現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月3日更新

とりあえず明日を乗り切れば...!「急場しのぎ」の疲労回復方法4選

0 views

とっても体がしんどい時に使える、急場しのぎの疲労回復方法を紹介してほしいです。(大学4年生・男性)
とっても疲れているけれど、あと1日なんとか頑張らないといけないことありますよね。
そんなあなたへ、とりあえず明日1日頑張る為の疲労回復方法をご紹介します。

睡眠


睡眠
睡眠が大切なのは皆さんご存知だと思います。
疲れが取れる睡眠について、ご紹介しましょう。

よく質の良い眠りという言葉を聞きませんか?
質の良い眠りって一体どんなことなんでしょう。

人は浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を繰り返しています。
このノンレム睡眠の時に、脳が休息し疲れが取れるんです。
寝付いてから3時間ほどがノンレム睡眠になります。

この時にいかに体も脳も休ませられるかが、疲れを取る鍵になります。
その為に必要なことは食事は寝る3時間前までに、お風呂は寝る1時間前までに済ませることです。
寝る前はパソコンや携帯を見るのもやめておきましょう。

ベッドに入ったらゆっくりと腹式呼吸をして、体をリラックスさせていきます。
部屋はできるだけ真っ暗な状態にしましょう。
難しい場合はアイマスクをするのがおすすめです。

食事


食事
疲れていると、あまり食欲が湧かなかったりしますよね。
けれど、食事は大切な栄養補給です。

疲れを取るためには、クエン酸を摂取することが大切です。
クエン酸が含まれているレモンや梅干しなどは疲労回復だけでなく、食欲増進にも効果があります。

他にもネバネバ食材が疲労回復には役立ちます。
オクラ、納豆、山芋などです。

コンビニのお弁当で済ませずに、疲労回復に役立つ食事をしましょう。

お風呂


お風呂
お風呂は疲れを取るだけでなく、リラックス効果も期待できます。
熱いお湯につかると交感神経が刺激され、活発になってしまうので夜はぬるめのお湯につかりましょう。
20分~30分、じんわりと汗ばむくらい半身浴で疲れを取ります。

お気に入りの入浴剤があれば、香りによるリラックス効果もあるのでいいですね。
この半身浴をすると、心の疲れも取れ質の良い眠りへと繋がります。


ストレッチ


ストレッチ
ストレッチは体の筋や筋肉を伸ばして体をほぐす方法です。
難しく考えずに全身を伸ばし、筋肉のこりなどをほぐしてあげましょう。
筋肉がほぐれることで、血行が良くなり疲労回復へと繋がります。

人はどうしても猫背になりがちです。
両腕を後ろへゆっくりとそらすだけでも、背中や腕が伸びていると感じますよね。
疲労回復のためのストレッチは、簡単なものをゆっくりと行うだけでいいんです。
ストレッチをすることで、リラックス効果が期待できます。


疲労回復方法をご紹介しましたが、いかがでしたか。
何も特別なことをしなくても、毎日の生活の一部を少し気をつけてあげるだけで、翌朝の目覚めが違ってくるはずです。

疲れが溜まっている状態が続くのは、体にも心にも良くありません。
急場をしのいだら、その後はゆっくりと体と心を休ませてあげましょうね。
頑張った分だけ自分を甘やかせてあげましょう。

とは言っても、寝過ぎは逆に疲れが取れません。
だいたい7時間半くらいの睡眠が、体に良いとされていますので、それを目安にしましょうね。


2015年9月3日

written

by akinco01


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop