現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月4日更新

昔からのおやつはいかが?大分の甘〜い郷土料理5選

809 views

大分へ旅行に行くのですが、郷土料理にとても興味があります。どんなものがありますか?(大学2年生・男性)



誰でも生まれ育った郷土の味は忘れられない物ですよね。



特に、子供の頃お母さんやおばあちゃんが手作りしてくれた「おやつ」は特別ですね。今回、大分県のおやつを調べてみました。








1.やせうま



大分県を代表するおやつと云えば「やせうま」があげられるのではないでしょうか。


さて「やせうま」の語源ですが、都から藤原鶴清麿という幼い貴族が豊後の国に下向し黒野に隠れ住んだといわれます。


鶴清麿の身の回りの世話をする女は京都の八瀬出身だったようで「八瀬(やせ)」と呼ばれていました。


八瀬は小麦粉をこね、長く伸ばして麺状にしてゆでこれにきな粉をまぶしたものを作り鶴清麿に食べさせたそうです。


鶴清麿はこの食べ物が欲しい時に「八瀬、うま」(「うま」は食べ物の幼児語。まんま。)といいこれが「やせうま」の語源となったそうです。








画像出典:やせうま本舗



レシピはこちらからどうぞ:やせうまのレシピ



実に素朴なおやつですね。








2.石垣もち



サツマイモを使ったシンプルな蒸菓子です。






画像出典:臼杵・石垣もち



レシピはこちらからどうぞ:石垣もちのレシピ










3.かんくろ餅



「かんくろ」とはサツマイモの粉の事で、「かんくろ粉」とも言い「かんくろ団子」とも呼ぶようです。





画像出典:楽天レシピ










4.ゆで餅



これも実にシンプルで、家庭の手作りの味ですね。

画像出典:クックパッド







5.じり焼き








画像出典:郷土料理ものがたり


巻き込む中身はシンプルに黒砂糖や、かぼちゃ等だそうです。







いかがでしたでしょうか。



今回、大分の郷土のおやつを調べるほど、独特の名前と、実にシンプルな材料と作り方に感嘆しました。



忙しい主婦が子供達の為に作る、早くてうまくて腹持ちのするおやつ。


それがシンプルに凝縮されていました。


懐かしい味を手作りしてみたい方はもちろんの事、大分には縁のない方も、一度試してみてはいかがでしょうか。

2015年10月4日

written

by ichaman


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop