現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月2日更新

「コイツ、痛い…」と思われない!女子が自撮りをSNSにアップする時の注意点

2180 views

自撮りをSNSに挙げたいのですが、痛い子と思われないか心配です。SNSに挙げる際に気をつけなくてはならないことはなんですか。(大学2年生・女性)



自撮り



画像出典:写真AC





昨今では、SNSの普及により手軽に自身の写真をアップする人が増えてきました。



毎日のように更新する人もいれば、閲覧のみで全く更新をしない人もいます。


人それぞれの楽しみ方があるので、自由に楽しんでもらえばいいのですが…。


自撮りをアップすることによって「可愛い」「楽しそう」と言う良い意見もあれば、「ナルシスト」「自分大好きだな」と言う手厳しい意見もあります。


見る側に不快感を与えないように写真をアップするにはどうしたらいいのでしょうか。


今回はそんな悩みを解決したいと思います。







自撮り:風景=1:3


自分が可愛く盛れた写真は何枚も見てもらいたいと複数枚アップする人がいます。



しかし、それはあまり良くありません。


嫌味な自撮りに思われない割合は、自撮り:風景=1:3にすることです。


例えば、友達と食事をしたのであれば、自撮り1枚・食べ物3枚。


旅行に行ったのであれば、自撮りを2枚・風景を5,6枚。


この法則を使えば、自撮り以外のものがメインになるので、自己主張が少なく思えて好感度◎です。







アプリでの加工はほどほどに


今ではさまざまなアプリがあり、無料でも顔が劇的に変化を遂げる時代になってきています。



逆光だから明るくしよう、シンプルすぎるからスタンプを押そうといった加工は良いです。


しかし、顔が大きいからシャープな小顔にしよう、目が小さいからデカ目にしよう、毛穴が目立つから全部隠そうといった工程を全てアプリでしてしまうのは不自然極まりないです。


自分では良いと思っていても周りの人が見ると、「人が違うようだ」と思われます。


見る人の多くは友人・知人だと思いますので、あなたの顔を知っている人が見ても加工していると疑われないようにしましょう。







顔よりも全身を



全身


画像出典:写真AC





自身でスマホを持つのでどうしても顔がメインになってしまうと思いますが、全身の方が動きがあり、見る側にとっては好印象です。



最近では全身でも拡大をすれば顔が鮮明に写っています。


タイマー機能を使用して離れて撮ってみてはいかがですか。







たまにはあえて写りが悪いものをアップ

SNSに自撮りを載せる人の多くは自分に自信がある人です。


キメ顔が撮れるまで何度も繰り返し撮り直しているのではないでしょうか。


投稿される写真がいつもキメ顔だと見ている側は飽きます。


見たくなくなります。


たまには、友達がキメ顔で自分がぶれていたり、自分だけ無表情なもの等を載せてみましょう。


色々な表情がある方が可愛いですよ。







自分のみの自撮りは極力控える


髪を切った時などは自分のみでも良いかと思いますが、それ以外のときは自撮りは控えましょう。



自己満足な投稿があまりにも多いと嫌気が差します。








コメントにも気を配る


自撮りをアップする際に書くコメントにも注意を払いましょう。



「楽しかった」や「また遊ぼうね」などポジティブな感想は良いのですが、「皆は可愛いのに私だけ可愛くない」などネガティブな発言はやめましょう。


可愛いとコメントして欲しいのが伝わってきます。



いかがでしたでしょうか。


SNSは友人・知人の近況を知ることの出来る便利なツールです。


創意工夫をして楽しみましょう。

2015年10月2日

written

by pp_tw


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop