現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月2日更新

見逃すな!LINEで女性が見せる脈ありサイン8個

39614 views

LINEで好きな子にアタックしているのですが、脈があるのかイマイチわかりません。LINEの女性の脈ありサインを教えてください(大学2年生・男性)





女心はわからない・・俺のこと気になってくれてる?なんて思い悩んでいる男性諸君。



もしかしたら、「密かに好意はあるんだけど、気づいてくれるかな?」と


LINEのやりとりで脈ありサインを出しているかも。


そこで、男性が知りたい"女性が気になる異性に見せるサイン"をちょっとだけ紹介していきます。





1.ハートマーク



ハートマークといえば、愛の表現をする代表的なマークですが、このハートマークの使い方に注目してみましょう。


普段からハートマークを使わない女性が「ありがとう」や「うれしい」の言葉の語尾に


ハートマークを付けているなら、その女性が好意を表現している可能性あり。





2.ねえねえ



LINEの吹き出し部分に、「ねえねえ」と書かれていたら


「うん、どーした?」と返信しますよね?


そういう時は、女性はその優しい返しを待ってたりします。


気になる異性には「ねえねえ」でちょっと甘えてみていることがあるんです。





3.わたしが彼女だったら話



もしあなたが人付き合いでうまくいかなかったことをふと話した時、女性が


「わたしだったら、あなたにこうする」とあなたの言動を肯定してくれる場合、


その女性はあなたに好意を持っているでしょう。


これが元カノの話バージョンで、「わたしが彼女だったら・・」の文面なら


確実に女性はあなたに好意を寄せています。





4.既読スルーを真面目に謝る



大抵は既読になったら早めの返信を、と心掛けていてもそうできないこともあるはず。


なにしてるのかな?と返信を待っていたら


「ごめん。先輩に偶然会って話してたんだけど、なかなか解散できなかったの」なんて


事細かに事情を説明して謝ってくる女性。


気まぐれに返信を延ばしてたわけじゃない、というアピールなので


あなたに愛想つかされたくない気持ちが込められています。





5.うれしい



LINEのやりとりで、ほんの些細なことでもやたら「うれしい」を表現してくるのは


あなたに気にかけてもらえてうれしいと思っているから。


「こないだコンビニで流れてたアーティストのCD、今度貸してあげよっか?」


「ほんと?うれしい!楽しみだな!いつ貸してくれる?」


なんて返ってきたら、女性はあなたに好意があるでしょう。





6.疑問文



LINEをしてて会話の途切れない時、女性のほうから疑問系で言葉を投げかけてきていませんか?


ただあなたの質問に答えているだけじゃなく意識的に会話を盛り上げて


さらにあなたに質問してくる場合、あなたと共有する時間を終わらせたくない証拠。


「もうこんな時間だね」と言いつつ、「明日何時起き?」とか「もう照明消した?」と


なかなか寝かせてくれない女性・・脈ありですね。





7.LINEスタンプ



LINEスタンプとはいえ、いろんな種類がありますが、


物陰からじーっとこちらを見つめているスタンプってありますよね?


女性の心境はまさにそのスタンプと同じということがあります。


どういうことかというと、


「わたしとあなたは仲良い関係ではあるんだろうけど、わたしのことどう思ってるの?」


ということです。文章だと長ったらしいですし、なんか重たいですよね。


重たい文章で引かれるのは嫌だから、スタンプに思いを託しているのです。






8.お風呂入ってくる



なんのこっちゃわからん、と思うでしょうが、「お風呂」というワードに注目してください。


「お風呂」といわれて想像することといえば、しずかちゃんの入浴シーン・・。


そう、女性は、あなたに想像してほしいんです。


文章の中に他の話題も入っているとちょっと可能性低くなりますが


「お風呂入ってくる」や「お風呂入ってた」だけの文章で返事が来たら


そうなんだ・・と男性は想像するはず、と思っているんです。


違ってたらごめんなさい。。。


なんせ、あなたの気を引こうとしている行為なので、あなたに好意があるのは確実です。



いかがでしたか?あなたの気になる女性に当てはまる項目はありましたか?


女性だってアピールするときはアピールするものです。


それを気づいてあげられる男性は素敵ですよ。


ただし、1つしか当てはまらない場合は「友達として好意がある」ということもあるので


アプローチは慎重に進めると良いかもしれませんね。

2015年10月2日

written

by obaco-shiori


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop