現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月3日更新

暑い夏にホラーはいかが?ホラー映画名作BEST10

590 views

今度友達とホラー映画の鑑賞会をしようと思っています!今まであまりホラー映画を見た事ないのでめちゃくちゃ怖い映画とかあったら紹介してください! (大学2年製・男性)



「見たくない!」でも「見たい!!」



そんな真逆の感情を実現させてくれるのがホラー映画。


「ホラー映画と言ってもいろいろあるし、手っ取り早くいいもの紹介してくれない?」


そんなワガママなアナタに送る、良質なホラー映画を10作品をご紹介します。


部屋で1人ヘッドフォンで鑑賞するもよし、みんなで絶叫するもよし、気になるあの子に「キャー!」と抱き付かれ・・・・と妄想しながら見るもよし。








リング(1998年日本)



リング


(出典:Amazon


見ると死んでしまうという謎のビデオテープを巡って繰り広げられるホラー・サスペンス。


鈴木光司の人気ホラー小説を中田秀夫監督が映画化してジャパニーズ・ホラー。


テレビレポーターの浅川玲子は、見たら一週間後に死ぬというビデオテープの噂を耳にする。


にわかには信じられない玲子だったが、姪の死をきっかけにビデオについて調べ始め、やがて偶然手に入れた問題のビデオを確認のため見た玲子は、その内容に噂が本当であることを確信する。


しかし、それは7日後の自分の死を意味していた・・・








13日の金曜日(1980年アメリカ)



13日の金曜日
(出典:Amazon


クリスタル湖のキャンプ場を舞台に若者達が次々と惨殺されて行くホラー・シリーズの記念すべき第1作であり、ホラー映画の金字塔です。


話らしい話は無く、ひたすら人が殺されるだけの映画で伏線も何もありません。


殺人鬼の正体も不明で深く考えると「?」な作品ですが、トム・サヴィーニの血みどろ特殊メイクのインパクトは絶大です。








エクソシスト(1973年アメリカ)



エクソシスト


(出典:Amazon


12才の少女リーガンに取り付いた悪魔パズズと二人の神父の戦いを描いたウィリアム・ピーター・ブラッティの同名小説を映画化したセンセーショナルな恐怖大作であり、一大オカルト・ブームを巻き起こした作品。


テーマ曲も一度聞くと耳から離れません・・・







死霊館(2013年アメリカ)



死霊館
(出典:Amazon


「1971年アメリカ・ロードアイランド州。


両親と5人の娘たちが古びた一軒家に引っ越してくる。


しかし、毎朝母親の体にあざが出来たり、一定の時間に止まる時計など、不気味な怪現象が次々と発生し、娘たちに危害が及んだことから一家は心霊学者のウォーレン夫妻に解決してほしいと依頼する。


夫妻が現地を調査すると恐るべき歴史が明らかになり、夫妻は館に巣食う邪悪な存在に立ち向かうが・・・」


実話に材を得て、古典的ホラーに原点回帰した濃密な恐怖劇です。







シャイニング(1980年イギリス)



シャイニング
(出典:Amazon


この作品を忘れてはいけません。


モダン・ホラーの帝王、スティーヴン・キングの同名原作を離れ、キューブリックが独自に造り上げたホラー。


「冬の間閉鎖されるホテルに作家志望のジャック一家が管理人としてやってきた。


このホテルでは過去に管理人が家族を惨殺するという事件が起こっていた・・・」







オーメン(1976年アメリカ)



オーメン
(出典:Amazon


6月6日6時に産まれた悪魔の子ダミアンと彼の正体を探る父。


適度に配分された殺人シーンとアンチ・クライストのテーマによって「エクソシスト」に次ぐ大作ホラーとして大ヒット。


不気味なテーマ曲「アヴェ・サンターニ」など、J・ゴールドスミスの音楽はアカデミー賞に輝きました。







死霊のはらわた(1981年アメリカ)



死霊のはらわた
(出典:Amazon


「休暇を郊外で過ごそうと別荘を訪れた数人の男女が、そこで見つけた「死者の書」という奇妙な本とテープレコーダーに録音されていた呪文を紐解いたために邪悪な死霊が復活。


次々と若者たちを血祭に上げていく・・・」


体裁はアマチュア映画ですが、「これでもか!?」と言うまでの残酷描写とパワフルなショック演出、そしてとカメラワークによって世界中でたちまち話題となったB級ホラーの快作です。







チャイルド・プレイ(1988年アメリカ)



チャイルド・プレイ


(出典:Amazon


射殺された凶悪犯の魂が乗り移った人形を手にした少年アンディと母親の恐怖の体験。


内容自体はオカルト映画の範中に入る作品ですが、人形を完全にモンスターとして扱い、徹底的な怪物映画としている事が結果的にバイオレンス・アクションとなり、かなり娯楽性の高い快作となった作品。







パラノーマル・アクティビティ(2007年アメリカ)



パラノーマル・アクティビティ


(出典:Amazon


「幸せに暮らすひと組の若いカップル。


ある日、家の中の様子がどこかおかしいことに気付き、悪霊がいると感じた2人は家中の至るところにビデオカメラを設置する。


そして、2人が眠りに落ちた後に撮影された映像には、背筋も凍るようなものが映っており・・・」


約100万円あまりの低予算で製作されたにも関わらず、全米興行収入第1位を記録した話題の密室サスペンス・スリラーです。


ちなみに作品を観たスティーヴン・スピルバーグがリメイク権を獲得しようとしましたが、「原作を超えることは困難だ」と諦めたというその衝撃度に是非注目してください。








REC/レック(2007年スペイン)



REC


(出典:Amazon


封鎖されたアパートで起こった伝染病の惨劇を、テレビ番組クルーの手持ちカメラ視点で捉えたドキュメンタリー調の臨場感溢れるパニック・ホラーです。


「機械じかけの小児病棟」などで知られるスパニッシュ・ホラーの旗手、ジャウマ・バラゲロとパコ・プラサがメガホンを取り、スペインで大ヒットを記録。


ラストに映し出される衝撃映像に目がくぎ付けになりますよ。







いかがでしたか?


タイトルやパッケージを見ただけで、すでに背筋が凍ってきませんか?


でも、ホラー映画もれっきとしたエンターテイメントですから、是非ご覧になってください。

2015年10月3日

written

by tetsu595


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop