現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月3日更新

これは観ておくべき。戦争映画の名作まとめ

104 views

夏休みに戦争映画をたくさん鑑賞したいと思っています。おすすめのものはありますか?(大学3年生・女性)
戦争があったなんて信じられないくらい、日本は平和で豊かになりましたね。
戦争があったからこそ、平和への道をたどってきたのかもしれません。

終戦から70年が経ち、戦争の記憶が薄れていく今だからこそ、観ておきたい戦争映画の名作をご紹介します。
今回は、日本の戦争を描いた作品をご紹介します。

日本のいちばん長い日


日本のいちばん長い日画像出典:Amazon

日本が降伏を決断した8月14日正午から、玉音放送を行う8月15日正午までを描いた作品です。
1967年公開のモノクロのノンフィクション映画です。
日本がいかにして戦争を終えたのか、緊迫した1日にせまります。

硫黄島からの手紙


硫黄島からの手紙画像出典:Amazon

クリント・イーストウッドが監督をし、嵐の二宮和也さんがハリウッドデビューしたことでも有名な作品ですね。
硫黄島の地中から見つかった何百通の手紙、硫黄島で戦った兵士達が家族へと書き残した思いとは、彼らは家族へ宛てて何を託したのでしょう。
アメリカ人監督が描く、日本人の映画ということで多くの注目を集めた作品でもあります。

永遠の0


永遠の0画像出典:Amazon

仕事にも就かずただブラブラと生活していた健太郎は、ノンフィクションライターの姉の手伝いで本当の祖父のことを調べていきます。
実の祖父を知る人に会い話を聞いていくうちに、祖父が生きて帰ると公言し臆病者と呼ばれていたことを知ります。
零戦のパイロットだった祖父は本当に臆病者だったのか、生きて帰ると公言しながらもなぜ特攻を選び死んでしまったのか、実の祖父の壮絶な生き方が明らかになります。

父と暮らせば


父と暮らせば画像出典:Amazon

美津江は3年前広島に落とされた原爆で家族や友人を失い、自分だけが生き残っている事に罪悪感を感じながら暮らしています。
死者への罪悪感を胸に秘め、恋をすることさえもうしろめたく感じてしまいます。
そんな美津江の前に死んだはずの父が幻となって現れます。
美津江の幸せを案じ、踏み出せないでいる美津江の背中を押す為に、父と娘の対話が心にしみます。

私は貝になりたい


私は貝になりたい画像出典:Amazon

気が弱く優しい豊松のもとに赤紙が届き、本土防衛の為に従軍することになります。
ある日、アメリカ兵捕虜を銃剣で刺すように上官から命令されるも、気の弱さから腕にかすり傷をおわせることしかできませんでした。
終戦後、家族の元へ戻った豊松は幸せな日々が戻ると思った矢先に、戦犯として逮捕されてしまいます。
妻の署名運動もむなしく下された刑は死刑、戦争に翻弄された豊松の物語です。

男たちの大和


男たちの大和画像出典:Amazon

戦艦大和の乗組員として特攻に参加した男の元へ、かつての上官で恩人だった人の娘が訪ねてきます。
娘は戦艦大和が沈んだ場所へ連れて行ってほしいと頼みます。
男は今まで語ってこなかった、60年前の出来事を語り始めます。
水平や下士官の目線で戦争を描いています。
戦闘シーンは迫力があり、映画として観るとスゴイの一言ですが、実際に現実に起こったこととして考えた時、なんとも言えない感情が湧きおこります。


明日への遺言


明日への遺言画像出典:Amazon

撃墜されたB29の搭乗員を処刑した罪により、陸軍中将の岡田は戦犯として法廷で裁かれます。
捕虜処刑に加わった部下をかばい、自分1人が責任を負うとして裁判に臨みます
。岡田の人柄と態度は、やがてアメリカ軍の裁判長達の心を動かして行きます。
自分の信念と責任を貫く姿に心を打たれます。


観ておくべき戦争映画をご紹介しましたが、いかがでしたか。
戦争映画は苦手という人も多いかもしれませんが、戦争を知る為にもぜひ観てみて下さいね。

2015年9月3日

written

by akinco01


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop