現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月4日更新

【福岡】ラーメン、もつ鍋ときたら次はこれ!おすすめ水炊き店5選

668 views

夏休みに福岡へ行き、もつ鍋やラーメンを食べましたが、水炊きを食べ忘れていました。次に福岡へ行く時の参考に美味しいお店を教えてほしいです。(大学3年生・女性)

福岡といえば美味しいご当地グルメがたくさんある街です。



特にもつ鍋、とんこつラーメンとくれば次に欠かせないのは水炊きではないでしょうか?


鳥からとった出汁で鶏肉を煮込む。


これほどシンプルでありながら、存分に鳥を味わい尽くすことができる料理は他には中々見当たりません。


後から入れる野菜やシメの雑炊は旨みをこれでもかと吸って絶品の一言。


水炊きを食べたことがある人も、まだ出会ったことがないという人も是非、福岡を訪れたら味わってみてください。











橙


画像出典・食べログ


博多駅からも地下鉄でアクセスしやすい大濠公園駅近くにある水炊き屋さんです。


店内はシンプルなインテリアでカジュアルな雰囲気なので、初めての人も入りやすいでしょう。


水炊きはランチの時間帯でも頂くことができ、黄金色に光るスープは絶品です。


胸肉、もも肉、手羽先などのいろいろな部位につみれ、野菜がセットになっています。


シメは素麺とご飯から選べるのもうれしいところ。


お腹がいっぱいの時は軽く素麺、まだまだ余裕がある時は雑炊など、最後までスープを味わい尽くしましょう。


食べログ・


住所・福岡県福岡市中央区大手門1-8-14


アクセス・地下鉄一号線 大濠公園駅から徒歩3









博多水たき元祖水月



博多水たき元祖水月


画像出典・食べログ


明治38年創業、水たき発祥の老舗店です。


老舗とはいえ、店内の雰囲気は畳敷きに机が並べられ堅苦しさは感じられません。


掘りごたつ席もあるので正座が苦手な方はこちらがおすすめです。


澄んだ色のスープは上品で味わい深く、そのまま飲んでも美味しいくらい。


各テーブルで専任の店員さんが水炊きを仕上げてくれるので、初めての人でも美味しくいただくことができます。


ちょっとお値段は張るものの、福岡にお越しの際はぜひ水炊き発祥店の味を堪能してみてください。


食べログ・博多水たき元祖水月


住所・福岡県福岡市中央区平尾3-16-14


アクセス・西鉄大牟田線 平尾駅から徒歩10









水たき 長野



水炊き長野


画像出典・食べログ


こちらの水炊きの特徴は白く白濁したスープです。


味付けは薄めで鳥の出汁がしっかりと感じられ、旨みがたっぷりと詰まっています。


具材は定番の胸肉やもも肉の他にレバーやハツなどの内蔵部位も入っていること。


水炊き専門店でもあまり味わえないのでぜひ、お試し下さい。


シメは雑炊やちゃんぽん麺があるのでお腹の満足度と相談しながら頼みましょう。


食べログ・水たき 長野


住所・福岡県福岡市博多区対馬小路1-6


アクセス・地下鉄中洲川端駅の7番出口から徒歩10









濱田屋



濱田屋


画像出典・食べログ


こちらのスープは鶏がらを贅沢に使用し、あっさりしている中にもコクのある旨みの詰まった逸品です。


一人での利用に嬉しいカウンター席から友人との食事にぴったりのテーブル席、または大人数の宴会にぴったりの座敷席など色々な場面で利用できます。


つくねには軟骨が加えられ、コリコリとした食感がいいアクセントになっています。


一品料理には唐揚げやスモークチキンが用意されているので、水炊きと合わせてとことん鳥料理を追求してみてはいかがでしょうか?


食べログ・濱田屋


住所・福岡県福岡市博多区店屋町3-33


アクセス・地下鉄空港線 呉服町駅から徒歩4










博多華味鳥 博多駅前店



博多華味鳥 博多駅前店


画像出典・食べログ 


お昼でも水炊きのコースが頂けるお店です。


ツヤのある黒を基調とした店内は高級感がありながら、手軽でも本格的なコースでも水炊きが味わえます。


ランチでは水たきコースもありますが、もっと気軽に食べたい時は水たき御膳がオススメです。


小さめの鍋に盛られた水炊きといくつかの一品料理、ご飯などがセットになっているので初心者に方にぴったりかも。


ボリュームもたっぷりなので満足度はかなり高めの一品です。


食べログ・博多華味鳥 博多駅前店


住所・福岡県福岡市博多区博多駅前3-23-17 ONビル1F


アクセス・JR鹿児島本線博多駅の博多口から徒歩5





いかがでしたか?


福岡へ旅行の際はぜひ、水炊きを味わってみてください。


シンプルながら奥の深いその味わいにあなたも魅了されてしまうかもしれません。


2015年10月4日

written

by kamekame


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop