現在17272個の困ったを解決できます!

2017月2月14日更新

”きっかけの恩返し”について想う4つのこと。

1620 views

みなさんこんばんは @hiyokoluv です。




本日よりCampusのライターとして活動させていただきたいとおもいますので、どうぞよろしくお願いいたします。






さて、第一弾はなにをしようか。そう考えた時にふと思いついたテーマがきっかけでした。だれもが一度は想い入れのある「きっかけ」という言葉。何かしたい。今の現状を変えてみたい。そんな風に願い、変わってきた学生も数多くいるでしょう。今回はそんな"一歩踏み出した"方々へとむけて、「きっかけ」というテーマで書かせていただきたいと思います。どうぞみなさまよろしくお願いいたします。







①  憧れの人達が"身近"になったこの時代



廊下を歩く大学生達







© paylessimages - Fotolia.com









「なんか、今の自分、かっこ良くないな。」そんな平凡な僕らの日常を、ソーシャルメディアはあっという間に変えてゆきました。大学生で復興支援。大学生でインターン。一昔前の大学生活では全く想像もつかなかった人達の姿は、彼らのもつソーシャルメディアの発信力とともに、あっというまに広がりました。








同じ大学生とは思えない。
あんな風にきらきら毎日を充実させてみたい。








そんな風に多くの大学生が憧れ、そして、変わろうと決意しました。以前は知ることすらなかった"世界の外側にいる人達"
そんな彼らの姿は現状に違和感をもつ僕らにとって、まさに憧れてやまないものでした。










② 変わりたいけど変われないもやもや感





部屋で考え事をしている女性© taka - Fotolia.com








しかしながらこのような想いをいくら持っていたとしても、実際に自信をもって踏み出せるのはほんの一握りです。Twitterの中でみる憧れの人達。現実世界では踏み出せない僕ら。そんな風に憧れの人達と、何も出来ない自分とを比較して、違和感をもってしまう経験をみなさまも一度はしたことがあるのではないでしょうか。









一方で世の中には多くのこんな言葉が落ちています。「きっかけなんてそこら辺に落ちてるじゃん。」「きっかけは自分でつかむもの。」「自分に言い訳してやらないだけじゃん。」「悩まずにすすめばいいんだよ。」 この言葉はどれも一つの真実ではあるでしょう。でも、それってとっても独りよがりな話しだと思うのです。




③ だれも一人では変われない



ボランティア© NOBU - Fotolia.com








一人で実際に変わった人なんて、一体どれほどこの世界にいるのでしょうか。








僕らは常にきっかけをもらいながら生きています。たとえば「ある国際協力にいったイベントがキッカケ」という人ですら、そのきっかけの多くは友達に誘われていったものであるし、活動している友達にもらったアドバイスであるかもしれないです。



「おれは自分で調べて自分一人で行った」そう主張する人ですら、所詮だれかのはったポスターや誰かの作ったHPから情報(きっかけ)をもらったにすぎません







僕らは知らず知らずにだれかからきっかけをもらって生きているのです。











④ 願わくばきっかけの恩返しを



二人の握手© beeboys - Fotolia.com








僕はまぎれもなく「きっかけ」をもらった側です。今いる自分を作ってくれたのはまぎれなく周りのすべての人のおかげであるし、そこに一部の疑いも抱いていません。では、どうやって恩返しするのか。僕は「きっかけ」を提供することを選びました。








かの有名な野球選手イチローはいいました。「努力できることもまた才能である」と。しかしかの有名な政治哲学者ロールズはこう述べています。「努力できることもまた環境のたまものである」と。









今いる自分は誰かのおかげなのです。









もしこの文章を読んでいる方が少しでも「変わってよかった」と思うならば、ぜひ身近の「変わりたいけど変われない」学生達の悩みを聞いてみてはいただけないでしょうか。おそらくその小さな行為が誰かの「かわるきっかけ」となるのです。きっかけをもらった人が別の人にきっかけを提供する。全ての変わりたい学生に「きっかけ」が届く世界を。








ただの平凡な大学三年生の文章ですが、こんな文章でもだれかのきかっけになれば…そんな想いから今回は書かせていただきました。









それでは今回はこのへんで。








@hiyokoluv のフォローはこちらから↓



2017年2月14日

written

by yuki-hirose


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop