現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月3日更新

1日15分でこんなにうれしい効果が!現代人こそ取り入れるべき日光浴のメリット5選

60 views

皆さん、紫外線対策はしていますか?



シミやしわの原因となる紫外線を季節に関係なく予防することは今や常識ですよね。


ですが必要以上の紫外線予防は、逆に美肌や健康を脅かしてしまうということを知っていましたか?


この記事では適度な日光浴、紫外線を浴びることのメリットを紹介します。









1.アンチエイジング



程よく日光浴を行うことによって、現代人に不足しがちな栄養素ビタミンDが体内で生成されます。


私たちは普段食事からビタミンDを摂取していますが、必要量の半分しか摂取できていないのです。


そして残りの半分は日光浴など皮膚を通して生成されていて、丈夫な骨や歯を作るための大事な栄養素となります。


骨が弱くなると筋肉や肌もたるみやすくなってしまいます。


ハリのある若々しい肌を保つためには、ビタミンDは必要不可欠ですね!









2.病気のリスクが減る



この記事の1番に紹介したビタミンDは骨を強くする以外に、ウィルス感染や風邪予防にとって大事な免疫力をあげる効果もあるのです。


呼吸器感染症の予防、心不全や脳卒中などの心血管疾患のリスクが下がるということもわかっています。


また、特に女性に多い低体温症ですが、日光に当たることによって体温が上がるのも病気予防には大切な要素の一つですよ。









3.パニック障害やうつ病の治療・予防効果



近年ではパニック障害やうつ病、うつ症状は「心の病気」ではなく「脳内の神経伝達物質の誤作動」ということがわかってきました。


日光浴により分泌量が増える神経伝達物質のセロトニンは気持ちを穏やかにする効果があり、その結果パニック障害やうつ病の治療や予防につながることになるのです。









4.質の良いぐっすり睡眠



この記事の3番で紹介した神経伝達物質セロトニンですが、体内時計の調節役もつかさどっています。


体内時計が狂って夜更かしや朝寝坊が増えるということは、セロトニンの活動もくるってしまいます。


そうしてパニック障害やうつ病、うつ症状などの疾患に罹る可能性が上がるという悪循環に陥ってしまうのです。


毎日日光、特に朝日をしっかり浴びて体内時計を整え、夜はぐっすりと質の良い睡眠をとることによって人間は健康に生活できるということを忘れないでくださいね。










5.ダイエット効果



人の体内には脂肪を蓄える働きのあるたんぱく質「BMAL1」があります。


このBMAL1は日光を浴びることによって減少するのです。


女性にはとても魅了的なお話ですよね。


もちろん食事バランスや適度な運動も大切ですが、ダイエットのひとつとして日光浴を取り入れてみることをおすすめします。





いかがでしたでしょうか。



参考になりましたか?



今まで紫外線と言えば日焼けや皮膚がんリスクが上がるなどのデメリットばかりが取り上げられてきました。


ですが必要以上の紫外線対策は、健康を維持するためには逆効果になってしまうということがわかっていただけたと思います。


1日のうちのたった15分、日焼け止めを塗る前に少しだけ日差しを浴びてみてくださいね。

2015年10月3日

written

by marukko


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop