現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月30日更新

世界最大級のくらげが圧巻!山形のくらげ水族館の魅力

278 views

山形県にはクラゲばかりのユニークな水族館があると聞きましたが、一体どんなところなのでしょうか?(大学1年生・男性)

山形県にクラゲに力を入れている水族館があるのをご存知ですか?



鶴岡市立加茂水族館。


山形県で唯一の水族館です。


加茂港の近く、断崖絶壁に建つ曲線的な白い建物の水族館。


開館50周年を機に、世界で唯一の「クラゲに特化した水族館」として生まれ変わりました。


「クラゲドリーム館」としてリニューアルオープンし、さらにパワーアップしましたよ。







くらげ水族館とは?



1930年(昭和5年)に、地元の有志たちで作った山形県水族館が前身です。


加茂水族館として、1964年(昭和39年)にオープンしました。


加茂水族館が「クラゲの繁殖」にチャレンジしたのは、入館者の激減がきっかけでした。


たまたま水槽に紛れ込んでいたクラゲの赤ちゃん。


夢中で観ているお客さんの姿を見て、クラゲ展示に力を入れようと思ったそうです。


水槽のクラゲは平均3~4か月の命。


常に展示するには、飼育方法を突き止め、さらに繁殖成功しか道はありませんでした。


15年以上の試行錯誤の末、展示クラゲの種類(30種)が世界一とギネスに認定され、入館者も激増し、新水族館建設が実現しました。







クラゲ



画像出典:鶴岡市立加茂水族館


ゆらゆらと、はかなく美しく漂い、見る人を癒しの世界へと誘うクラゲ。


人類よりはるかに逞しい生命力を持ち、数億年前からほとんど変わらぬ姿で生き抜いてきました。


日本近海に約200種が生息しますが、体の95%が水分というクラゲの生態は未だ謎が多いです。







クラネタリウム(2F)



画像出典:鶴岡市立加茂水族館


薄暗い展示室では、50種類以上のクラゲの水槽を並べて、クラゲの魅力を伝えています。


バーカウンターに見立てた「クラゲバー」では、成長段階のクラゲを観察することができます。


またタッチパネルで解説やクイズを楽しむコーナーや、クラゲをバックに写真を撮れるコーナー、クラゲ栽培センターもあり、クラゲの給餌解説ショーも楽しめます。


画像出典:鶴岡市立加茂水族館


直径5mの巨大水槽「クラゲドリームシアター」では、約2000のミズクラゲが光に照らされながら浮遊しています。


階段状になっているので、近くから、遠くから、クラゲを眺めることができますよ。








庄内沖の淡水魚・海水魚(2F)



画像出典:鶴岡市立加茂水族館


庄内の川の上流から湧水地を経て、中流、下流、海へと続き、140種もの魚を展示してます。


良く知られているものから、気づきにくい種類まで、幅広く知ることができます。







ウミネコの餌やり(1F)



画像出典:鶴岡市立加茂水族館


他の水族館ではあまり見ることのないものとして、ウミネコの餌やりがあります。


庄内浜に暮らすウミネコが、飼育員が鳴らす鐘の音を合図に飛来して、投げる小魚をキャッチします。


ショーとしてやっているので、時間にあわせて見ることができます。







ショープール(1F中庭)



画像出典:鶴岡市立加茂水族館


とても広々とした空間で、アシカショーをやっています。


吹き抜けになっているので、屋上へ続くスロープやテラスからも見ることができます。







屋上



画像出典:鶴岡市立加茂水族館


ショープールを囲むように、芝生が植えられた屋上があります。


日本海を見渡せ、気持ちの良い空間です。







ショップ・カフェスペース(1F)



画像出典:鶴岡市立加茂水族館


クラゲのデザインのオリジナルグッズやお菓子などが豊富です。


アシカやアザラシのプールの前には軽食の販売ブースがあります。


カフェスペースでは泳いでいるアシカやアザラシを見ながら、ゆっくり休むことができます。








レストラン(2F)



画像出典:鶴岡市立加茂水族館


広がる日本海、窓から見下ろすアザラシ・アシカプールの風景を見ながら、旬の庄内の海の幸が食べられます。


エチゼンクラゲ定食やクラゲラーメン、クラゲアイスなど、ここだけのメニューが人気です。


参考サイト  ダイニング 沖海月


公式サイト  鶴岡市立加茂水族館







いかがでしたか?


海を見ながら、クラゲで癒されてみるのも良いですよね。


山形県で唯一の水族館、ぜひお出かけになってみてくださいね。

2015年10月30日

written

by yoochin


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop