもひどいと時は 眼科を受診しましょう。





3 目にも紫外線対策を。

私たちは、お肌の紫外線対策は工夫していますが、目にはあまり気を付けていないのでは。夏の海などの紫外線、冬のゲレンデの紫外線。アウトドアのレジャーの後で、目が赤くなることありませんか?紫外線で目が疲れているときに、いつもどうりにスマホ等の画面を見ると、目への負担は大きいです。今は、いろんな種類のサングラスがあります。普段から目を守るように気を付けましょう。





4 目のマッサージと目に効くつぼ

目が疲れてくると、無意識にこめかみ辺りに手をやったりしませんか?「こめかみマッサージ」は、目の疲れに効果があります。図のようにやってみてください。画像出典 全国健保組合人差し指と中指をこめかみにあて、くるくると円を描くように押します。力を入れすぎないように、やさしく押して下さい。画像出典 つぼ道場次に、目の疲れ、ものもらいや結膜炎等にも効果のある「ツボ」をご紹介します。上の図にあるツボは眼(がん)といい、耳たぶのちょうど真ん中にあります。このツボを、お親指と人差し指で挟むようにしながら、少し力を入れて押し揉むようにします。





5 睡眠を充分とること

先ほど、目を閉じると筋肉がリラックスするので、疲れ目予防にいいことを書きましたが、眠るということは少しの間目を閉じるよりも、もっと筋肉のリラックス効果があります。光が入らない状態で目を休めましょう。6~7時間睡眠をとるとよいと言われています。






6 疲れ目にならない食事とは。

食事をバランスよくとることは、健康にいいことはどなたも知っていると思います。ブルーベリーやシソが、目にいいことを聞いたことはありませんか?それらに含まれるアソトシンが効果があります。他にも、疲れ目に効くといわれている、ビタミンA・ビタミンB1、B2・ビタミンCやカロチン等の栄養素を、普段の生活の中で、取り入れるようにするといいですよ。 いかがですか?少しの心掛けで、目も肩こりもぐっと楽になるかもしれません。是非、お試し下さい。








2015年10月14日

written

by hhhasumi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop